『ギガントショック』シンクホールのプルプス攻略について







ギガントショックのシンクホールのプルプス攻略についてまとめていきます。

シンクホール最初のステージということで簡単なステージであまり負けることはないと思います。

ただ、失敗してしまうと長い持久戦になることもあるので注意しましょう。

プルプスを最速攻略したい!という方はぜひ読んでみて下さい。
 

GIGANT SHOCK 【ギガントショック】
GIGANT SHOCK 【ギガントショック】
開発元:NEXON Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

プルプスの情報


属性:
木属性
弱点部位:ランダムに出現するトゲ
プルプスの攻撃:トゲによる効果、時折手に持つ武器で攻撃
ワーニング攻撃:有り

 

プルプスは本体に弱点を持たないギガントです。

時間経過でランダムに出現・成長する3色のトゲが弱点兼プルプスの攻撃となっています。

トゲによる効果攻撃だけでなく、プルプス本体からの攻撃もあるのでトゲを攻撃しつつ、本体の攻撃を回避する立ち回りが必要です。

本体の攻撃は回避しやすい単純な動きが主なので、シールド系のプロテクターでも十分防ぐことができます。

 

攻略におすすめのハンター

 

◆アタッカー

タチアナ(スキル:フォーカススマッシュ)

タチアナ(スキル:フォーカススマッシュ)はチャージしてからトゲを攻撃できるので、一撃でトゲを破壊できるのが最大の魅力です。

攻撃を外した場合復帰に時間はかかりますが、頭や腰、脇など当てやすい部位のトゲを破壊するのに適しています。

 

エヴァ(スキル:マナマシンガン)

エヴァ(スキル:マナマシンガン)は攻撃し続けることが可能なハンターなので、トゲにカーソルが向けやすく、カーソルがずれても修正しやすいです。

ただ、威力が低いのでトゲを破壊するには何発か連続して撃ち続ける必要があります。

 

◆アシスター

アレキサンダー(スキル:キングボム)

アレキサンダー(スキル:キングボム)は強力なボムを敵に付着させることができるのですが、ボムの爆発には範囲があるので付着箇所によってはトゲを破壊することも可能です。

トゲにも付着することができるので便利です。

 

◆プロテクター

リリィ(スキル:ショックシールド)

直接攻撃であればプルプスの行動を抑えることができ、属性関係では有利なので被害ダメージを抑えることができます。

実質ガードすることはほぼないので、どのプロテクターでも構いません。ダメージを抑えたい場合はリリィ(スキル:ショックシールド)を採用しましょう。

 

プルプス戦でこのハンターは使わない方がいい

 

プルプス戦でおすすめしないハンターは、ホーミングコメットアーミードローンなどの自動で照準を合わせるアタッカーです。

トゲはプルプスの上半身のいたるところに出現するので、攻撃しにくい箇所にも出現します。

正面に弱点が無いと攻撃が当たりません。

両方とも自動照準のアタッカーにすると、持久戦を強いられてしまうので注意してください。

 

プルプス攻略のコツ1:トゲを攻撃しよう!

先ほども書いたようにプルプスの弱点はトゲです。

その他の場所を攻撃しても大きなダメージを与えられるわけではないので注意しましょう。

トゲは赤、緑、青の3種類あり、基本よく出てくるのは緑です。

それぞれ効果があり、緑は直接ダメージ、赤はダメージエリア、青は視界妨害になっています。

まずは直接ダメージなる緑の破壊を優先しましょう。

 

プルプス攻略のコツ2:本体からの攻撃を見逃さない

トゲの破壊がプルプス攻略の必須事項なのですが、プルプス本体からの攻撃ももちろんあります。

トゲにばかり気を取られているとプルプス本体の攻撃を見逃してしまう可能性があるので注意しましょう。

さらに攻撃する際まっすぐこちらを見るので、背中部分にあるトゲには攻撃できなくなります。

攻撃が頻繁になるとトゲ破壊が難しくなるので、その際は持久戦で進めていきましょう。

 

ちなみに武器などの部位破壊はできず、武器に攻撃するとブロックされるようになっています。

 

まとめ

 

今回はシンクホール1つ目のステージ、プルプスについて攻略をまとめました。

プルプスは最初に解放されるステージだけあって負けることは早々ないと思います。

ただ、弱点が特殊なので、ダメージを与えるのに少々苦労してしまいます。

特に攻撃を連続して行われるとなかなか背中に出現したトゲを攻撃できません。そういう時は慌てず持久戦にしましょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です