坂本龍一のアルバム「async」が発するどうしようもない現代性







教授こと坂本龍一のアルバム「async」(2017年)は英語のasynchronization、つまり、非同期の略をアルバム・タイトルに冠した作品です。

しかし、この「async」が発するどうしようもない現代性は隠しようもなく、いや、むしろ坂本龍一は時代が醸し出すものとは同期することを敢えて断念し、ひたすら、己自身との対話を重ねながら、坂本龍一自身現代に生きていることに対するその答えのようなものを見出す実験をこの「async」で試みているようです。

非同期とありながら、聴くものはこれまたどうしようもなく坂本龍一が生み出す音楽というよりもノイジーな音空間に同期してしまう己に出会ってしまい、この「async」を聴くと内省的にならざるを得ないのです。

 

坂本龍一の略歴

 

1952年1月17日生まれの66歳。

出身は東京都中野区です。

幼い頃より作曲を学び、東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を始め、フォーク・ミュージックの友部正人のアルバムに参加するなど、当時から異彩を放っていました。

 

細野晴臣、高橋幸宏とともにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成、その人気は日本に留まらず世界でも絶大な人気を誇り、今に続くエレクトロニクス音楽の先駆者としてテクノ・ミュージックの一大ブームを巻き起こしました。

その後のソロ活動では、テクノはもちろんのこと、世界中の民族音楽やブラックミュージックなど様々なジャンルの音楽の融合を試み、それに成功したと言えます。

 

また、大島渚監督作品の映画「戦場のメリークリスマス」(1983年)では俳優と音楽を担当し、そのテーマ音楽は今も多くの人の心を捉えて放しません。

1987年には映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー作曲賞を受賞するなど、数々の賞を受賞し、世界的な音楽家として名を馳せることになります。

近年、がんを患い活動を休止していましたが、幸いなことに活動を再開し、現在に至っています。

 

アルバム「async」の先駆性

 

約8年ぶりの作品となったアルバム「async」には、アンビエント・ミュージック(環境音楽)の先駆者の一人、ブライアン・イーノを彷彿とさせる楽曲など、近年、坂本龍一が取り組んでいるアンビエント・ミュージックやエレクトロニカをさらに推し進めた実験的な楽曲が収められています。

 

「async」が先駆的だからこそ、そこには坂本龍一という人間を通した「現代」が色濃く表われていて、とても美しい楽曲から、石のみを打ち付ける石工を思わせるシンプルなリズムに複雑な音律が被さる楽曲や、琵琶の音色がとても印象深い楽曲など、坂本龍一はこのアルバムで様々な実験を試みています。

 

アルバム「async」は坂本龍一のこれまでの集大成作品

 

実験を試みるには、まず、その原料となるものが必要です。

坂本龍一はスタジオ・ミュージシャンから始まり、YMOを経て、ソロ活動での様々な試み、そして、映画音楽の大家としての顔を持つこれまでの活動で培ったもの全てをこの「async」に注ぎ込んでいます。

 

最初の曲「andata」は美しい旋律のピアノ演奏で始まるのですが、途中でノイズが現われたかと思うとパイプオルガンの響き、ノイズが響き渡る中、ピアノ演奏を引き継ぐ形で美しい旋律を弾いてゆくのです。

この「andata」一つ取ってもとっても「現代的」なのです。

坂本龍一が書く旋律の美しさは「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲を引き合いに出すまでもなく、この上なく美しいのは言うまでもありません。

なぜ坂本龍一はここで立ち止まって、この上ない美しい旋律にノイズを被せてきたのでしょうか。

 

それは坂本龍一本人が言うには、「ノイズも音楽」と言うことに尽きると思います。

坂本龍一の中では美しい旋律とノイズが同等の重さを持っていて、坂本龍一は「andata」で音楽が成立する極限のところで自身が書いた美しい旋律が堪えうるのかを実験したのだと思います。

 

「andata」は聴く人によれば「これは音楽ではなくノイズでしかない」と思う人も多くいると思いますが、坂本龍一は非同期といっているように、そんなことにはお構いなしに、アルバム「async」では徹底して自分が求める「音」、それを坂本龍一は「音響彫刻」と表現していますが、その「音」を実直なまでに追求しているのです。

 

 

「andata」はその一例でしかありませんが、坂本龍一はアルバム「async」で手を変え品を変えては実験を繰り返しています。

つまり、「async」で坂本龍一はこれまでの集大成を試みているように思われるのです。

 

この「async」を前衛的と表現する人もいますが、それは間違っていて、坂本龍一という人が作る音楽はこの「async」に収められているノイジーな「音響彫刻」がその持てる全てであって、坂本龍一にしてみれば、「async」に収められている楽曲は実験はしていますが、何も目新しいことはなく、現代社会で生きる坂本龍一が音楽と思える形がこの「async」なのです。

そのために、この「async」は坂本龍一の集大成作品と言えるのです。

 

まとめ

 

坂本龍一が2017年に発表したアルバム「async」は、坂本龍一が到達した一つの境地を示す記念碑的な作品と言えます。

坂本龍一は「音」ならば全て「音楽」であることを証明したくてこの「async」を制作したのかも知れません。

 

インタビューで坂本龍一はこの「async」が車の中でどう聞こえるのか実際、ニューヨークの街中を自動車を走らせて試したと語っています。

足音であったり、人の会話であったり、はたまた、とても美しい旋律であったり、坂本龍一にとっては全てが音楽で、その証明を「async」で行って、それは成功したと思います。

 

また、このノイジーな「音響彫刻」は、聴くものを思索に誘う契機として十分な深みを持っていて、「async」は非同期といいながらも聴くものは気が付くと「async」にのめり込み、同期している自分を発見しては、さらに深くものを考え、また、自己との対話を繰り広げることになるのです。

それだけに「async」はとても聴き応えがある作品と言えます。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です