転職に失敗する原因とは?その原因と解決策について







転職活動の失敗には、必ず原因があります。

その原因を理解することで、転職に失敗することはなくなります。

 

ですが、その原因を知らないままでいると、何度転職しても失敗を繰り返してしまうでしょう。

転職失敗原因を知って、転職を成功させましょう。

 

転職失敗の原因① 求人票の額面を理解しているか

 

なぜ転職での失敗が起こるのか。

それは、求人票をしっかりと読み解いていない事に原因があります。

 

転職サイトやネットの求人媒体では、給与の総額しか記載されていない為、給与形態を知ることは難しいです。

ですがハローワークでは、求人情報が詳しく掲載されています。

 

一度ハローワークの求人を見ることが大切です。

そうすることで、「給与の総額=基本給」ではないことが理解できるはずです。

 

給料とは、基本給とその他諸手当から構成されています。

例えば、給料の総額面が20万円だったとしましょう。

その金額が全て基本給ではないのです。

総額が20万円の場合、基本給は15万円や12万円で設定されているはずです。

各企業によって、この基本給の設定金額は変わってきます。

 

転職失敗の原因② 賞与の額面を理解しているか

 

賞与制度を設けている会社の場合、賞与額欄に「2ヶ月分」などと記載されているはずです。

この2ヶ月分とは、給与総額に対しての2ヶ月分ではありません。

「基本給」に対して、2か月分なのです。

 

その為、給料額面が20万円で基本級が15万円だった場合、一年間の賞与総額は30万円となります。

一般的な企業では、夏と冬の2回に分けて賞与制度を設けているので、それぞれの賞与額は15万円となるのです。

この仕組みを理解していないと、「賞与2ヶ月分って書いてあったのに・・この会社はおかしい!」などと、

会社に対して不信感を抱いてしまうことになります。

また、求人票に「賞与2ヶ月分」と記載されていても、それはあくまでも前年度の実績です。

必ず賞与がもらえるわけではないので、その点も理解しておきましょう。

 

転職失敗の原因③ 昇給制度について理解しているか

 

昇給制度についてもしっかりと理解しておく必要があります。

この昇給制度を理解していないと「入社後はじめての昇給なのに、1,000円しか昇給しなかった」などと、悩むことになってしまいます。

 

例えば、1,000円しか昇給しなかったと仮定します。

その要因は2つ存在します。

1つ目は、単に仕事の評価が悪い場合です。

昇給とは会社への貢献度です。

会社の売り上げに貢献した、もしくは会社にとって有益な人材が昇給の対象となります。

昇給する為には、このどちらかに該当する存在にならなくてはいけません。

淡々と同じ作業を繰り返すことも大切かも知れませんが、会社は営利目的で運営されています。

売上が上がらなければ、会社を経営することも難しくなります。

昇給しないと悩む前に、まずは自分自身の仕事スタイルを見直すことも大切です。

 

もう1つの理由は、求人票の昇給額について確認をしていたかどうかです。

ハローワークでは昇給額についても、詳細が記載されています。

例えば「1,000円~10,000円」の間と記載されていれば、それ以上の昇給は期待できないでしょう。

それは、その会社の規定だからです。

一般的な企業では、昇給制度について規約や規定があります。

また等級制度や号俸制度を設けている会社もあるので、応募にしっかりと確認しておきましょう。

また企業によっては、昇給額が「500円~3000円」までと一般より低めに設定していることもあるので、

応募する際には給料の額面だけでなく、この昇給額の幅についても確認しておきましょう。

 

転職失敗の原因④ 希望していた部署と配属部署が異なる場合

 

転職に失敗したと思う要因の一つが、「希望していた部署に配属されない」ことです。

入社したら違う職種だったというのもこれと同じでしょう。

求人票の内容と完全に異なっている場合には、企業側に100%責任があるのでしっかりと抗議しましょう。

ですが、考え方を変えることも必要です。

 

例えば事務職で入社した場合でも、同じ会社でずっと事務だけを続けるのは難しいでしょう。

それは、同じ仕事を続けていても成長が出来ないからです。

人は多く経験や実践を積んで成長していきます。

入社時に希望している部署に配属されなくても、落胆せず前向きに頑張りましょう。

どんな経験も必ず自分の糧となります。

一時的な感情に流されず、将来を見据えた思考を持つことも大切です。

 

まとめ

 

転職に失敗する原因は、企業や求人票に対してのリサーチ不足が原因です。

転職で「こんなはずじゃなかった」と後悔しない為には、給与や賞与など求人情報をしっかりと確認しましょう。

 

ですが、失敗は誰にでもあります。

「失敗した」と思った場合にも、あまり考え込まずに次の会社を探せば良いのです。

転職を成功させるには、情報収集や企業のリサーチが必要不可欠となります。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

転職に成功する人と失敗する人の違いとは何か?

2017年7月2日











よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です