転職エージェントを活用するメリット、デメリットとは







転職エージェントは特別な技術を持っている人や高学歴の人しか利用できないと思っていませんか?

確かに特別な技術を持っている人は転職活動において有利といえます。

 

しかし特別な資格を持っていなくても、転職エージェントを利用することは可能なのです。

さらに転職エージェントを利用することで、これまでうまくいかなかった転職活動を円滑に進めることが出来るようになります。

それでは今回は転職エージェントを活用するメリット、デメリットについてご紹介していきます。

 

転職エージェントのメリット1:未公開求人を紹介してもらえる

 

転職エージェントを活用することで、非公開求人を紹介してもらうことができます。

非公開求人とは、転職サイトや一般の求人媒体に掲載されていない、転職エージェントが独自で抱えている求人案件のことです。

 

多くの人が目にする転職サイトや求人媒体とは違い、特定の人間にしか紹介されない案件のため、内定を争うライバルが少ないことも特徴です。

また転職エージェントによる手厚いフォローも受けられるため、内定までの通過率は一般的な転職サイトや転職媒体と比較しても高いといえます。

 

例えば転職サイトなどでは1つの求人に対して100人、多ければ1,000人を超える応募者が集まることも想定されます。

しかし非公開求人ではそこまでの応募者が集まる事はなく、転職エージェントが推薦した人間しか応募書類を送ることができません。

そのため、非公開求人はライバルの少ない市場で戦うことが出来るのです。

 

転職エージェントのメリット2:応募から内定まで手厚いフォローを受けられる

 

転職エージェントを活用するメリットは、なんといっても手厚いフォロー体制が整っている事が挙げられます。

応募書類の添削をはじめ、企業への応募から内定までの全ての工程をフォローしてくれます。

そのため、自分自身で企業に対して応募書類を送る事はありません。

 

例えば、ハローワークや転職サイトを利用して応募書類を送付する場合には、自身で履歴書と職務経歴書を作成し、自ら郵便局で応募書類の発送を行わなければいけません。

しかし転職エージェントでは履歴書、職務経歴書の作成から書類の送付まで全て一任してもらえます。

 

また、一度応募書類を作成してもらえば、他の企業へ応募する際にも何度でも使用することが出来るため、書類作成の工作成に時間を取られないこともメリットといえます。

 

書類選考や面接などの通過連絡も、全て転職エージェントが仲介してくれるため、あなた自身に企業から直接連絡が入る事はありません。

在職中の転職活動であれば、応募先企業からの着信を常に気にしてしまい、仕事が手につかなくなる場面も多いかと思います。

しかし、転職エージェントを利用することで応募の進捗状況は全て転職エージェント経由であなたに連絡が入るため、常に携帯の着信を気にする必要は無くなります。

 

また、転職エージェントでは、進捗状況に関して電話連絡でなくメールでの連絡にしてもらうことも可能なので、仕事に支障をきたす心配がありません。

転職エージェントのメリット3:転職による年収アップが見込める

 

転職エージェントを利用することで転職による年収アップを見込むことができます。

一般的な求人媒体では給料や福利厚生などが整っていない求人を見かけることがありますが、転職エージェントから紹介される非公開求人は、一般的な求人よりも福利厚生が整っており、また年収額も高い傾向にあります。

 

特にプログラミングの技術やその他専門職の資格を所持している場合には、転職エージェントを活用することで更なる年収アップを見込むことができるでしょう。

 

転職エージェントのデメリット1:希望しない案件を紹介されることもある

 

転職エージェントでは数多くの求人を取り扱っていますが、その案件を全てに応募できるわけではありません。

そのため、自身が希望していない案件も多々紹介されることがあります。

 

例えば、就業場所は東京都、職種は営業職、年収は400万円と希望していたと仮定します。

その場合、あなたのスキルや経験年数等によって希望に沿った求人案件がない可能性もあります。

 

このような時には、隣接する他県やあなたの自宅から1時間前後で通勤可能な範囲の求人を紹介されることがあります。

しかし、転職エージェントに予めあなたの希望を伝えておけば、その時に希望に沿う求人がなくとも新しい求人が入った際に連絡をもらうことが可能です。

 

転職エージェントのデメリット2:最低就業年月が定められている企業もある

 

これは転職サイトなど一般的な求人媒体では見かけることのない条件ですが、転職エージェント経由で内定が決まった場合、就業先の企業を「1年未満は退職できない」といった規約が設けられていることが多いです。

それは企業側が転職エージェントに対して、あなたの紹介料を払っているからです。

 

もちろんすべての企業がこういった規定を設けているわけではありませんが、

もし就業後にあなた自身の個人的理由で会社を辞めたいと思っても辞められないといったデメリットも持ち合わせています。

 

まとめ

 

転職エージェントを活用することで一般的には公開されていない非公開求人を紹介してもらうことが出来ます。

企業への応募から内定まで手厚いフォローを受けられるため、応募書類や面接などに自信がない人は転職エージェントを活用するのがベストだと言えます。

 

また、転職エージェントが抱えている求人は福利厚生などが充実している企業が多く、転職による年収アップを見込むことも出来ます。

専門的な資格や実務経験がある場合には、更に高待遇の企業へ応募することが可能となるため、転職活動において転職エージェントへの登録は必須と言えるでしょう。

 

転職エージェントへの登録は基本的に無料です。

大手転職サイトにレジュメを登録している場合には、転職エージェントからスカウトメールが届くこともある為、スカウトメールが届いた際には、一度あなたの希望条件だけでも伝えておくと良いでしょう。

 

しかし転職エージェントではあなたが希望していない案件を紹介されることが多々あります。

また内定後にも「1年未満は退職してはいけない」といった就業規約が設けられていることがあるので、応募の際には必ず、応募先企業の就業規約を必ず確認するようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いについて

転職サイトと転職エージェントの違いについて解説

2017.08.30











<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です