初対面の相手と会話をスムーズに進めるための方法をご紹介します







仕事に関して初対面の相手と会話する機会は多々あるでしょう。

人事異動で新しい職場に配属されたり、営業で新規先を訪問したりなど、様々な機会があります。

 

そこで上手く会話を運べないと、信頼関係も築けなくなり、仕事も滞ってしまいます。

逆に上手く会話する方法を心得ていれば、初対面の相手でもすぐに打ち解けて、仕事がスムーズに捗ります。

 

そこで、初対面の相手との会話が上手く行かずに悩んでいる人に向けて、この記事では、それを自然にこなし、仕事や人間関係を円滑にする4つの方法をご紹介します。

 

ちょっとしたコツや方法を身に付けるだけで、会話の仕方や相手との関係も変わりますので、ぜひ実践してみて下さい。

 

1.普段からアンテナを張り巡らせて、幅広く情報収集しておく

初対面の相手は、何に関心があるかなどがわかりません。

それでも、何とかして会話の糸口を見つけて、関係を築いていかなければなりません。

 

そうした糸口を見つけやすくするためにも、普段から世の中全体にアンテナを張り巡らせて、幅広く情報収集しておくことが大切です。

テレビや新聞、ネットや書籍、知人など、様々な情報源を駆使してネタを集めておきましょう。

 

またそれだけでなく、「このネタはこういう人との会話に生かせそうだ」などと、会話に生かす方法までイメージしておけば、さらに効果的です。

 

このように地道に情報収集しておく方法が、初対面の相手との会話を上手くしていくには欠かせません。

 

2.アイスブレイキングを入れて緊張を解きほぐす

 

初対面の相手とは、お互いにどういう人物なのかがわからず、初めは緊張しています。

そんな中で、いきなり込み入った話や仕事の本題に切り込んでは相手も困惑するので、初対面の相手との会話の方法としては妥当ではありません。

 

そこで、まずは簡単に自己紹介し、当たり障りのない話題から振っていきましょう。

例えば、今日の天気や最近の景気動向、テレビやネットで話題になっているニュースなどをネタにするとよいでしょう。

 

ここで大事なのは、とにかく相手と何らかのやり取りをして、緊張を解きほぐすということです。

よって、思想信条にかかわることや意見が対立しそうな問題は、避けた方が無難です。

政治の話、宗教の話、学歴の話、家庭問題の話、応援球団の話、などは、訊かれたくない、または偏見や対立を生みやすい話題なので避けたほうが良いでしょう。

 

まずは無難な会話から、話しやすい雰囲気を作ることが、初対面の相手と上手く会話する方法として求められます。

 

3.聞き役に徹して情報収集し、話を続けられそうなネタをつかむ

 

上記のように初対面の相手に対し、アイスブレイキングを入れて緊張がほぐれたら、さらに関係を深めるために本題に入るなどしていきます。

しかしその際、相手の関心事が何かわからなければ、そこで会話は途切れてしまいます。

 

そこで会話を続ける方法として、まず聞き役に徹して、相手について情報収集することが大切です。

当たり障りのない話から徐々に込み入った話をしていく中で、相手が食いついたり積極的に話したりすることがありえます。

 

例えば、スポーツの話題はあまり盛り上がらなかったのに、車の自動運転の技術や方法のニュースに食いついてきたら、車や科学技術に関心が深いことがわかります。

それにより、それが話を続けられそうなネタだと判断がつくでしょう。

 

初対面の相手には聞き役になり、会話が続きそうなネタを探し出すことが、関係を深める方法として重要です。

 

4.一問一答で終わらせず、話を続けて行き深めていく

以上のように初対面の相手とも話せるネタを見つけたら、それを生かしてさらに会話を続けていかなければなりません。

しかし「はい」「そうですね」などと一問一答のような会話で終わると、せっかくのネタも宝の持ち腐れになってしまいます。

 

そこで会話を続ける方法として、とにかく自分も興味があることを示すことが大切です。

相槌を打ったり、「なるほど」などと言って感心した素振りを見せたり、身を乗り出して聞こうとしたりします。

 

また「なぜそうなったんでしょう」「その後どうなったんですか」「それだと○○になってしまうのでは?」などと言って、会話を発展させていくように仕向けます。

 

このように初対面の相手とは、関心を示しつつ話を続けて深めていくことが、会話を上手く運ぶ方法として大事です。

 

緊張をほぐし、話のネタをつかんで深めていき、相手の心を開いていく

初対面の相手と上手く会話をする方法として、普段からアンテナを張り巡らせて、幅広く情報収集しておく努力が欠かせません。

そのうえで、実際に対面したら、時事ネタなど当たり障りのない話から入り、緊張をほぐすことが大切です。

 

そうして話をしているうちに、相手が関心のあるネタも見えてきますし、また見つけようと注意する必要もあります。

そこでそのネタが見つかったら、それに興味があることを態度で示し、問いかけるなどして発展させていくべきです。

 

このように、日々の情報収集、本番の会話でのフランクな姿勢と積極的な態度により、初対面の相手でも自分に心を開いてもらえる確率が高まります。

この方法を実践していけば、仕事や人間関係も円滑に進めていけるでしょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です