転職活動をすると会社にバレる?バレる原因を知れば転職活動は怖くない!







「転職活動って勤め先にバレるの?」

「勤め先にバレると、会社に居づらくなりそうで不安・・・」

 

このように、転職活動をしたいけど会社にバレる事に不安を抱えて、行動できない人が多いのではないでしょうか。

確かに転職活動が勤め先にバレてしまうと、様々なデメリットが発生します。

では、勤め先に転職活動がバレてしまう原因とはなんでしょうか。

また、転職活動をバレずに進めるにはどうすれば良いのでしょうか。

今回はそのようなお悩みを解消していきたいと思います。

 

勤め先に「在籍確認」の電話は来るの?

応募先から在職中の会社に「在籍確認」があるのではないか、と不安に感じている人も多いでしょう。

しかし、その心配は必要ありません。なぜなら、基本的に「在籍確認」は無いからです。

 

現在は個人情報保護法により、本人の承諾を得ない限り問い合わせが出来ない仕組みになっています。

もし問い合わせをする場合には、本人証明、そして本人の捺印が押された承諾書が必要となります。

この個人情報保護法により、企業は勝手に応募者の経歴を調べてはいけないのです。

 

これは在職中であっても、退職後であっても同様に適用されます。

しかし、これはあくまでも「基本的に」です。

応募先企業の担当者がこの個人情報保護法について認識していなかった場合には、在職中の会社に連絡を入れてしまう可能性があります。

 

しかし、そんなことは「まず」あり得ないので、心配する必要はないでしょう。

応募先企業は転職者に対して十分な理解があります。

そのため、応募者が不利になるような行動はまず取らないででょう。

転職サイトに登録したら、登録情報からばれる?

転職サイトに登録する際には、氏名や住所、職務経歴などを詳細に記載しますよね。

その登録した情報によってバレてしまうのではないか、と心配している人も多いでしょう。

これに関しては、「基本的にはバレないが、正しく設定しないとバレる危険性が必要がある」というのが回答になります。

 

まず、企業側は個人特定に繋がるような情報は閲覧できません。

そのため、氏名や住所、現在の勤務先などは見れないわけです。

しかし、「職務経歴」や「自己PR」などその他の情報は閲覧できます。

ということは、「職鵜経歴」欄に現在の会社名や部署名を具体的に記載したり、扱っている商品やサービスなどを記載してしまうと、それだけで会社や個人が特定出来てしまうのです。

これは「自己PR」欄も同様です。

 

そのため、「職務経歴」や「自己PR」には具体的な内容は記載しない方が良いでしょう。

しかし、それでは書く内容が制限されて最大限に自分をアピール出来ませんよね。

そこで利用するのが、転職サイトに搭載されている「ブロック機能」です。

 

ブロック機能とは、指定した企業に自分の情報を閲覧できないようにする機能です。

例えば、現在勤めている会社をブロックすれば、自分の情報は一切開示されなくなります。

こうすれば、勤め先に転職サイトに登録した事実がバレることはありません。

ブロック機能を利用する場合は、現在の勤め先だけでなく、取引先企業や同業他社なども併せてブロックしておくと、情報が漏れる危険性も低くなります。

 

転職活動が会社にバレる原因ってなに?

転職活動がバレる原因の多くは、自分自身の発信によるものです。

 

  • 就業中に電話、メールチェックを頻繁に行う
  • 同僚や部下に相談する
  • 喫茶店などで友人に相談している所を誰かに聞かれていた

 

このように知らず知らずに、自分から「転職するぞ」というアクションを起こしてしまっているのです。

まず、就業中に電話やメールチェックが増えれば、少し不審に思われますよね。

特に席を外してコソコソと電話をしていれば、怪しまれるでしょう。

また、飲みの席などで同僚や部下に相談した事から、一気に噂が広がってしまうケースもあります。

どんなに口止めをしても、人は何かの拍子に「ポロッと」話してしまう生き物です。そ

のため、どんなに信頼している人物であっても、社内の人間に相談するのは控えた方が良いでしょう。

 

そして、喫茶店などで友人に相談している所を社内の人間に聞かれていた、というケースも考えられます。

これには本当に注意が必要です。

大きな会社であるほど、社内の人間を全て覚えるのは難しいですよね。

違う部署の人間であれば尚更です。

相手があなたの顔を知っていても、あなたが相手の顔を知らない、といったケースも存在します。

そのため、喫茶店など公表の場では誰が聞いているかか分からないため、転職の相談をするのは控えた方が良いでしょう。

 

もし、転職活動が会社にバレたら?

勤め先に転職活動をしている事実がバレてしまうと、本当に危険です。

周囲からの冷たい視線、対応の変化など、あなたにとって不利益なことしか起こりません。

最悪の場合には、現在のプロジェクトから外されたり、仕事が回ってこなくなったりもします。

 

結果的に会社を「辞めざるを得ない方向」へと追い込まれていくのです。

内定が決まっていない状態では、辞めるに辞められないですよね。

家庭を持っている人なら尚更でしょう。

そのため、転職活動だけは絶対に会社にバレないよう、慎重に慎重を重ねて行動しなくてはいけません。

まとめ

 

  • 在籍確認は「基本的には」ない。しかし、企業によっては在籍確認をしてくる場合もある。
  • 転職サイトへの登録は、「書き方」によってバレる危険性がある。しかし、ブロック機能を活用すればバレる危険性は減少する。
  • 転職活動がバレる原因のほとんどが、「自己発信」によるもの。そのため、どんなに親しい同僚や部下であっても、社内の人間には相談しないことが大切。また、誰が聞いているか分からないため、公共の場などでの相談は控える。
  • 転職活動が社内にバレると、様々なデメリットが待っている。最悪の場合はプロジェクトから外されたり、仕事が回されなくなるケースもある。

 

転職活動は「絶対に」社内にバレないよう慎重に行ってください。

上司や同僚に相談するのは、応募先企業から内定をもらった後にしましょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です