分離不安症の犬のトラブル解消!犬の分離不安症の症状と治し方を紹介!







分離不安症とは、人間の赤ちゃんがママから引き離された時に起こすパニック状態の事ですが、あなたの愛犬にも表れる事があります。

最近のワンちゃんで特に室内犬は甘やかされて育っているため、この分離不安症を起こすワンちゃんが多いのです。

 

今回は犬の分離不安症症状と、その治し方をお話ししていきます。

 

何故ワンちゃんは分離不安症になるのか?

最近の室内犬は甘やかされて育つために、自分を犬(ペット)とは思わず家族の一員の人間と思い込んでいます。

私はそれでも構わないと思っているのですが、ワンちゃんからすると家族と離れるのが不安になってしまい、精神的にコントロールができなくなる時があるのです。

 

この症候群は、シェルターから保護したワンちゃんにも良く見られる症状です。

シェルターで寂しい思いをしていてやっと里親が見つかったのですから、1人になるとまた捨てられるのではないかな?と不安になるのは当然ですよね。

 

このワンちゃんの分離不安症は様々な弊害を及ぼす場合があるので、症状がでてしまっている場合は治してあげられるようにした方が良いでしょう。

 

分離不安症の症状

 

それでは、犬の分離不安症の症状をご紹介していきたいと思います。

以下のような症状があれば分離不安症をおこしている可能性がありますので、注意しましょう。

 

飼い主が家にいる時

  • 飼い主が家にいても、トイレもお風呂もどこでもつきまとう
  • 飼い主が出かけようと準備をしだすと、そわそわして「クーンクーン」と鳴き出す

 

飼い主が出かけて1匹で留守番中

  • 飼い主が帰って来るまで、絶えず鳴き続ける
  • してはいけないところで、おしっこやうんちをする
  • 家具や壁などをかじり回る
  • 自分の尻尾をかじる

 

飼い主にとってワンちゃんが後を追いかけて来るのはとても可愛い事ですが、仕事から疲れて帰ってきたらソファーがかじられて骨になってたとか、あちこちに粗相をしていたらがっくりするはずです。

それだけではなく、飼い主がいない間ずっと鳴き続けるためにご近所の騒音問題に発展して、ワンちゃんを取り上げられたというケースもあります。

そして症状がひどい時は、自分の尻尾から血が出るほど噛みちぎる子もいるのです。

 

このように分離不安症は、ワンちゃんにとってもストレスがかかってしまう症状なので治してあげる必要があるのです。

 

分離不安症の治し方

 

分離不安症の治し方について紹介していきます。

分離不安症はワンちゃんの精神的なものでもあるので、この方法で必ず治るというものはありませんが、ご紹介する方法やポイントを飼い主が意識することで治る場合もありますので、是非試せるものから試してみて下さい。

 

飼い主が出かける前に散歩に連れて行く

「疲れた犬=幸せな犬」です。

飼い主がいない留守番中に無駄なエネルギーが残っていないように、お散歩に連れて行きましょう。

 

要するにワンちゃんを疲れさせてあげると、留守番中に眠くなって比較的簡単に1匹でも過ごす事ができるようになります。

 

飼い主が家を出る時は、静かに出て行く

私もですが大半の飼い主は外出する時に、

「すぐ帰ってくるからね〜お利口さんに待っててね。大好きだよ〜!」

こんな風に声をかけて行かれるのではないでしょうか。

 

うちの子達は分離不安症がないのでこれでも良いのですが、分離不安があるワンちゃんだとこの大げさな挨拶を受けると、

「あ〜また1人になっちゃう!嫌だよ〜!」

とパニックになってしまうのです。

 

興奮してエキサイトした状態にワンちゃんをさせて、飼い主が出かけるのは良くありません。

飼い主が家を出る時は、静かに準備をしてワンちゃんの目を見ないで、無言でゆっくり出て行くようにします。

慌てて走ったりしてはいけません。

「ワンちゃんの目を見ないで、無言で静かに出て行く」

これを毎日繰り返してみましょう。

 

飼い主が落ち着いて出て行くと、ワンちゃんも落ち着いた状態で留守番ができるようになります。

 

可愛そうだな〜と思わない

飼い主が出て行く時に、「うちの子留守番しなきゃいけなくて可哀想。」と思うのは当然です。

ですがあなたのそのネガティブな雰囲気をワンちゃんは鋭く受け取ってしまい、結局パニックを起こす事になるのです。

「私はちゃんと帰って来るのだから、ワンちゃんは留守番でも大丈夫!」

としっかり自分に言い聞かせて、ネガティブエネルギーを発しないように心がけましょう。

 

テレビか音楽をかけていく

うちの子達は分離不安ではありませんが、留守番をさせる時は必ず音楽をかけて出かけます。

テレビにワンちゃんの好きな音楽を一日中流してくれるチャンネルがあるので、それをつけて行くようにしています。

実際にテレビや音楽が流れていると、ワンちゃんが留守番中に落ち着くというアメリカの調査結果が出ています。

 

ペットシッターを頼む

長時間ワンちゃんを留守番させる場合は、ペットシッターやドッグウオーカーなどを頼んで、お散歩に連れて行ってもらうという方法もあります。

この子は私がドッグシッターするダックスフンドミックスのワンちゃんですが、分離不安があるのでこうやって飼い主がいないとゴミ箱をかじろうとします。

オーナーから自分の愛犬が分離不安だから、私に来てお散歩をさせて欲しいと頼まれました。

30分もお散歩に行くと疲れて、すぐベッドで横になっていますし、オーナーも私がお散歩に連れて行くようになってからご近所に聞きに行ったそうで、留守中に鳴かなくなったと喜ばれました。

 

まとめ

 

今回は愛犬の分離不安症についてお話ししてきました。

犬の分離不安症を治す方法、ポイントとしては

  • 飼い主が外出する前にお散歩に行く
  • 出かける時は静かに出て行く
  • 可哀想だと思わない
  • テレビや音楽をかけて行く
  • ペットシッターなどに頼んで散歩させてもらう

などがあります。

飼い主として出かける時に無言で出るのが気が引けると思うのなら、出かける寸前ではなく數十分前に落ち着いた声で、「行ってくるからね。」という感じで伝えておいても良いでしょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です