子どもに初めてのスマホを持たせるなら格安SIMがおすすめ!おすすめの格安SIM2選!




子どもに初めてスマートフォンをもたせる場合、親として心配になるのが有害サイトなどに誤ってアクセスをしてトラブルに巻き込まれないかということや、パケット通信量を使いすぎて高額請求がされることなどが挙げられます。

子どもに初めてスマートフォンをもたせる場合、大手携帯キャリアのキッズ向け携帯等よりもハイコストパフォーマンスで利用できる格安SIMがおすすめです。

 

今回は親が安心して子どもが持たせられるようなプランを展開しているキッズ向けにおすすめの格安SIMについて紹介をしていきます。

 

子どもに格安SIMのスマホをもたせるメリットは?

子どもに格安SIMのスマホを持たせることの最も大きなメリットとして挙げられるのがコストパフォーマンスの良さです。

 

大手携帯キャリアから販売されている子供向けの携帯電話の場合、子どもを有害情報から保護するという目的はしっかり果たせる一方で利用可能な機能に大きな制限がありますし、それでいて費用は比較的高額です。

 

一方で格安SIMを利用したスマホの場合、音声通話機能がないプランもあるのでそういったプランを選択すればそもそも通話制限などを設ける必要はなくなりますし、子どもの需要が高いLINEやYouTubeなどを利用することもできます。

また、格安スマホでも端末によっては保護者が機能制限をかけることができるので子どもを有害情報から守ることもできます。

 

大手携帯キャリアの子供向け端末よりも機能制限をかけることができるSIMフリー端末を選び、やってはいけないこととその理由を子どもに説明し、理解と約束をさせてから子どもに格安スマホをもたせるほうが、子どもにとっても親にとっても遥かに有意義であると考えられるのです。

 

小中学生に持たせるならTONEモバイルがおすすめ!




子どもに初めてもたせるスマートフォンとして最もおすすめのMVNOがTONEモバイルという会社です。

TONEモバイルはTSUTAYAグループのMVNOであり、全国のTSUTAYAの店頭窓口で新規契約や乗り換えの手続きができますし、契約後にも店頭窓口でサポートを受けることができるので、初めて格安SIMを利用する人でも安心して利用できます。

 

TONEモバイルが子どもの初めてのスマートフォンとしておすすめできる理由としては「TONEファミリー」というオプションが利用できる点にあります。

「TONEファミリー」は子どもを見守るための機能が充実しており、例えば子供の現在位置を確認したり、どのくらいアプリを利用しているのかを調べたり、お互いの現在位置を地図アプリで確認し合えるお迎えナビなどの機能が利用できます。

 

さらに子どもが「歩きスマホ」をした場合にはディスプレイに警告を出すこともできますし、インターネットのフィルター機能で有害情報をカットしたり、新しくアプリを導入する場合には親が許可しなければならないように制限をかけることができます。

この「TONEファミリー」は全国子ども会連合会推奨商品に認定されているほどのサービスなので、その機能性と安全性はお墨付きなのです。

 

また「TONEファミリー」以外にもTONEモバイルを利用するメリットは多数挙げられます。

TONEモバイルでは取り扱っているプランが一つのみで月額基本使用料1,000円と非常にわかりやすくなっています。

 

基本プランでは090や080から始まる電話番号を利用しての通話は不可ですが、050から始まる電話番号が付与され、IP電話アプリを利用しての通話が可能です。

さらに最大通信速度が500kbpsから600kbpsの速度での通信がし放題となっているので、データ容量の制限を気にすることなくインターネットができます。

 

セットで購入できる端末(TONE m17)には耐衝撃機能や防水機能、耐傷機能の機能も備わっているため子どもが少々手荒に端末を取り扱っても故障しにくいですし、汚れても水洗いできる特徴もあります。

なお、TONEモバイルでは親子でセットで同社の格安スマホへ乗り換えた場合に優待価格で利用できるキャンペーンも度々行われているので、親子でTONEモバイルへ乗り換えるのも有効だと考えられます。

 

↓公式サイトへはこちらからどうぞ
お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

LINEをしたいと考えている子どもにはLINEモバイル!

スマートフォンでは主にLINEを利用したいと希望する子どもに最適と考えられるのが、LINEの系列会社が運営しているLINEモバイルの格安SIMで格安スマホを運用することとなります。

 

LINEモバイルは取り扱いのある3つのプラン全てでLINEアプリの利用がカウントフリーとなっているで、データ容量の残量を気にすることなくLINEのサービスを享受できます。

LINEしか利用しないのであれば同社の「LINEフリープラン」データ通信専用SIMで契約すれば十分と考えられます。

同プランをデータ通信専用SIMで契約した場合の月額基本使用料はわずか500円と破格の安さですし、契約期間の縛りもないので契約の自由度が高いメリットも享受できます。

↓LINEモバイル公式サイトはこちらからどうぞ
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!
 

 
いかがでしたか。

子どもの初めてのスマホに格安スマホを選択することのメリットについてお分かりいただけたでしょうか。

特にTONEモバイルには子どもを見守る機能が充実していますし、セットで購入できる端末も頑丈なので安心して持たせることができます。

コストパフォーマンスも非常に高いので節約志向が高い人には特におすすめです。

 




よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です