デザイナーズ賃貸とはどんな物件?一人暮らし向き?不向き?







一人暮らしをするにあたっておしゃれなデザイナーズ賃貸物件への憧れがある人も多いでしょう。

デザイナーズ賃貸にはどんな物件があるのでしょうか。

またデザイナーズ賃貸は一人暮らしに向いている物件と言えるのでしょうのか。

そのメリット、デメリットをご紹介します。デザイナーズ物件を選ぶ参考にしてみて下さい。

 

デザイナーズ賃貸とは?

デザイナーズ賃貸といっても特定の形があるわけではなくいろいろな物件があります。

特徴的な外観、そして内装、個性的な間取りなどが魅力となっています。

人とは違ったデザイナーズ賃貸に住むことで自慢したくなるというのがデザイナーズ賃貸を借りる魅力です。

 

特徴的な外観

まず、デザイナーズ賃貸では、外観が通常と違って、おしゃれなモノや、可愛くなっているものが多くあります。

 

  • ヨーロッパ調の外観
  • コンクリートが印象的なモダンな外観
  • 一つ一つの部屋が入り組んだ造りとなった外観の建物
  • 大きな窓が印象的な外観
  • ほとんど窓がない造りの建物

 

上記のように、人の目を引くようなたくさんの種類の外観があります。

 

こだわりの内装

多くの人は、デザイナーズ賃貸の内装に期待を寄せています。

おしゃれな内装のデザイナーズ賃貸に住みたいと願う人が多くそれに応えた個性的な内装も多くなっています。

 

・コンクリート打ちっ放しのスタイリッシュな壁

・間接照明などをおしゃれに設置

・ガラス張りの明るくておしゃれなバスルーム

・床材・壁材・建具・壁紙・クロスなどにこだわった部屋

 

一般的な賃貸とは異なる内装になっていて、人に自慢したくなります。

 

個性的な間取り

部屋の間取りが変わっていて特徴的なスペースを作っているのがデザイナーズ賃貸です。

デザイン的にこだわった間取りが楽しめます。

 

  • 室内にらせん階段がある印象的な造り
  • 吹き抜けがあって高さがある部屋
  • おしゃれなロフトがある部屋
  • クローゼットや収納が個性的な造りの部屋
  • カウンターキッチンとなっていてカフェ風などの雰囲気があるキッチン

 

リノベーションしてデザイナーズ物件を作るケースも

デザイナーズ物件が最近増えている背景には、古い賃貸をリノベーションしてデザイナーズに生まれ変わらせているケースもあります。

せっかくリノベーションするならば”おしゃれに”と作られた賃貸物件ですね。

 

築年数的には古い物件もデザインや間取りなどが変わることで新しい雰囲気の賃貸になります。

あまり借り手がいなかった賃貸をおしゃれに変身させて人気のデザイナーズ賃貸にしている例も多くあります。

 

デザイナーズ・リノベーション物件の賃貸サイト「リノッタ(RENOTTA)」では、個性的な壁紙、床材や天井などの物件が多く紹介されています。こちらで専門的に探してみるのもいいのではないでしょうか。

 

デザイナーズ・リノベーション物件の賃貸サイト「リノッタ(RENOTTA)」https://renotta.jp

 

デザイナーズ賃貸は一人暮らしに向いている?

 

さて、そうしたおしゃれなデザイナーズ賃貸が一人暮らしをする物件として向いているのかどうかについてもそのメリット、デメリットから考えてみたいと思います。

 

デザイナーズ賃貸のメリットは?

デザイナーズ賃貸は、外観、内装と個性的ですが、特に内装は、住んでいる人にとってずっと見ながら生活するものです。

こだわった内装になっていることで満足を感じたり、癒されます。

一人で部屋で過ごすことが多く、部屋にこだわりたい、おしゃれな部屋に住みたい、部屋で思いっきり寛ぎたいという願う人には個性的な内装が魅力的で大きなメリットになります。

 

デメリットは?

ただ、デザイナーズ賃貸にはデメリットもあり、デザイン優先になってしまって実際に住んでみるといろいろと大変ということもあります。

 

  • 個性的な造りになっているために部屋の中が掃除しにくい
  • 吹き抜けなどがあると冷暖房があまり効かず、光熱費が高くなる
  • ずっと住むには生活スタイルが変わった時には対応できないことも多く、向いていないデザイナーズ賃貸もある、結婚したり、子どもができたら住みにくいなどと感じる
  • おしゃれな間接照明が行われていると部屋が暗くなり、その分他で余分に電気代が必要
  • 家賃が平均よりも高い

 

個性的なデザインにより、それぞれにデメリットが生じることもあるようです。

節約できないという点は一人暮らしには少し辛いかもしれません。

 

一人暮らしに向いているのかは機能性も大切!

デザイナーズ賃貸は、デメリットを考えるとデザイン優先になっていて機能面で掃除が大変や電気代がかかる、実際には使いにくいなどといったこともあることがわかります。

実際に毎日使う立場で部屋を見てみることも必要と言えます。

 

特に一人暮らしの場合には、日頃の生活のしやすさも大切で、毎日の掃除、洗濯、料理などがしやすい設備や造りなのか、生活しやすい動線なのか、節約した暮らしができるのかどうかも重要なポイントとなります。

機能面のチェックもしながらデザイナーズ賃貸を探してみるといいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

最後にデザイナーズ賃貸が独り暮らしに向いているのか?不向きか?といったことについては、住む人が何を重視するかによって変わってきます。

生活しやすい物件や、安い家賃を求めるならばデザイナーズ賃貸はあまり向いていないかもしれません。

 

逆に少し高くても、不便でも、おしゃれな物件に住みたい、部屋の空間を大切にする人には向いていると言えます。

機能性とおしゃれを兼ね備えた物件もあるはずです。

そういった物件を探してみても良いかもしれません。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です