餌に食いついてくれない!犬がエサを食べない時に考えられる原因と対策




ドッグシッターを長く続けていると、「うちの犬がちっとも餌を食べてくれないの。」という悩みを良く耳にします。

幸いうちのワンちゃん達は今のところ、何にでも食いつきが良いので助かっていますが、ワンちゃんに食欲がないのは心配です。

 

こんな風にワンちゃんがエサを食べてくれないのには、何かの原因があるのでしょうか?

それを探りながら、対策もご説明していきます。

 

犬がエサを食べない原因

 

まずは犬がエサを食べない時に考えられる原因をご紹介します。

 

運動不足

人間でも1日ダラダラ過ごしていると、お腹空きませんよね。

ワンちゃんも同じ事。

お散歩毎日行けていますか?

たくさん遊べているでしょうか?

 

例えばボクサー犬のようなエネルギッシュなワンちゃんなら、1時間のお散歩やジョギングが1日2回必要なのです。

たくさん運動をして疲れたワンちゃんは「幸せなワンちゃん」だと覚えておいてください。

 

歯や歯ぐきが痛い

特にシニア以上の高齢のワンちゃんの場合は、歯肉炎になったり虫歯がひどくなっている時があり、『噛みたくない』『食べたくない』という場合があります。

最近口臭がキツかったり、よだれがひどくなったという事はありませんか?

そういった症状があれば口内の調子が悪いのかもしれません。

ワンちゃんの歯や歯茎の調子が悪そうであれば、病院に行くなどして獣医さんに診てもらいましょう。

犬の歯磨きがなぜ必要なのか?歯磨きをする効果とは?磨き方公開

2018.03.27

 

そのエサを前食べた時に病気した

以前そのエサを食べていた時にワンちゃんの体調が悪く、エサを食べたすぐ「オエ〜っ」と嘔吐したという経験はありませんか?

このような事でもワンちゃんはトラウマなって、

「あのエサ食べた時に吐いたから、見たくない。」

なんて思うものです。

ワンちゃんは案外繊細なのです。

 

薬をあげたり予防接種を受けた後

ワンちゃんには毎月のノミやダニ、フィラリアの薬を飲ませてあげる事と、毎年の混合ワクチンを受けさせる事がとても大事です。

ですがこれらの薬に若干副作用がついてくるのも事実です。

あなたのワンちゃんはワクチンを受けたり、薬をあげた後ではありませんか?

ワクチンを受けたり、薬を飲んだ後は犬の食欲がなくなることがあります。

 

ドッグフードの質がわるい

ワンちゃんを飼うのにはドッグフード代以外にも沢山のお金がかかり大変です。

ですが、だからといって安価なドッグフードをあげて良い、という理由にはなりません。

 

安価で添加物や着色料の多く含まれたドッグフードを与え続けていると、ワンちゃんの体調が悪くなり食べられなくなる事があります。

そしてワンちゃん自体も敏感な鼻を持っているので、「何だかこのフード美味しくないし、身体に良くなさそう。」と思っていて食いつきが悪くなっているのかもしれません。

 

いつもの食事の時間じゃない

例えばあなたの職場の時間帯が変わったので、ワンちゃんにエサを与える時間も変えた、という事はありませんか?

ワンちゃんは習慣付いている行動が大好きです。

 

うちの子達も毎朝決まった時間に、私たちを起こしますし食事の時間にはおねだりに来ます。

そんないつものルティーンが変わった時は、ワンちゃんが受け入れにくい事があるのです。

 

おやつの与え過ぎ

普通のドッグフードを食べないからといって、おやつをあげ過ぎていませんか?

ワンちゃんは頭が良いので、「これ食べなくてもおやつくれる!」とすぐ学んでしまいます。

だから普通のドッグフードを食べなくなる事があるのです。

 

引っ越しした

ワンちゃんは自分の環境が変わるのを嫌います。

最近引っ越しませんでしたか?

それとか最近シェルターから、保護したワンちゃんではありませんか?

 

このようなワンちゃんは今まで住んでいた環境が変わってストレスを受けているので、今の住居に慣れるまでしばらく時間がかかりますので、慣れるまで焦らずに待ってみてください。

 

エサを食べていた時に驚かされた

例えば最近エサを食べている時に、そばにいた誰かが大きな声を出したとか、何か大きいものを落としてすごい音が出た、なんて事はありませんか?

 

ワンちゃんがエサを食べている時にそのようなショックを与えられると、エサを食べるのが怖くなってしまう事があります。

 

高齢

人間も年をとると昔の若い時みたいに、食べれなくなりますよね。

ワンちゃんも同じで、シニア以上の高齢犬になると食が細ってきます。

このように高齢でワンちゃんの食が細くなるのは自然ですので、それほど気にする必要はないでしょう。

 

犬がエサを食べない時の対策

 

次に犬がエサを食べない時はどのように対策したら良いかをご紹介します。

 

運動させる

まずはお散歩に連れて行ったり、遊んだりして運動をさせ気晴らししましょう。

人間も家でぐーたらしているよりは外で運動した方がお腹がすきますよね?

犬も全く同じです。お散歩から疲れて帰ってきたら、案外エサに食いつく事が多いものです。

 

ドッグフードを変える

ドッグフードの質を調べて、ナチュラルなものに変えてみましょう。

高価だから良いドッグフードとは限りません。

良く成分をチェックし、良質なドッグフードを選びましょう。

こちらの記事にあるカナガンフードはおすすめですよ。

犬のドッグフードに迷ったら?無添加で安全なカナガンフードのご紹介!

2018.03.28

 

納豆をあげてみる

最近の日本の獣医さんの間で一押しなのが「納豆」です。

人間にもとても健康的な納豆は、大豆アレルギーのないワンちゃんなら安心して食べられます。

このようなフリーズドライのワンちゃん専用納豆もあるので、砕いてエサにまぶしてあげてみてください。

 

びっくりするほど食いつきが良くなるかもしれませんよ!

人間の納豆をあげる時は少量にして、調味料は一切加えないで与えてください。

 

あまり神経質にならない

ワンちゃんが食べてくれないと飼い主は心配ですが、あまり神経質にならずにしばらく様子をみる事も大事です。

エサを置いて10分たっても食べていない場合は、サッサと片付けます。

少しはワンちゃんをお腹空かせた方が、効果が出る事もあるのです。

 

まとめ

 

今回はワンちゃんがエサを食べてくれない原因と、それに対する対策をお話ししてきました。

 

ワンちゃんの運動不足やエサの質の問題、あとはおやつの与えすぎにも注意が必要です。

ワンちゃんの食欲不振解消の為に納豆を食べさせてみるというのは面白い方法ではないでしょうか?

 

犬がエサを食べないことには色々な原因が考えられますが、何を試してもエサを食べないでどんどん痩せてくるようでしたら、シリアスな病気かもしれないので病院で診察を受けさせるようにしてください。












よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です