一人暮らしのための生活費は何にどれ位かかる?







一人暮らしを始めるにあたってどの位の生活費が必要なのかはとても気になりますよね。

実際に始めてみないとわからないというのも実情ですが、一人暮らしを始めて慌てないように大体の相場を知っておくことも重要です。

一人暮らしの生活費には平均どの位掛かって、その割合はどうなっているのでしょうか。まとめてみました。

 

一人暮らしの生活費の相場は?

まず、一人暮らしの生活費としては、どんなものが挙げられるでしょうか。

家賃、光熱費(電気代、ガス代、水道代)、駐車場代、食費、日用品代、通信費(スマホや携帯代)、交際費などがあります。

 

そのそれぞれの相場についてご紹介すると、

  • 家賃40,000円~70,000円(都心と地方では相場が異なる)
  • 電気3,000円~4,000円(冬場は5,000円以上にも)
  • ガス3,000円~5,000円(都市ガスに比べプロパンガスは高い)
  • 水道2,000円
  • 駐車場5,000円(必要ない場合もあり)
  • 食費20,000~30,000円(自炊と外食では10,000円ほどの差も)
  • 日用品20,000円(洋服代も含む)
  • 通信費10,000円
  • 交際費10,000円

 

これらを合計すると月11万円~14万円ほどの生活費がかかる計算になります。

家賃の差が大きいため都心と地方で大きく異なり、平均した生活費は13万円などと言われています。

 

大卒の社会人の初任給が18~20万円ほどですので手取りだと14~16万円ほどになります。

都心の方が給料が高い傾向です。

 

これに基づいて給料から生活費を差し引くと2~3万円が手元に残るといった人が多く、ほとんど残らないという人もいるのが現状となっています。

ちょっと暗い話になってしまいますが、それでもボーナスなどがありますのでその分が貯金や好きなことに使えるお金になる計算になります。

 

生活費を抑えるコツはある?

ただ、やはり毎月のお金を多く残して生活していくのが一人暮らしの理想です。

できるだけ毎月の生活費を節約する方法を考えるようにするのがおすすめです。

 

家賃は給料の3分の1までに!

生活費を抑えるためにまず考えることは、生活費の大きな割合を占める家賃を給料の手取り金額の3分の1程度の金額に抑えることです。

  • 手取りが15万円なら5万円
  • 手取りが20万円なら6万6千円
  • 手取りが25万円なら8万3千円

 

上記が大体の目安となります。

住む場所によっては難しいこともあるかもしれませんが、できるだけ上記の範囲内で物件を見つけられるようにしましょう。

後で自分が後悔しない為にも、家賃が高くて毎月苦労している人が実際に多くいることも知っておきましょう。

 

何故家賃を抑えるのが大きな節約になるのか

何故、家賃を抑えることがいいのかというと、家賃は毎月必ず同じ額がかかるものだからです。

 

経費を考える場合に固定費と変動費という考え方があるのを知っていますか。

毎月使い方や気候やその他の条件によって変動する経費を変動費と言って、電気代やガス代、水道代はその都度変動して同じ金額ということにはなりません。

食費も全く同じものを食べない限りは同額ということにはならないでしょう。

 

必ず固定して払わなければならない家賃は、固定費で節約しようもないものです。

その為、最初からできれば低めの金額にしておくのが理想と言われています。

家賃を節約しておけば、他の生活費が高くかかった時に家賃が安くて良かったと思うことでしょう。



住宅補助の手当てがある企業もあるので下調べを行うべし

ただ、家賃は、住宅補助の手当が企業によって出る所もありますので、社会人であればその金額もしっかり把握しておくことが大切です。

住宅補助の手当の相場は1~2万円ですが、高い所では全額または8割程度の補助手当が出る企業もあります。

住宅補助の手当がたくさん出るのであればその限度内であれば高い家賃の家を借りても負担にはなりませんのでしっかり調べて借りましょう。

 

光熱費も工夫によって節約も可能!

電気、ガス、水道の光熱費も節約しようと工夫することで下げることができます。

工夫して努力した分が下がりますので節約しがいもあります。

詳しい節約方法についてはまた別記事にてご紹介しますが、特に電気、ガスは季節や使い方によって大きな差が出てきますので逆に節約もしやすい生活費です。

 

一人暮らしをスタートしたらまず光熱費にどの位かかっているのかを調べて節約するように心掛けるだけでも違ってきます。

大体の相場としっかり比べてみましょう。周りの人と比較するのもいいですね。

特に年間を通して大きく変動する光熱費なので夏場や冬のエアコン、お風呂などにかかる光熱費を節約することが大きな節約にもつながります。

 

食費の節約は継続すると大きなものに

あとは大きく変動する食費についてもできるだけ自炊をして節約しましょう。

月10,000円程変わってきますので自炊を目指しましょう。

 

最初は自炊のための炊飯器や電子レンジなどの調理家電や鍋やフライパンなど調理器具も購入する必要があって経費がかかります。

それでも長く一人暮らしをすることを考えたら自炊をすることが大きな節約になっていきます。

健康のためにも節約の為にもできるだけ自炊を心掛けてみましょう。



女性の場合は洋服代などにも注意が必要!

また、女性の場合は洋服代などに大きな生活費が掛かったりすることもありますので、一人暮らしでは注意も必要です。

月にどの位、年間どの位を洋服代に使うと言ったことを決めておくと使い過ぎたということもなくなります。

これまではあまり気にしていなかった洋服代も一人暮らしになると大きな金額になります。

 

一人暮らしの生活費は予算組みも

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしの生活費は、意外と多くかかってしまうためにあまり貯金に回せなくなるのが実情です。

一人暮らしでは、できるだけ毎月余裕が生まれるように生活費の予算を立てながらお金を使うことが重要です。

 

毎月同じにはいかないでしょうから、使い過ぎたと思った月には来月節約できるように計画を立てて予算を考えながら生活をしていくのがおすすめです。












よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です