犬の舌なめずりって何かのサイン?可愛いと見惚れているだけじゃダメ







ワンちゃんが舌をペロリっと出す時って、可愛いですよね。

いつするのかわからないので、写真におさめるのがとても難しいのですが、やっと一枚撮れました!

でもこのワンちゃんの舌なめずり、私みたいに可愛い!って呑気な事を言っていても良いのでしょうか?

今回は犬の舌なめずりについて調べていきます。

 

犬の舌なめずりは何かのサイン?

人間は理由がない限り、舌をペロペロ出したり自分の唇をしょっちゅう舐める事はしませんが、ワンちゃんは何かと舌なめずりをしていますよね?

実はこのワンちゃんの舌なめずりにも意味があったのです。

ワンちゃんが舌なめずりによって発しているサインについてご紹介します。

 

お腹が減っている

人間がすごく美味しい物を食べて、ソースが口元についた時などは、舌なめずりをしますよね。

ワンちゃんもお腹が減った時に、舌なめずりをする事があります。

うちの子達(ビーグル犬とダックス犬)は例えば、

「あ〜朝ごはんの時間だね〜」

なんて言うと「朝ごはん」の言葉を覚えていて時々舌をペロっと出して、

「待ってました!」というような表情をします。

 

ワンちゃんはごはんやおやつの時間を覚えていたり、エサを与えてくれる人を知っているので、ある時はその人の足音を聞いただけでもよだれを出すと言われています。

 

私がキッチンに立っていると、うちの子達は、「何かもらえるかな?」と注目していますし、ウエットフードを手作りしだすと、完璧に自分たちのごはんだ!とわかっていて、ずっとキッチンから離れません。

もちろんよだれもハンパないです!

 

この時によだれを拭く感じで、舌なめずりをするんですね。面白い!

 

お腹の調子が悪くて吐きそう

人間も吐き気がひどくなると、唾液がどんどん出てきませんか?

これはお腹の中から酸性の強い物を吐き出す時に、喉などの器官を傷つけないように守っている行為です。

そしてこの行為はワンちゃんにもみられ、何らかの理由で吐き気がする時に唾液がたくさん出てきます。

 

だから体調の悪いワンちゃんは、よだれをダラダラ流す事もあります。

そのよだれのために舌なめずりをし、しばらくすると嘔吐するという時があるのです。

 

ワンちゃんが食べ過ぎたり、何か誤飲してお腹の中の物をゴボっと吐き出して、その後よだれも舌なめずりもしなくなったら、大した事はないと思って良いでしょう。

ですがこの舌なめずりと嘔吐を繰り返す時は、病院に連れて行きましょうね。

 

そして驚いた事にワンちゃんも人間のように、「胸焼け」を起こします。

特に胃袋の小さい小型犬に多いのですが、お腹が好き過ぎると胃酸が上がってきて、胸焼けがします。

 

そのために舌なめずりする事もあるので、あなたのワンちゃんが小型犬の場合は、一度にたくさんのエサを与えるのではなく、少量を何度かに分けて与えるようにしましょう。

 

口の中が痛い!

 

人間も口内炎があると、痛くてうまく唾液を飲み込まなかったりしますよね。

ワンちゃんもこれと同じで、虫歯や歯肉炎などで痛みがある時に舌なめずりをします。

口の中が嫌な感じなので、この動作をするのです。

 

体調が悪い

 

これは良く飼い主からも見落とされがちなのですが、ワンちゃんの腎臓が弱っていたり肺炎になったりしていた場合、その痛みで舌なめずりをする事があります。

  • なんだか体調が悪い
  • 呼吸が苦しい
  • お腹が痛い

 

など体調不良の時も、舌なめずりで飼い主に知らせようとするのでこのサインを見逃さないように、注意を払いましょう。

 

不安を感じている

 

ワンちゃんがストレスを感じたり、不安になったりした時に自分を落ち着かせるために、舌なめずりをします。

飼い主が出張や旅行に行く前の準備で、スーツケースを持ち出すと舌なめずりをするというケースもあるくらいです。

「あ〜パパまたお出かけ?寂しくなるな〜」と不安になってストレスを感じているのです。

 

例えば私たちがワンちゃんの写真を撮ろうとして、この舌なめずりをする事もあります。

写真に撮られる事に慣れていないワンちゃんには、カメラを向けられるのが嫌でストレスを感じるのです。

 

他にはワンちゃんをドッグパークに連れて行った時に、舌なめずりする子もいます。

「これからパークで遊ぶけど、いじめっ子いないかな?」などとちょっと心配になっているのです。

 

それからドッグスクールに通わせる飼い主さんも多いですね。

車でドッグスクールに着いたら舌なめずりをするワンちゃんもいます。

これは、「また訓練か〜ちゃんとできるかな?」と不安になっているのです。

 

暇を持て余している

 

時々暇を持て余してあくびをした後で、舌なめずりをする事もあります。

「なんか面白い事ないかな?」

「外にだれかの犬いないかな?」

なんて考えているのでしょう。

この写真の時がまさにそうです。

 

うちの2ワンズが庭に出て、「なんか興奮する事ない?」と見回しているのです

 

構ってほしい!

しばらく飼い主に相手してもらってなかったり、寂しいと感じる時に舌なめずりをする事もあります。

「ね〜テレビ観るのそれくらいで、遊んでよ。」なんて言いたそうな顔して、隣りで舌なめずりしている事もありますよ。

 

まとめ

 

以上今回は、ワンちゃんが舌なめずりをした時のサインについてお話ししてきました。

もちろん舌なめずりだけを見て判断するのは難しいですが、他にワンちゃんがどのような姿勢なのか、呼吸はどうなのか、食欲はあるのかなど色々な面もチェックして、ワンちゃんの体調を確認しましょう。

時には可愛いはずの舌なめずりも、内臓の病気の時もあるので要注意です。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です