こんな人は転職してはいけない!?転職に向いている人、向いていない人の特徴







転職に向いている人と向いていない人には大きな違いがあります。

 

まず転職に成功する人は運だけで転職を成功させているわけではありません。

成功する人には成功する人なりの理由が存在します。

今回は転職に成功する人と失敗する人の特徴についてご紹介していきます。

また行動力や計画性の違いについても併せてご紹介いたします。

 

転職に向いている人はこんな人

転職に成功する人は転職理由が明確でありその上で向上心のある人です。

転職理由が明確になっていることで、業種や職種など求人探しに一切のブレがありません。

自分が求めている仕事をピンポイントで見つけることが出来ています。

そのため、転職活動においてのロスタイムが少なく、最短期間で転職を成功させているのです。

 

また転職に成功している人は、自身のキャリアプランをあらかじめ設計している人が多いです。

 

例えば

「30歳までにこのポジションに就き、35歳までにはこのポジションに就く」

といった明確な目標や具体的なキャリアプランを設計しています。

 

このようにキャリアプランが明確化されていることで、面接においての発言にも自信が生まれ、気持ちにもブレが無くなるのです。

 

さらに転職に成功している人は、年齢に関係なく誰に対しても丁寧な姿勢で対応しています。

転職した場合、転職先ではあなたが下っ端の人間となりますよね。

この時、実年齢などは関係ありません。

そのため、上司となる人間が年下であったり一回以上歳が離れていることだって想定されます。

 

転職に成功している人は、どんなに年下の人間であっても変わらない対応で接することができ、不要なプライドを持ち合わせてはいないのです。

 

転職に向いていない人の3つの特徴

転職に失敗してる人には必ず共通の特徴があります。

ここでは転職に失敗する人の3つの特徴について取り上げていきます。

 

■人生プランを組み立てていない

転職に失敗している人の多くはキャリアプランを一切組み立てていません。

また組み立てていたとしても根拠のないものであったり、組み立てたプランに対して追及を怠っている場合が多いです。

 

キャリアプランは仕事を進めてく上で最も重要視されます。

なぜかと言うと、自分自身のキャリアプランが立てられていない人は、計画・実行する能力が乏しいと思われてしまい、高い評価を得ることができないからです。

 

また転職面接においても、このキャリアプランを設計しているか、いないかでは大きく結果が分かれてしまいます。

面接において

「将来に対してどのようなビジョンをお持ちですか?」

といった質問に対して

「管理職になりたいです」

と言った根拠もない発言をしてしまっては、採用を勝ち取る事は難しいでしょう。

 

この質問の真意は、あなたがどういったキャリアプランを立てていて企業内でどういったキャリアアップを詰んでいきたいのか、を企業は知りたいのです。

そのため、キャリアプランを設計してしない人は早急に考えておくことが必要です。

 

■転職理由が現職からの逃げである

転職に失敗するケースは、現職からの逃げの転職です。

もちろん精神的に辛い場合には、転職しても良いと思います。

 

会社側に非があることも多々あるため、不満があって現職から逃げるのも悪いことではありません。

しかし、転職のきっかけとなる理由が人間関係であったり、給料が全然上がらないと言った理由だった場合、転職に失敗する可能性が高いでしょう。

 

例えば給料が上がらないといった不満から転職を考えた場合、なぜ給料が上がらないのかを考えましたか?

人間関係に不満があった場合、転職ではなく部署移動といった措置は取れなかったのですか?

 

このように、不満から退職してしまう人間は周りや状況が全く見えていません。

そのため、転職先企業を見つめる際にも、企業の良い所ばかりを見て悪い所を無意識に見ないようにしています。

その結果、「入社したら思ってた会社と違った」となるわけです。

 

■無駄にプライドが高い

転職活動においてプライドは必要ありません。

転職をすると想定した場合、現職で役職に就いていたとしても平社員からのスタートですよね。

もちろん、年下が上司になるなんてことも珍しくありません。

 

この時、「年下に指図されたくない」などと言った不要なプライドを持っていると、日々ストレスを感じてしまうでしょう。

その結果ストレスに耐え切れず退職、となってしまうわけです。

 

もう一度言いますが、転職にプライドは必要ありません。

プライドよりも、高い知識を身に付けましょう。

そうすれば必然的に役職へと辿り着けるでしょう。

 

行動力と無計画は全くの別物と理解する

行動力と無計画を履き違えている人が多く存在しています。

無計画で行動することを行動力があるとは言いません。

行動力のある人とは、自身のキャリアプランを持っており、そのプランに従って行動している人のことです。

 

一方無計画とは、ただの無策ですよね。

これは突発的に転職を決めた人、転職先が決まっていないのに退職届を出した人を指します。

なにもプランが決まっていないのに退職した、これは行動力があるとは言いません。

 

さらに計画性の無い人間は、企業が敬遠される傾向にあります。

そのため、行動を起こす際には必ず一度計画を立てましょう。

 

まとめ

 

転職に成功している人は自身の人生プランやキャリアプランをしっかりと設計し、それに従って行動しています。

そのため、転職活動に失敗することも少なく、転職先でも円滑に業務を進めることが出来ているのです。

 

しかし、転職に失敗している人はキャリアプランを立てていないことが多く、また転職理由も現職からの逃げの場合が多いです、

キャリアプランを設計しているか、そして自身の着地点はどこなのか。

転職に成功している人と、転職に失敗し続ける人の違いはこの2つであると言えます。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

転職に失敗する原因とは?その原因と解決策について

2017.07.08











<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です