沈黙は罪!会議で発言することが苦手な人へ 会議で積極的に発言するための3つの方法







会議に参加する以上は、何か有益な発言をして、会議に貢献しなければなりません。

ただ黙って聞いているだけでは、参加する意義や資格がないとみなされてしまいます。

 

しかし、頭ではそうわかっていても、いざ会議の場になって発言しようとすると、なかなか勇気が出なくて発言できない、発言するのが苦手、という人も多いでしょう。

発言する気自体はあるだけに、自分でももどかしく思うはずです。

 

そこで、会議で発言したいのに、勇気が出ず発言できないで困っている人に向けて、会議で積極的に発言するための3つの方法をご紹介します。

 

会議前にひと手間かけ、会議に臨む際の意識を少し変えるだけで、発言しやすくなるので、ぜひ試してみてください。

 

1.事前準備を入念に行って、自信をもって会議に臨む

会議があると聞いて、何も準備をしないまま、ただ言われた日時に出席したとします。

そのような状態で迎えた会議で何か言えと言われても、自分の中に疑問や意見などないので、当然何も発言できず、発言する勇気も出てこないでしょう。

そうした事態を避けるためにも、会議前の準備をしっかり行っておく必要があります。

 

まず、「次回の会議は、来期の新商品開発について、大きな方向性を決めることだ」というように、議題とゴールを頭に入れておきます。

そのうえで、最近の市場動向、顧客のニーズ、商品に関する問題点などについて、一通り調べて整理しておきます。

その結果「最近の商品は顧客の~という意向が反映されていないのでは?」などの疑問点が浮かんでくるでしょう。

 

そうすると、「自分としては~という方向性で商品を開発すべきだと思う」という意見も出てくるはずです。

その根拠も、調べたことの中から説得力のあるデータや資料を用意できます。

 

このように、会議前に議題とゴールを頭に入れ、それに関する調査をし、疑問点や意見、根拠などを整理しておきましょう。

そうすれば、自信をもって会議に臨めて、発言できないなどの事態も回避できます。

 

2.発言はあくまで自分の納得と合意形成の手段にすぎないと捉える

ビジネスの現場では「会議で発言しない者はいないも同然だ」などと言われます。

しかしそうなると、「何が何でも発言しなければ!」とプレッシャーがかかり、かえって発言できない事態に陥ります。

そこで、考え方を見直す必要があります。

 

会議で大事なのは、議題について参加者が納得し、その末に結論を出すことです。

つまり、その目的達成が大事なのであり、発言すること自体が大事なのではありません。

よって、発言すること自体を過剰に重視するのはやめましょう。

 

前述の例なら、「来季の新商品開発について、参加者が納得したうえで方向性を決める」ことが大事なのです。

まず、この目的に意識を集中して、とにかくそれを達成することを重視しましょう。

 

そのうえで、事前に調べて出てきた商品の疑問点や意見について、データなどの根拠をもとに述べます。

この時、自分の意識は「発言が大事だから発言する」ではなく、「納得して方向性を決めたいから発言する」になっているはずです。

 

このように、会議の目的を大事にして、発言はその手段にすぎないというように、いい意味で軽く捉えましょう。

そうすれば、目的に意識が行き、手段の発言を過剰に重視せずに済むので、気が楽になり発言できない事態を回避できます。

 

3.発言の”完璧さ”、”わかりやすさ”にこだわりすぎない

発言することに過剰反応しないにしても、会議である以上発言自体はしなければなりません。

その際、完璧主義や律儀な人は、発言の完璧さやわかりやすさにこだわります。

その結果、失敗や批判を恐れて発言できない恐れがあります。

 

そこで、ここでも意識を変えましょう。

そもそも完璧な人間はおらず、経験豊富な上司でもわからないことは多々あります。

だからこそ、大勢でいろいろ意見を出し合って、出来る限り望ましい結論に達しようとするのです。

 

それを理解できれば、「完璧でなくてもいいんだ。一定の根拠さえ示せば発言していいし、聞いてもらえるんだ」と思えて気楽になり、会議で発言できない事態も防げるでしょう。

 

また、発言の際には「結論→根拠」「概要→詳細」などのようにわかりやすく話すのがベストではあります。

しかし、会議が白熱してくれば、話が込み入ったり整理されなかったりして、わかりにくくなることもあります。

 

それでも、熱意をもって根本的に大事なことさえ伝えれば、相手も多少わかりにくくても聞きたくなりますし、理解しようと歩み寄ってくれます。

よって、過剰に”わかりやすさ”にもこだわりすぎないことが大切です。

 

入念な準備で自信を持ち、気持ちも楽にすることで、発言しやすくする

 

会議で勇気が出なくて発言できないのは、準備不足で自信を持てないことが大きな原因です。

議題とゴールを念頭に置き、それについて一通り調べ、疑問点や意見などを洗い出しておいて、自信をもって会議に臨みましょう。

 

また、会議の目的は「各自が納得したうえで議題の結論を出すこと」であり、発言することはその手段にすぎません。

いい意味で「所詮手段だ」と割り切れれば、過剰なプレッシャーを感じずに済み、発言することへの心理的ハードルも下がります。

 

さらに、すべて完璧にわかりやすく話そうと思うと、またプレッシャーがかかってなかなか発言できないでしょう。

「多少わかりにくくても、熱意と言いたいことが伝われば十分だ」ぐらいの気持ちでいれば、気楽に発言しやすくなります。

 

このように、慎重な準備と楽観的な態度の双方があれば、自信をもってリラックスして会議に臨めて、自然に発言できるようになるはずです。

その結果、会議も活性化して、生産的な議論ができるでしょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です