au版のiPad Airをmineoの格安SIMで運用してみた!使用感をレビュー!




先月2013年に発売されたiPad Airのセルラー版(au版)を購入しました。

今更2013年のiPad Air??

と感じる人も多いでしょうが、使用目的が電子書籍の閲覧と動画の視聴が主だったこと、また子どもに使わせる予定もあったのでもしも傷などが入っても惜しくないものを探していたところ目についたのがiPad Airだったのです。

 

iPad Airは古いタブレットではありますが、筆者はiPhone5sを使っていたので動作に問題ないことは確認済みでしたし(iPad AirとiPhone5sは同性能)、価格が非常に安かったので購入を決めました。

本記事では、届いたiPad Airの状態やmineoの格安SIMを利用して感じた使用感などをレビューします。

中古のiPadの購入を考えている人やmineoの格安SIMの利用を考えている人の参考になれば幸いです。

 

iPad Airの価格や状態は?

筆者が購入したのはiPad Air(au版/16GBモデル)であり、6月の下旬にインターネット通販を利用して購入しました。

価格は税込み・送料無料で19,800円という低価格でWi-Fiモデルよりもau版のWi-Fi+セルラーモデルの方がやすかったのでこちらのモデルを選択しました。

本体の状態は「非常に良い」と記載されており、本体の他に充電ケーブルが付帯しているとの記載でした。

 

ipad Airの中古はこちらで購入できます。
【中古】iPad買うなら/ムスビー

注文から2日程度で自宅に届き早速状態を確認したのですが、本体の前面やディスプレイなどは無傷背面に僅かな凹みがありました。

ホームボタンの状態は問題なくバッテリーの劣化具合については、バッテリー診断アプリで確認したところバッテリーの劣化は見られず良好な状態でした。

「非常に良い」との記載に偽りはないと感じましたし、現在も動作などに問題なく使えています。

 

なお付属の充電ケーブルについては正規品ではなく100円均一で販売されているものの新品が同梱されていました。

こちらはおまけと捉えましたし、使いにくいので使っていません。

充電などはもともと保有していたiPhone5sのものを併用しています。

 

なぜmineoを選択したのか?

iPad Airを購入した後はせっかくセルラーモデルを購入したのだから格安SIMで運用したいという思いが強くなり、どのMVNOが良いか比較検討をはじめました。

 

auモデルのiPad Airだからau系の格安SIMならどこでも利用できると思い、auプランの格安SIMを取り扱っているイオンモバイルIIJmiomineoUQmobileなどのMVNOの比較を初めたのですが、各MVNOの「動作確認済端末」を確認して驚きました。

各社のauプランではSIMフリーモデルのiPad Airは動作確認済端末として紹介しているもののauモデルのiPad Airは動作確認済端末として記載されていないのです!

 

もしやauモデルのiPad Airは格安SIMで運用ができないのでは…と不安が頭をよぎったのですが、mineoのページを確認してみると動作確認済端末としてauのiPad Airが紹介されていました!

 

mineoのauプランであれば確実にauモデルのiPad Airが利用できることが確認できたのが同社を選ぶ決め手となりました。

なお選んだプランはauプランのシングルタイプ(データ通信のみ)の500MBコースとなります。

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

 

初期セットアップはどうだった?

 

格安SIMを使いたいと思いつつも利用を躊躇ってしまう大きな要因の一つが自分で初期セットアップをしなければならないことではないでしょうか。

一見すると、格安SIMを使い始める際のスマートフォンやタブレットの初期セットアップが難しいように感じられますが、筆者が実際に設定をしたところ驚くほど簡単でわずか数分で作業は済みました。

 

ここからは具体的な初期セットアップの手順を紹介していきたいと思います。

  1. まずiPad Airの電源を切り、SIMカードを入れます。
  2. iPad Airの場合は本体右下にSIMカードを入れるスロットがあるので、クリップを穴に入れて押し込んでスロットを開きSIMカードを入れてカバーをもとに戻します。
  3. その後は本体の電源を入れてカメラアプリを起動します。
  4. SIMカードと一緒に送られてきた「mineoご利用ガイド」にiOS用の構成プロファイルがダウンロードできるQRコードが記載されているのでこれを読み取り、構成プロファイルをダウンロード・インストールします。

 

以上です。

 

つまりSIMカードを入れ、セットアップガイドに載っているQRコードを読み取り、構成プロファイルをダウンロード・インストールするだけでOKだったのです。

筆者はAndroid端末の初期セットアップも何度か行っていますが、iOSはAndroidと比較して圧倒的に簡単だったことにとても驚きました。

これならば専門的な知識がない人でも全く問題なく初期設定ができると断言できます。

 

実際に通信をしてみた感じはどうなの?

主な利用方法は簡単なブラウジング電子書籍の閲覧YoutubeGyaODAZNなどの動画アプリの利用ですが、特に問題なく利用できています。

古い端末なので爆速ではありませんが、普段使いには十分な速度です。

 

但し12時頃や19時頃にモバイデータ通信を行う場合、ブラウジングの読み込み速度が極端に遅くなりました。

人によってはややストレスを感じる遅さだと思います。

またこれらの時間帯にはDAZNの読み込みが遅くなることもありました。

それ以外の時間帯は問題ありませんでしたが、12時前後や19時前後にモバイデータ通信を行うことが多い人は注意が必要だと感じました。

 

まとめ

 

初めての中古のiPadの購入ということで当初はやや不安がありましたが、「非常に良い」状態を購入したところバッテリーの劣化もない新品に近い状態の端末が届きました。

 

また、mineoの格安SIMを利用したところ、初期セットアップは非常に簡単でしたし、回線混雑時以外は快適に使えているので、満足していますし、コストパフォーマンスは抜群だと実感しています。

タブレットを格安SIMで運用したいと考えている方は是非参考にしてみて下さい。




よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です