鳥羽・伏見の戦いでの新政府軍の勝因と旧幕府軍の敗因は?







戊辰戦争の発端となる戦いは薩摩、長州の両藩を中心とする錦の御旗を掲げる新政府軍旧幕府軍が京都で衝突した『鳥羽・伏見の戦い』です。

後世の我々から見れば、鳥羽・伏見の戦いは最新兵器を揃えていた新政府軍に軍配が上がって当たり前と思われますが、実際には旧幕府軍の失敗と政治的なミスが生んだギリギリの勝利でした。

日本の近代化を進める歯車が回り始めたと言っても過言ではない『鳥羽・伏見の戦い』

その詳細について本記事では説明していきます。

 

鳥羽・伏見の戦いは大番狂わせ

白星ほぼ確定の横綱が負けたり、連戦連勝の競走馬がそのときのレースに限って勝利できないときのことをよく「大番狂わせ」と言います。

「大番狂わせ」は文字通り勝利が固いと思われていた者が負けることを意味する言葉ですが、実は新政府軍と旧幕府軍が争った鳥羽・伏見の戦いも大番狂わせな戦いでした。

 

板垣退助

鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍として板垣退助(いたがきたいすけ)大久保利通(おおくぼとしみち)らが参加し、旧幕府軍では新選組、藩から徴兵された農民たちが参加して戦いました。

鳥羽・伏見の戦いは薩摩・長州両藩が中心となった新政府軍の歴史的勝利に終わったのですが、当時は誰も予想できなかった結果でした。

事の顛末を知る後世の通説では、最新兵器を揃えていた新政府軍は自分たちが勝利するという確信のもと旧幕府軍を挑発し、開戦に至ったと言われています。

しかし、実情は旧幕府軍も大砲やガトリング砲など西洋から最新兵器を購入し運用の訓練を行っており、その数においても薩摩と長州に決して劣っていませんでした。

 

勝算がないのに鳥羽・伏見の戦いに踏み切った新政府軍

新政府軍 西郷隆盛

大政奉還によって政権の礎ができつつあった新政府は旧幕府方の勢力を一掃するべく、武力に訴えるつもりでいたのですが、徳川氏の処分については新政府方の華族から平和的解決が強く訴えられ、新政府の中心だった薩摩・長州藩もこれを了承せざるを得ませんでした。

政治決着するという大きな方針があるだけで、戦いへの備えは十分に整っていなかったのが実情だったようです。

しかし、武力に訴えるという方針の転換によって、江戸で破壊工作を行っていた薩摩藩は工作活動を中止し、かえって江戸の治安を回復させるような逆工作を実施したのですが、十分な効果を得られませんでした。

 

その一方で江戸の治安維持を命ぜられていた庄内藩は混乱回復のために薩摩藩邸を破壊するべく旧幕府軍とともに武力行使をしました。

庄内藩の旧幕府軍はフランスから軍事顧問を招き、彼らの指揮の下で近代兵器を駆使し薩摩藩邸は壊滅しました。

 

この薩摩藩邸の焼き討ちで徳川氏と薩摩藩は戦戈を交えたというのに、その当事者だった徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は平和的解決の方針を貫こうとする姿勢であり、薩摩藩を含めた新政府側も政治的な決着を優先していました。

この時期、新政権擁立のために諸藩の代表を招集した薩摩・長州の両藩の工作は浸透せず、開戦となっても両藩以外には出兵に応じる藩がいません。

新政府にとって開戦は時期尚早でした。

 

旧幕府軍は好戦的な構えを見せていた

旧幕府 徳川慶喜

一方の旧幕府軍側では大阪城にいた徳川慶喜の周囲で強硬論が唱えられていました。

兵力における圧倒的な優位によって薩摩・長州の両藩を威圧しつつ京都へ軍勢を入れた後、徐々に戦端を開くという計画が立てられていました。

政治決着を望んだ徳川慶喜も大阪城内の強硬な雰囲気を鎮めることができず、この計画を承認してしまいます。

 

新政府軍側では防戦体制を整えるために諸藩に参戦を促しましたが、頼みの綱ともいえた藩にさえ出兵を拒否されてしまいます。

薩摩・長州以外の藩からは土佐藩の一部が参加しただけで、新政府軍の総数は3000程度でしかなく、旧幕府軍総勢1万5000に到底対抗できるとは思えませんでした。

新政府軍は数の面からみても真っ向勝負は挑むことができません。

必然的に新政府軍は京都を放棄し、旧幕府軍の北上を食い止める間に天皇を山陰方面へ連れ去る作戦計画を立てました。

 

鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍の敗因となったのは致命的戦術ミス

実際に開戦の火蓋が切られたのは西暦1868年1月3日の夕刻でした。

鳥羽街道下鳥羽付近で旧幕府軍の前衛が新政府軍の偵察部隊と遭遇し、京都への通行を求める交渉を押し問答となり、業を煮やした大目付の滝川具挙(たきがわともたか)が旧幕府軍に前進を命令し、それを阻止するべく薩摩藩兵が砲撃しました。

