男性を見ると吠えたり逃げたりする男嫌いの犬|男性を好きになる方法







みなさんのワンちゃんは、男性を見るといきなり吠えたり怯えて逃げたりしませんか?

私のお友達のワンちゃんがそうでした。

息子さんが彼女の家を訪ねてくると、吠えながら逃げるので困ると言っていました。

 

調べてみると案外男嫌いなワンちゃんって、多いようです。

なぜ男性嫌いのワンちゃんが多いのでしょうか?今回はその理由について迫ってみました。

そしてワンちゃんに、男性を好きになってもらう方法もご紹介していきます。

 

犬にとって男性がトラウマになっている?

ワンちゃんが何かに怯えて、吠えながら逃げたりする時は何かのトラウマだと考えられます。

 

例えばうちのダックス犬のルビー。この子を養子にして初めてお散歩に連れて行った時に、運悪くでっかい「ごみ収集車」と同じ時間になってしまったのです。

ものすごい音をたてて近づいてくる収集車は、大きいトラックですから怖いはず。

私が散歩コースを変えて通りのコーナーに出てきたら、またそのトラックが!

これがまた繰り返されたので、仕方なくルビーを抱っこして帰ってきました。

もちろん怪獣みたいな物に追いかけられたと思ったうちの小さなダックス犬のルビーは、完全にごみ収集車のトラウマになってしまいました。

遠くからでもこのトラックを見ると外出しようとしません。

 

このように子犬の時に何か恐ろしい経験をしたら、ワンちゃんもその後恐ろしかった事を覚えているのです。

とはいえワンちゃん全般に「男性に向かって吠える」という事が言えるのは、一体なぜなのでしょうか?

 

犬が男性を嫌う理由

子犬の頃から男性に逢ったことがない

子犬の頃から男性に触れあっていないワンちゃんは男性を嫌うという傾向が考えられます。

ワンちゃんが生まれ育った環境の中で、男性がいなければ成犬になった後も男性が苦手というワンちゃんになってしまうかもしれません。

それではそんなワンちゃんが、男性のどこを怖がっているのかみていきましょう。

 

女性よりも大きい

普通の大人の男性は、女性よりも背が高く体格も大きいので男性を見た時に、ワンちゃんが圧倒される事があります。

臆病なワンちゃんは男性が大きくて怖くて苦手という理由もあるでしょう。

 

男性の声は低い

大人の男性の声は、女性の声よりも低くて深い声です。

大抵の女性はワンちゃんを見たら、赤ちゃんをあやすような声を出して近づきます。

それに慣れているワンちゃんが、男性の低い声を聞くと恐ろしいと思ってしまうのです。

 

毛が濃いのが苦手

男性の中にはあごひげや、口ひげを生やしている人がいますね。

当然女性にはないわけで、男性のひげを見るとまるでケモノのようで、警戒してしまうのです。

 

帽子で顔が良く見えない

男性が帽子をかぶっている時も、ワンちゃんが怖がる事が多いと良く聞きます。

なので私がドッグシッターをしに行く時は、初対面で帽子はかぶって行かないようにしています。

帽子をかぶるのは、そのワンちゃんに慣れてきてからにしています。

ワンちゃんは相手の顔が見えずに、帽子のツバが先に見えて自分に襲ってくるように見えるので、怯えるのです。

 

男性の動きは荒い

男性がワンちゃんにアプローチする動作が、女性よりもスピードが速く荒いとも言われています。

ゆっくり優しく近づいてくる女性よりも、ドシドシと寄ってくる男性は怖く感じるのです。

 

フェロモンが違う

人間の男性ホルモンと女性ホルモンの違いで、ワンちゃんには男性と女性の臭いが全く違ってきます。

人間は気付きませんが、ワンちゃんはこの繊細なフェロモンの臭いを嗅ぎ分ける事が可能です。

ワンちゃんも全てママ(女性)から産まれてきて、小さい時はずっと母親によって育てられます。

なのでいつも女性のホルモンを嗅ぎながら、暮らしてきたという事になります。

だから女性の臭いに慣れていて安心感を得られますが、男性の臭いには違和感があって吠えたりするのです。

 

犬に男性を好きになってもらう方法

ご主人の場合

例えばあなたのワンちゃんが、ご主人の事を怖がると仮定します。

ご主人に次の事をやってもらいましょう。

  1. ワンちゃんの目を見ず、口も聞かずに少し離れたところにしゃがんでじっとしておきます。
  2. しばらく黙ってじっとしていて、ワンちゃんが少し近づいてきたら、ワンちゃんの大好きなおやつをワンちゃんの近く一つだけに投げます。(この時にワンちゃんにぶつけないように、優しく投げてください。)
  3. ワンちゃんがおやつを食べてまたゆっくりあなたに近づいてくるまで、辛抱強く待ちます。(ワンちゃんの目を見ず、口も聞きません。)
  4. ワンちゃんが近づいてきたら、また優しくワンちゃんの近くにおやつを投げて、じっと待ちます。
  5. ワンちゃんがあなたのそばにきて初めて、笑顔と優しい声で「良い子だね〜」と撫でながらおやつをあげます。(興奮した声はあげない事)

 

これを面倒でもご主人が帰ってきた時に、何度か繰り返してもらいましょう。

そのうちワンちゃんは、「この男性は優しくておやつをくれる!」とわかるようになり、ご主人の事が大好きになります。

 

お客様の場合には

例えばホームパーティーを開くとして、男性のゲストが来られるとします。

その場合は玄関先にワンちゃんのおやつを置いておき、その男性が家に入ってくる時にワンちゃんにおやつをあげながら入ってくるように、お願いしておきましょう。

全ての男性ゲストがそうしてくれればワンちゃんは、「男の人も優しいんだ!」と思うようになるのです。

 

まとめ

 

今回はワンちゃんがなぜ男嫌いなのか、という理由をお伝えしてきました。

男性の体格や声、動作や臭いなどがワンちゃんにとっては怖いという事がわかりました。

ですがせっかく家族に迎え入れたのに、あなたのご主人になつかないと悲しいですよね。

そんな時はご紹介した方法で、根気よく辛抱強くワンちゃんが心を開いてくれるまで、頑張ってみてください。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です