自分に刺激を与えよう!閉塞感を打ち破るための3つの方法







仕事が忙しいと、朝から夜遅くまで社内に閉じこもっていることが多くなりますよね。

家と会社の往復の毎日にうんざり、仮に営業をしていても、いつも会う顧客は同じで、マンネリを感じてしまう人も多いはずです。

 

交友関係が広がらず、毎日同じことの繰り返しでは、「自分は今のままでいいのだろうか」と焦りを感じます。

現状のまま視野も広がらず成長も出来そうにないと、不安が募る一方です。

 

ここでは、何とかして物足りない毎日を改善するために、社外との交流を増やし閉塞感を打ち破るための3つの方法をご紹介しましょう。

一歩踏み出す勇気を持てれば、自分に刺激を与えることは可能です。

ぜひこちらの方法を実践して、つまらない繰り返しの毎日からの脱出を試みて下さい。

 

1.社外で、仕事に関する知識や情報を得られる所に通う

社内で仕事をしていても、たしかに現場で仕事に必要な知識や情報は得られます。

しかし、環境が変わらない以上、新たな知識や情報はなかなか得られず、閉塞感を打ち破るのは困難です。

 

ぜひ社外に目を向けて、新たな視点から知識や情報を得られる場所を探しましょう。

例えば、会社で会計の仕事をしているなら、会計の専門学校やビジネススクールに通ってみます。

 

そこには、他社の社員や学生など様々な人が在籍しています。

同じ目的を持ちながらもバックボーンの違う人たちと交流すれば、違った視点から自分の仕事を見つめ直せます。

 

また、仕事に関係するセミナーや講習会などに参加するのもよいでしょう。

会計の仕事をしている場合、公認会計士や財務コンサルタントが主催するセミナーを探してみます。

 

制度の改正や時事トピックスなど、最新の動向について専門家の視点から知識や情報を得られるでしょう。

知らなかったこともわかるなどして目から鱗が落ちるので、閉塞感を打ち破るのに役立つ方法と言えます。

 

2.近場でもいいので旅行をして、自分を新鮮な環境に置く

公私問わずいつも同じ環境にいると、思考も同じようになってしまいます。

毎日会社と自宅の往復ばかり、休日は家でゴロゴロという方は要注意です。

そういった環境では閉塞感が一層強まり、いつも同一の視点からしか物事を考えられなくなって、斬新なアイデアや方法も湧いてこなくなります。

 

現状を打破し、思い切って環境を変えることが、閉塞感を打ち破るのには効果的です。

 

その為に例えば、近場でも良いので旅行をしてみましょう。

旅行をすれば、いつもと違った景色を見て、いつもは会わない人達に会うので、それだけでも刺激になります。

 

特に、都会に住んでいる人は少し地方に行くと良いでしょう。

すると例えば、都会と違って交通の便があまりよくなくて、買い物や通院に不都合が生じるなど、問題が見えてくることがあります。

 

そこから、問題解決の方法として自社のサービスが生かせるのではないかなど、普段の仕事との関わりを見つけられる可能性が出てきます。

 

旅行をして自分を新鮮な環境に置くことで、視野が広がり普段の仕事も斬新な視点から見直せます。

閉塞感を打ち破る方法としては、簡単でありながらかなり有効な方法と言えます。

是非、近場で日帰りでも良いので旅行をしてみましょう。

 

3.仕事に直接関係ない人と会い、息抜きをし、斬新な視点も得る

社外で誰かと会う際、仕事に関わる人と会うのも有意義ではあります。

しかし仕事関係の人ばかりでは、仕事の延長という感じが抜けず、閉塞感を打ち破る方法としては十分とは言えません。

 

閉塞感を打ち破る為には仕事と直接関係のない人とも積極的に会いましょう。

 

例えば、趣味が共通の人を探して交流するのも一つの方法です。

サッカーのあるチームが好きなら、同じサポーターをネットや知人の紹介などで探し、一緒にスタジアムに行くのもよいでしょう。

共に観戦すること自体が息抜きになり、閉塞感を打ち破るキッカケになります。

また、別の仕事をしている人も多いでしょうから、異業種の視点から話を聞けて、自分の仕事のヒントになるかもしれません。

 

学生時代の恩師や友人に会うのも、閉塞感を打ち破る方法としては意味があります。

仕事上の利害関係がないので、リラックスして会うことが出来ます。

同時に、やはり別の仕事をしている友人も多いはずなので、異分野の話が聞けて視野が広がります。

もしかしたら、自分の仕事との提携の話も持ち上がるかもしれません。

 

社外の新鮮な環境に身を置き、自分に刺激を与える

自宅から会社への往復の毎日で、社内で同じ人とばかり顔を合わせていては、閉塞感がたまる一方です。

社外でビジネススクールに通う、仕事関係のセミナーに参加するなどして、普段会わないような人に会い、視野を広げたり知識を深めたりしましょう。

 

また、近場で日帰りでもいいので旅行をして、自分を新鮮な環境に置くことも効果的な方法です。

リラックス&リフレッシュの効果も抜群ですし、そこで見えてきた問題の解決に、普段の仕事が生かせる可能性もあります。

とにかく思い切って環境を変えてみましょう!

 

さらに、仕事と直接関係ない人に会うのも、閉塞感を打ち破るには有効です。

趣味が共通の人、学生時代の恩師や友人などに会うことで、息抜きになるだけでなく、結果的に普段の仕事につながるかもしれません。

 

とにかく社外に目を向けて、自分が普段行かない所に行ったり、会わない人に会ったりしましょう。

自分に刺激を常に与え続けることが、閉塞感を打ち破るには欠かせません。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です