言いたいことが伝わらない!言いたいことを上手く伝える3つの方法







上司への報告や顧客へのプレゼンなど、誰かに話をする機会は多々あります。

その時、言いたいことはたしかにあるのに、うまく伝えることができなくて悩んでいる人もいるでしょう。

 

その場合、自分自身もそういう自分にイライラします。

また、相手も忙しい中わざわざ時間を割いて聞いているわけですから、「言いたいことをはっきりさせてくれ!」と苛立つでしょう。

 

その結果関係が悪化しては、仕事に支障をきたします。

それを避けるためにも、言いたいことがあるのにうまく説明できずに悩んでいる人に向けて、それをうまく伝える3つの方法をご説明します。

 

普段の心がけとちょっとした話し方の工夫で、言いたいことがうまく伝わりますので、その方法をぜひ試してください。

 

1.自分自身が話の内容をしっかり理解しておく

 

言いたいことをうまく伝えることができないのは、そもそも自分がその内容をよくわかっていない場合が多いです。

自分が理解していないことを、他人にわかりやすく説明することなどできません。

 

そこで、他人に話をする前に、まずは自分でその内容をしっかり理解しておきましょう。

例えば、何かの事実関係を報告する場合は、5W1Hを軸に整理するとよいでしょう。

※いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)

 

「今日(いつ)、〇〇社(どこで)に営業に行くと、先方の課長が(誰が)、こちらが提案した新サービスについて(何について)、役員会で好反応だったため(なぜ)、導入検討中だと答えてくれた(どうした)」

といった感じです。

 

また、事実を踏まえた意見を言う場合は、テーマと主張、根拠について整理しておく方法がよいでしょう。

その際、根拠は3つ程度が多すぎず少なすぎずでわかりやすいです。

 

「提案済みの新サービスについて(テーマ)、積極的に提案を進めたい(主張)。なぜなら、①これを機に継続取引が見込めて、②利益が大きく、③時間をあけると他社に出し抜かれるから(根拠)」

という感じです。

 

このように、一定の軸に従って言いたいことを整理して把握する方法をとりましょう。

そうすれば、話をしながら訳がわからなくなって、うまく伝えることができなくなる恐れもなくなります。

 

2.「自分が今何の話をしているのか」を常に念頭に置いておく

 

会話は相手があってのものですから、相手の反応によって話があちらこちらに飛んでいく可能性があります。

そのうち何を話しているのかわからなくなり、言いたいこともうまく伝えることができなくなってしまいます。

 

そうならないように、常に「自分が今何の話をしているのか」を念頭に置きつつ会話をやり取りしましょう。

上記の例でいえば、営業報告をする際、上司の話をよく聞いて、「今は先方の役員会の反応を聞かれているのだな」などと理解します。

 

そうすれば、自分も「今日の営業活動全体の中で、先方の役員会の反応を詳しく話すべきだ」とわかり、その点に集中して詳しく説明できます。

話している最中も、その話をしていることがわかっているので安心できます。

 

これは、知らない土地に行って地図を片手に目的地を探す方法と似ています。

現地周辺の地図を見て、今自分がどこにいるのか現在地を確認しながら進んでいけば、道に迷わずにたどり着くことができます。

 

整理しておいた話の内容という地図を頭に入れておき、それを思い出しながら「今何の話をしているのか」という現在地を確認しつつ説明する方法により、言いたいことをうまく伝えることができ、会話をスムーズに進められます。

 

3.相手にとって身近な具体例を挙げながら説明する

以上の方法を実践するだけでも、言いたいことをかなりうまく伝えることができます。

しかし、場合によっては、相手がどこかピンと来ておらず、わかったようでいまひとつわかっていないというケースもあります。

 

それは、頭では理解できても、イメージが湧いてこないことが原因です。

そこで、相手にとって身近な具体例を挙げて、「なるほど!そういうことか」と納得してもらう方法をとりましょう。

 

前述の例で言うと、積極的に提案を進める根拠の1つとして、継続取引が見込めることを挙げます。

その際、上司と以前別の取引先に、同じように営業をして継続取引に持ち込めていたとします。

 

そこで、

「この案件を進めることで、△△社の時と同じ流れで継続取引に持ち込めます」

などと説明します。

 

そうすれば、上司にとっても経験済みの身近な話なので、

「それならきっとうまくいくね」

と納得してくれるでしょう。

 

このように、抽象的な説明に加え、相手にとって身近な具体例も挙げつつ説明することで、理論と事例の双方が示され、相手の納得度も高まります。

この方法も取り入れれば、言いたいことをよりうまく伝えることができます。

 

自分自身の理解と、相手にイメージを持たせることが大事

言いたいことをうまく伝える方法として、自分自身が話の内容を整理して理解しておくことがまず必要です。

事実関係なら5W1H、意見を述べるならテーマ・主張・根拠などのように、何らかの軸に従って話をまとめておきましょう。

 

そのうえで、実際に話をするときは、「今自分は何の話をしているのか」を常に念頭に置くようにしましょう。

地図を片手に現在地を確認しつつ進むように、整理しておいた話をもとに「今している話」を確認しつつ会話を進めましょう。

 

また、そうした話をする際に、抽象的な説明だけでは相手も腑に落ちないかもしれません。

そこで、相手にとって身近な具体例を挙げることで、イメージを持ってもらいやすくする必要もあります。

 

このように、自分自身がまず話の内容を理解しておくこと、そして相手にイメージを持たせることを心掛けてください。

そうすれば、言いたいことをスムーズに伝えることができ、意思疎通も円滑になり、仕事も迅速にこなせるでしょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です