アルケミアストーリーのバトルシステムは?MMO初心者でも簡単操作!







今回は、アルケミアストーリーのMMO初心者でも簡単に操作できるバトルシステムについて、紹介していきます。

今までのアソビモゲームとはまた違ったバトルシステムなので、どんなシステムなのか気になる方はぜひ参考にしてください。

アルケミアストーリーのバトルシステムの概要

まずはアルケミアストーリーのバトルシステムについてざっくりと紹介していきたいと思います。

アルストではフィールドで直接敵と戦うのではなく、敵にぶつかってバトルフィールドに移ってから倒すエンカウント式コマンドバトルを採用しています。

フィールドを歩く敵モンスターにぶつからなければ無理に戦う必要がありません。

 

バトルにはいると画面左に表示される3種類のスキルとYOMEとの協力技を使って戦います。

スキルは自分がデッキセットしたスキルの中からランダムに選ばれるので、好きなスキルを好きに使うことができません。

1つ使えばそこに新しいスキルをランダムにリロードするので、わざと使ってスキルを切り替えるということもできます。

 

敵を全て倒すと経験値やお金。ドロップアイテムがもらえます。

ちなみにドロップアイテムはバトル終了後、通常フィールドに戻った時に宝箱が出てくるので、宝箱の有無でドロップしたかどうかがわかります。

 

スキルのリロードと使用時の注意点

 

スキルはSPやMPを消費することなく使えます。

まずそういった魔力的なシステムがアルストにはありません。

 

その代わり、レディタイム、キャストタイム、クールタイムの3種類の時間があります。

基本はキャストタイムとクールタイムなのですが、キャストタイムはそのスキルを選択してから実行されるまでの時間、クールタイムはスキル使用後からスキルが再使用可能になるまでの時間です。

クールタイムまで終えると新しいスキルがリロードされます。クールタイムに入ると違うスキルを使うことが可能です。

 

レディタイムはバトルが始まってから、そのスキルが使用可能になるまでの時間です。

レディタイムについてはないスキルが多いのですが、主にエールなどの補助系スキルについています。

レディタイムがあるスキルを使うとそのレディタイムが終わるまで再び使うことはできないので。

レディタイム持ちスキルを使う際は注意してください。

 

一応スキルを使うとHPが消費される仕様のはずなのですが、HPが減った感じが今のところありません。

攻撃されているからわかりにくいということもあると思います。

後々HP消費が明記されたスキルが出るとも考えられます。

 

YOMEと技を組み合わせることもできる!

 

チュートリアルでも一度使えるのですが、ある特定のスキルをYOMEと組み合わせることで協力技を発動できます。

初期から使えるのは、「ヴァーティカルエッジ」「ライトニング」を組み合わせた「ブリッシュペーア」です。

どちらかがライトニングを使った直後にヴァーティカルエッジを使うことでヴァーティカルエッジがブリッシュペーアに変化します。

 

協力技は決まったスキルの組み合わせでしか発動できません。

スキルデッキを編集する際は、使いたい協力技に必要なスキルは最低限入れておきましょう。

 

チェインについて

バトル中攻撃したりすると画面左にチェインが表示されます。

チェインは職業ごとに内容が変わり、それぞれの条件を満たすと発動します。

冒険者の場合は、チェイン×3%で防御力が増えます。

 

チェインはターゲットを切り替えると効果が切れてしまうので、1体ずつチェインの効果を発動しながら倒していきましょう。

 

戦う前に敵の強さを確認しよう

YOMEがいるからこそといえる機能なのですが、戦う前に戦おうとしている敵の強さを確認することが可能です。

確認の方法は簡単なのですが、敵にぶつからないように注意しましょう。

 

戦う予定の敵に近づいて左画面に敵の名前が表示されたらそれをタップします。

するとYOMEがその敵の強さなどを言ってくれるので、それを見て戦うか戦わないかを選びます。

マップの雪山と草原や広がる平野の敵は弱いので、一度そこにいる敵で試してみるのもおすすめです。

 

誰かのバトルに乱入する・誰かに乱入されることも

アルストではフィールドにいるモンスターに接触(ぶつかる)ことでバトルになります。

例えば他のプレイヤーがバトルしているモンスターがいると、そのモンスターの周りに赤いバトル中の表示がされます。

そのモンスターにぶつかるとそのバトルに乱入できるという仕組みです。

逆に自分が入っているバトルに他プレイヤーが乱入することもあります。

 

乱入した際に敵を倒した瞬間に乱入したということもあると思います。

その場合敵にダメージを与えていないため、自分への報酬は全くの0となるので注意してください。

特に敵が弱いフィールドでは乱入しても、倒せないことが多いです。

 

乱入するのもされるのも嫌という方は、メニューのモード切替でソロモードにするのもおすすめです。

ソロモードはプレイヤーが自分だけになるので、狩りを一人でできます。

マルチモードが重いという方にもおすすめです。

他にも右上のチャンネルを押して自分だけのチャンネルを作るという方法もあります。

 

ボス戦は酒場に救援を出すことも可能!逆に参加もできる!

 

序盤のフィールドにいる敵はさほど強くないのですが、物語を進める中で出てくるボスは、1人で倒せないこともあります。

ボス戦は通常の敵とは違い専用のフィールドに一度移るため、その際に他プレイヤー(最大7人)とマッチング出来ます。

ただ、その時同じ状態の他プレイヤーがいる必要があるのですが、必ず他プレイヤーがいるとは限りません。

 

他プレイヤーが見当たらず自分一人では心細いという時は、ボス戦へ移動・マッチングするときに酒場に救援を出すか聞かれるので、そこで「はい」を選びましょう。

すると酒場にいる他プレイヤーが駆けつけてくれます。

あとはボスを倒すだけです。

 

逆に酒場に自分がいればカウンターの正面にいるNPCから救援に参加することもできるので、機会があればやってみて下さい。

 

1日3回まで無料復活可能!バトルが終わるとHPは全快?

バトルで負けてしまった時に最大1日3回まで無料で復活できるようになっています。

無課金の方にもこれは適用されているので、3回までは安心して戦えます。

4回目からは無料で復活はできないので注意してください。

序盤は敵も弱いので、何度も倒れてしまうようなことはないと思いますが、知っておくとちょっとお得なので覚えておきましょう。

 

後は余談なのですが、バトル中敵からダメージを受けてもバトルが終わるとHPが全快します。

公式ヘルプにもこれは書かれていないのですが、ダメージを受けたから街に帰る、安全なところで休むという必要は今のところありません。

 

まとめ

 

今回はアルケミアストーリーのバトルシステムについてまとめてみました。

アルストのバトルシステムは少々MMORPGらしからぬところもありますが、操作がしやすくできています。

残る問題といえばYOMEの攻撃ですが、こればかりはどうしようもありません。

 

プレイヤーが攻撃すれば続いて攻撃してくれるので、なるようにはなると思います。

アルストのバトルシステムが気になった方はぜひ参考にしてください。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です