転職に成功する人と失敗する人の違いとは







転職には成功する人と失敗する人の2種類に分かれます。

その理由とは何でしょうか。

 

転職を成功させている人には、ある共通点があります。

この共通点を理解することで、転職活動の成功率が飛躍的に上がります。

逆にこの共通点を理解しなければ、いつまでも転職活動は成功しないままです。

 

成功している人の共通点を理解し、最短で転職を成功させましょう。

 

転職する目的を明確にしているか

 

転職を成功させる為には、転職する目的を明確にする必要があります。

転職する目的を明確にしないまま転職活動を続けても、思うような結果は期待出来ません。

転職に成功している人は、転職の目的を明確化しています。

 

なぜ、転職する目的を明確にする必要があるのか。

その理由は、同じ失敗を繰り返さない為です。

転職をしたいと思う人は皆、現在の会社に何かしらの不満があります。

その不満を解消する為に、転職活動をするのです。

 

自分が抱えている不満を明確にしない限り、次の職場でも同じ不満が生まれます。

転職を決意した際には、現在勤めている会社の不満要素をまとめ、その不満が解消される職場を探す事が最も重要となります。

 

希望する条件が多過ぎないか

 

転職活動を始めると、必ずと言っていいほど直面する問題が出てきます。

それは、「求人が見つからない」という問題です。

この「求人が見つからない」理由は、自分自身にあります。

 

転職サイトなどの大手求人媒体では、1万を超える求人が掲載されています。

けれど、なぜ求人が見つからないのでしょうか。

 

その理由は単純です。

自身が希望条件を絞り込み過ぎているからです。

希望条件を絞り込めば絞り込むほど、該当する求人数は少なくなります。

 

その結果、「求人が見つからない」状態となるのです。

転職を成功させている人は、譲れる条件と譲れない条件をしっかりと持っています。

自分の理想とする条件だけを追い求めていないのです。

転職を成功させるには、譲れる条件と絶対に譲れない条件を把握しておく事が大切です。

 

転職サイトの競争率を理解しているか

 

転職を決意した時、まずはじめに思い浮かぶのが転職サイトへの登録です。

大手転職サイトでは、多くの求人が掲載されている為、一見魅力的に見えるかも知れません。

 

ですが、転職サイトはインターネットから誰でも応募が出来る為、その分競争率も高くなっています。

1人の採用枠に対して、100人や200人の応募者がいるのです。

その100人、200人の中から内定を勝ち取るのは、決して簡単なことではありません。

 

転職サイトを利用するのであれば、転職サイトの競争率を理解しておく必要があります。

転職に成功している人は、この競争率を理解し、多くの求人媒体を活用しています。

多くの媒体を活用することで、採用率も大幅に上がります。

 

転職を成功させる為には、1つの媒体にこだわらず、多くの媒体を活用することが一番の近道となります。

 

自分の強みを理解しているか

 

転職活動は、「自分」という商品を企業へ売り込むプレゼンの場です。

自分を企業に売り込む為には、まず自分自身の強みを理解する必要があります。

 

自分にはどんなスキルがあって、どんな事が出来るのか。

その強みを理解しなければ、自分を売り込むことは出来ません。

 

そして、採用した場合に企業側へどんなメリットがあるかなどを明確に伝えられるようにします。

転職を成功させている人は、自身自身のことをしっかりと理解しています。

 

その上で自分の強みを売り込み、転職を成功させているのです。

転職を成功させるためには、自分の強みを知り、その強みを最大限に企業へアピールする事が最も大切です。

 

ビジネスマナーは出来ているか

 

転職活動においてビジネスマナーが備わっていない人は、どんなに凄いスキルを持っていたとしても面接で落とされてしまいます。

 

面接は企業の敷地に入った瞬間から始まっています。

冬場などコードを着ている場合には、敷地の外で脱ぐことがマナーです。

待合室で待っている時にも、その行動は全て観察されています。

椅子に座って、面接官の質問に答えるだけが面接ではありません。

その企業で働いている人すべての人が面接官なのです。

 

その為、面接官だけでなく、受付の人や他の社員の方にも丁寧な接し方を心掛けましょう。

転職に成功している人は、誰に対しても常に低姿勢な対応をしています。

人によって態度が変わるような人は、ビジネスマナーが身に付いているとは言えません。

誰に対しても同じように低姿勢な対応が出来ること、それが本当のビジネスマナーです。

 

まとめ

 

転職に成功している人は、しっかりと自己分析を行い、自分の強みや弱みを理解しています。

そして、転職に関する情報を徹底的に調べ上げ、成功率を自分自身で上げているのです。

 

一方、転職に失敗する人の共通点は、自己分析不足や情報収集不足です。

転職の成功率を上げるには、事前の準備が最も重要となります。

【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

転職活動に有利な時期ってあるの?転職活動におすすめな時期とその理由を解説

2017.07.13











<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です