このとき、旧幕府軍の総指揮官である竹中重固(たけなかしげかた)はなぜか伏見に留まっており、伏見にいるはずの滝川が鳥羽街道を進んでいるなど計画外の行動を各々していたことが災いしました。

 

軍事をわきまえない滝川は兵に弾込めさえさせず、まるで無防備なまま前進のみを命じたのでした。

滝川は最初の砲撃で至近弾を受け、真っ先に戦場から逃亡しました。

そして旧幕府軍は指揮官不在のまま、大混乱に陥ってしまいます。

 

鳥羽街道の砲声が伏見に届くと、すぐさま伏見市街地でも戦端が開かれました。

薩摩・長州両藩の軍勢は伏見奉行所に立て籠もった会津藩兵に銃砲撃を開始。

新選組を含む会津藩兵たちは槍や刀を抱えて突撃しましたが、新政府軍の火力に圧倒され戦果を得られませんでした。

しかし、土佐藩兵は伏見市街の一角を守備していましたが、会津藩との会談のうえで自分担当区域を迂回するのならば攻撃しないことを約束したので、旧幕府軍の一部が戦線後方に進出していました。

もしこの後続に旧幕府軍の部隊が続いていたなら新政府軍の壊滅は必然だったのですが、なぜか旧幕府軍は後続の部隊を差し向けませんでした。

旧幕府軍は伏見奉行所周辺での局地的劣勢に目を奪われ、迂回に成功した部隊を原位置にまで後退させて奉行所の前面に配置してしまいました。

 

錦の御旗の効果絶大 新政府軍の快進撃

錦の御旗

新政府軍にとってはほとんど絶望的な戦況でありましたが、最高指揮官である西郷隆盛(さいごうたかもり)はその状況にあっても開戦することを喜んだと言います。

旧幕府軍の京都へ対する攻撃は即朝廷に対する敵対行為であって、徳川氏が朝敵となったことを意味するからです。

薩摩・長州の両藩は夜通し勝算のない戦いを繰り広げ続け、次々と新手を繰り出してくる旧幕府軍に苦戦しつつも波状攻撃を撃退し続けました。

 

翌4日に至って西郷隆盛は錦の御旗を京都で掲げました。

それは新政府軍が官軍で旧幕府軍が朝敵となったことを公に示すことでした。

それを見た開戦前に出兵を拒絶していた藩も次々と参戦するなど、錦の御旗の影響力はとても大きなものでした。

 

新たな手駒を得た新政府軍でしたが、さすがに5倍の兵を保有する旧幕府軍と一進一退の攻防を続けるのが精一杯でした。

戦局が一変するのは5日になってからのことです。

図らずも西本願寺が独自に編成した洋式歩兵団が参戦し、それを護衛するために仁和寺宮が錦の御旗を掲げつつ前線視察に赴きました。

皇族が戦場に現れたと見た旧幕府軍は大いに動揺しました。誰しもが朝敵と呼ばれたくなかった時代のことです。

それは現役の老中だった淀藩ですら同じことで、旧幕府軍の拠点となっていた淀城の門を固く閉ざしてしまいました。

さらに京都、大坂間の要所である山崎を守備していた藩が新政府軍に寝返ってしまい、もとより戦意がなかった徳川慶喜には相次ぐ敗報がもたらされました。

 

徳川慶喜は事態収拾のために強硬派である会津藩、桑名藩の藩主を連れ海路にて江戸まで退去してしまいました。

この判断は妥当であるとも思われませんが、ともかく新政府に対しての政権委譲の方針は常に一貫しています。

 

まとめ

 

鳥羽・伏見の戦いは新政府軍が圧倒的不利な状況で始まりましたが、粘りに粘って圧倒的戦力差のある旧幕府軍に新政府軍が勝利した戦いです。

鳥羽・伏見戦争における新政府軍の勝因と旧幕府軍の敗因は以下の通りです。

 

【新政府軍の勝因】

  • 攻撃に兵力を割かず守備に徹していたこと
  • 絶妙なタイミングで錦の御旗を掲げて味方の士気を高揚させ、旧幕府軍の戦意を挫いたこと
  • 最高司令官の西郷隆盛の指揮手腕が優れていたこと
  • 古い戦術を捨て、完全に新しい戦術を取り入れたこと
  • 要所となる拠点を維持し続けたこと

 

【旧幕府軍の敗因】

  • 徳川慶喜と現場の藩主との政治思想の乖離(かいり)
  • 最高司令官が現場の状況を全く掌握できていなかったこと
  • 現場指揮官が敵前逃亡し、指揮官不在のまま混乱状態で戦闘を続けたこと
  • 戦術を心得ていない者が指揮官になっていたこと
  • 新しい拠点を作らなかったこと











<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です