憧れのシックスパックを手に入れるには!?腹筋ローラーが一番!







憧れのシックスパックを作りたい。

でも何をすればいいのかわからない・・・
家だけでしっかり鍛えたい・・・

という人の為に、今回はお手軽に買え、なおかつ腹筋にしっかり効かせられる道具、腹筋ローラーについてご紹介します。

 

この記事を読んで、腹筋ローラーを使ってかっこいいシックスパックを手に入れましょう!

 

腹筋ローラーの魅力

腹筋ローラーの魅力は何と言っても、お手頃な価格で手に入るというところです。

お店やネットで腹筋ローラーの価格を見てみると、おおよそ千円ほどだと思います。

筋トレで使う道具を揃えようと思ったらかなりの値段がするものですが、腹筋ローラーはとてもお手軽なのです。

 

また、腹筋にしっかりと効かせることができるというところも当然ですが魅力の一つです。

簡単な動きで行うことができる上、フォームを変えることで初心者から上級者の方まで満足して使うことができます。

 

さらに言うとトレーニングを通して腹筋以外の部位にも効かせられることができます。

このように費用対効果が非常に高い道具なのです。

 

特に腹筋に対しての効果はピカイチなので腹筋を割りたい人は今すぐにでも買いに行く事をおすすめします!

 

腹筋ローラーの使い方

 

腹筋ローラーにはおおまかに二つのフォームがあり、初心者の方は膝コロ、上級者になると立ちコロというやり方を行います。

初心者の方向けと言っても、膝コロでもなかなかの負荷をかけることができます。

 

~膝コロの方法~

1.まず、膝をついて四つん這いのような体勢になり腹筋ローラーのグリップを握ります。

足は肩幅くらいに開いてください。

2.膝は固定したままで、前に腹筋ローラーを押して行きます。このとき自分の限界のところまで押してください。

3.限界のところまで押したらゆっくり戻ります。

 

~立ちコロの方法~

1.まず、前屈の体勢になり腹筋ローラーのグリップを握ります。

2.ゆっくり前に押していきます。このとき、限界のところまで押してください。

3.限界のところまで押したらゆっくり戻します。

 

※注意点※

  • 初めて間もない方は限界部分が壁で止まるようにする。
  • 膝を痛めないようにタオル等を敷く。
  • 腹筋が収縮するのをしっかりと意識しながらトレーニングを行う。
  • 怪我の原因になるので腰を丸めてしまったり反ったりせずに正しいフォームで行う。
  • 無理をしない。

 

立ちコロは相当な負荷がかかります。

並大抵の腹筋でトレーニングを行うと腰に負荷がかかって痛めてしまったり、顎などを強打してしまったりなど怪我のリスクが非常に高くなるので、ある程度のレベルまでは膝コロで鍛えてください。

セット数は10回~15回を3セット行ってください。

セットの間は1分ほどのインターバルを入れてください。

また、毎日行う必要はありません。

体調や筋肉痛の程度に合わせて1~3日の休みを入れてください。

 

腹筋ローラーの種類

現在腹筋ローラーにはいろいろな種類のものがあります。

値段や素材、静音性や強度、専用マットが付いているかなど様々なことを考慮して自分に合ったものを探してみてください。

 

1.グリップ部分に車輪が付いている基本的なタイプ

腹筋ローラーと言われて思いつくのがこのタイプだと思います。特にこだわりがなければこのタイプのものを買うとよいでしょう。

 

2.車輪にばねが付いているタイプ

車輪にばねが付いているタイプです。

押したら手前方向に戻ってくる力が働きます。

押す時と戻るときにこの力に抵抗することで、高い効果が見込めます。

私は昔父親が使っていたこのタイプのものを使っています。

効果UPにもなりますし、戻ってくるときの補助としても活用できるので自分のレベルに合わせて使用できます。

 

3.左右で分かれているタイプ

左右2つに分かれていて、普通の腹筋ローラーよりも多彩なバリエーションでのトレーニングができます。

腹筋だけではなく、大胸筋なども鍛えることができるので様々な部位を鍛えたい人にお勧めです。

 

4.車輪が3つ付いているタイプ

車輪が3つついていて、安定感が抜群です。安全性も高まります。

 

筋肉痛について

 

初めて行うという人に注意しておきたいことがあります。

それは、トレーニング後の筋肉痛です。

 

はりきってトレーニングで追い込んだ結果、ひどい筋肉痛で学校や仕事に支障が出たというのを聞いたことがあります。

追い込まないのは良いことではありませんが、状況に合わせて無理のないトレーニングを行ってみることをお勧めします。

また、もし筋肉痛が出た場合は栄養のある食事をしっかり食べ、十分な睡眠をとってください。

 

最後に

 

今回は腹筋ローラーについて簡単に説明をしました。

ここまでお手頃で、それでも効果を十分に期待できるという道具は少ないと思います。

これからトレーニングを続けていけば、来年の夏までにはバキバキの腹筋をきっと手に入れられるでしょう。

憧れのシックスパックを手に入れるために怪我に十分に気をつけてトレーニングを続けてみてください。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です