転職媒体はなにを使うべき?あなたに合った媒体の見つけ方







転職活動をしたいけど、どこの媒体を使えばいいの?

こう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、各媒体や機関についてのメリットやデメリットについてご紹介しています。

当記事を読むことで、あなたの転職活動の方向性を定めることが出来るでしょう。

 

転職活動はスピードが命です。

いつまでも自分に合っていない媒体を使い続けていては、転職活動は長期化してしまいます。

あなたの転職活動をより速く、そして効率的に進めるためにも、自分に合った媒体を見つける必要があります。

それでは各媒体や機関のメリット、デメリットについてご紹介します。

 

転職サイト

転職サイトは全国の求人を閲覧することが出来る、一番メジャーな転職媒体でしょう。

他の媒体と比較しても掲載されている求人数も多く、現在最も需要の高い媒体と言えます。

 

しかし、全国的に求人が公開されていることで、それに比例し応募者も全国から集まってきます。

そのため、他の媒体と比較すると圧倒的に倍率が高く、内定まで険しい道のりが待っています。

1つの求人に対して、100人を超える応募が集うわけですがら、各選考の通過率も大幅に減少します。

 

しかしその一方で、他の媒体よりも給与面や福利厚生が整っている企業が多いことも転職サイトの特徴です。

通常転職サイトに求人を掲載するには、1スペースあたり20万円以上の掲載料が発生します。

求人広告にこれだけの費用を掛けられるわけですから、転職サイトには必然と大手企業が集まります。

そのため、他の媒体よりも良い条件の求人が多いわけです。

 

転職サイトを利用する場合は、今すぐに転職したいわけではなく、現在勤めている会社よりも良い条件の会社へ行きたい、と思っている人に有効な媒体です。

 

フリーペーパー

タウンワークやアイデムなど、街中で配布されているフリーペーパーも転職活動には有効な媒体です。

それは、各地域版として発行されているため、地元や近場の求人だけが紹介されているからです。

地元や自宅から近い会社で働きたい人は目を通しておきたい媒体です。

 

しかし、フリーペーパーはアルバイト求人が多く掲載されているため、正社員求人は少ない傾向にあります。

また、お目当ての求人がない場合には、次週の発行まで待たなくてはいけないため、フリーペーパーのみで転職活動を行うと、時間的なロスも生まれてしまいます。

 

フリ―ペーパーはあくまでも、別の媒体と併用する媒体と認識しておきましょう。

 

また地元などにフリーペーパーが設置されていない場合でも、インターネットから求人を閲覧することが可能となっています。

転職サイトのようにレジュメなどを事前登録する必要もなく、電話で直接応募が可能となっている求人が多いため、フリーペーパーと同様、応募までのステップが簡単なことがメリットです。

 

ハローワーク

転職サイトには及ばないものの、数多くの求人が掲載されており、さらに毎日求人が更新され続けているので、地元や近場で就職したい人におすすめの機関です。

利用登録も簡単で、ハローワークに出向いてこれまでの経歴や保有資格を記入するだけで終わります。

 

ハローワークは転職サイトと違い、直接窓口まで行かなければ企業へ応募することが出来ません。

そのため、いつどこからでも応募できる転職サイトと比較すると、必然的にライバルは少なくなります。

また、ハローワークでは他の応募者の人数や簡単なスペックまで可視化することができるため、応募から面接までの対策を練りやすいのもメリットとして挙げられます。

 

しかし、ハローワーク求人は全体的に給与面が低い傾向にあります。

ハローワークに求人を掲載するのは無料なため、必然と中小企業が多くなる傾向にあるからです。

もちろん、大手企業や高待遇の企業も掲載されていますが、そういった求人はすぐに応募者集まり求人が締め切られてしまいます。

 

ハローワークを利用する場合は、待遇面ではなく、今すぐ転職したいと考えている人におすすめです。

 

紹介予定派遣

 

派遣会社に登録することで、紹介予定派遣の案件に応募することが可能となります。

紹介予定派遣とは、派遣社員として希望する企業へ入社し、6ヶ月~1年後に双方の合意の上、直接契約となる制度です。

 

この制度を活用することで、自分には無理だと思っていた憧れの大手企業にも入社することが可能となります。

紹介予定派遣のメリットは2つあり、まず入社した企業が自分に合わなければ、契約を終了することが出来ることです。

正社員として入社した場合、退職を切り出すのにも精神的な苦痛がありますよね。

 

しかし、派遣社員として従事している場合には、契約から契約終了まで全て派遣会社が代行してくれます。

 

そして、派遣期間中にも高い給与水準を保つことが出来るのもメリットの一つです。

通常、正社員として企業へ入社した場合、使用期間中の給料は本来の給料よりも少なく設定されています。

 

一方、紹介予定派遣として入社した場合には、入社月からでも総額25万を超える総支給も期待することが出来ます。

派遣会社、派遣先企業によって時給は異なってきますが、派遣社員の時給は一般的に1,500円~2,000円と設定されていることが多いです。

 

そのため、仮に1,500円の時給で8時間働いたとしても一日の給料は12,000円となります。

それを21日間勤務すれば、合計252,000円となり、入社月からでも総額25万を超える給料をもらうことが出来るのです。

紹介予定派遣は、給料を高い水準で保ちたい人、転職活動によるストレスを抱えたくない人におすすめです。



まとめ

 

転職活動にするに当たって、自分に合った求人媒体や機関を使うことが最も大切です。

それぞれにメリット、デメリットがあるため、その特色を活かして使いわけることも有効でしょう。

 

そして、転職活動は長期化するばするほど、そのモチベーションも低下してしまいます。

モチベーションが低下することで、さらに転職活動は長期化していまい、その結果負の連鎖が起こり続けます。

そのため、自分に合った媒体を早急に見つけ出し、一日でも早く転職活動を成功させましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です