健康診断や病院での検査の基準値の決め方や見方が知りたい!同じ検査なのに基準値が違うことがある?







健康診断や病院での検査で、検査の基準値が変わっていたらびっくりしてしまいますね。

そもそも、昔は「正常値」と呼ばれていたはずなのに、いつの間にか「基準値」と呼び方が変わっているのも不思議ではありませんか?

 

そこで今回は

  • 検査の基準値とはどのように決まるのか
  • 基準値と正常値はどう違うのか
  • 「基準値から外れた=病気」なのか
  • 基準値内に入っていれば健康だと思っていいのか

など、病院での検査や健康診断の基準値についてご紹介していきます。

 

健康の基準値ってどうやって決まるの?

あなたは、健康診断や病院での検査の基準値がどのように決められるか知っていますか?

これらの検査の健康であるという基準値は統計学の手法で決められています。

 

検査の基準値を決める時には健康な人をたくさん集めて検査を行います。

検査結果には個人差があるので、ある程度数値がばらつきますよね。

このばらついた結果のうち「高い値の人2.5%と低い値の人2.5%の分を除いた、95%の人のデータ」を基準範囲として設定しています。

そのため、同じ検査をやってもその時に集められた人たちによって基準値は多少の違いが生まれます。

 

さらに、検査用の薬は色々な会社で発売されています。

それぞれの会社による特性があるため、どの会社の薬を使うかによっても基準値は異なります。

 

このような理由で、基準値が変わるということがおこるのです。

そのため、いつもとは違う病院を受診したり、検査施設で使用する薬を変えていたりすると、基準値が変わるということが起こります。

 

しかし、血糖値やメタボ健診の基準値は既に決まった数字になっています。

これは、先ほどのような基準値の決め方ではなく、学会などで「この数字を超えた人から病気とします」と決めているからです。

このような項目の検査用の薬は、学会が定めた基準範囲になるように開発されています。

ですから、全国の病院や検査施設で同じ基準値が使用されています。

 

基準値と正常値とはどう違うの?

 

かつて、健康診断で健康な人をあらわす数値を「正常値」と呼んでいました。

しかし、現在は「正常値」ではなく「基準値」と呼ばれています。

この2つの違いがあるかというと、特にありません。

呼び方が変わっただけです。

 

先程もご紹介しましたが、基準値は「健康な人のうち95%の人が当てはまる数字」です。

ですから、外れたからと言って必ずしも病気ではありません。

しかし、「正常」というと、「病気のない健康な状態」を想像しますよね。

「正常値」では言葉の意味と実際に表している言葉の意味がずれていたため、現在は「基準値」に呼び方が変わったということです。

 

「基準値から外れた=病気」ではない

先ほどご紹介したとおり、基準値は「健康な人のうち95%」を示す数字です。

ですから、健康な人であっても5%の人は必ず基準値から外れるということになります。

こればかりは体質としか言いようがありません。

かくいう私も、中性脂肪や血糖値が低すぎて毎回健康診断で指摘されますが、特に病気ということもなく過ごしています。

 

逆に「基準値に入っている=健康」とは言えない

 

言葉遊びのようですが、基準値に入っていれば必ずしも安心というわけでもありません。

 

例えば、私の去年の健康診断での中性脂肪の結果は24でした。

この数字が今年148になっていたらどうでしょうか。

中性脂肪の基準範囲は149以下です。

確かに基準範囲には入りましたが、「急に変わりすぎて大丈夫?本当に健康なの?」と思いますよね。

ですから、1回の検査結果だけ見て大丈夫、と判断するのはちょっと危険です。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

それは、今やったように「以前の結果と見比べる」ということが大切になります。

いくら基準範囲に入っていたとしても、以前から急激に変わっているのであれば、それは体の中で何かしら変化が起こっている可能性が高いです。

その変化が体にとっていい変化なら安心ですが、病気の前触れの可能性もあります。

ですから、いくら基準範囲に入っていてとしても、その数字が前回と大きく異なるのであれば病院を受診することをおすすめします。

 

ちなみにこの「以前の方法と見比べる」という方法は、検査スタッフや医師もよくやる方法です。

時系列で検査結果を見て、体の中が以前とどう変わっているのかを予想し、病気の診断につなげています。

今回は2回分を見比べましたが、過去の結果をたくさん取っておくとより良いです。

年々悪くなっているようであれば、生活習慣を見直しや病院受診のきっかけに出来ますよ。

 

まとめ

 

健康診断や病院での検査の基準値についてまとめます。

  1. 基準値は「健康な人95%」を示す数字である。
  2. 基準値と正常値は同じものである。
  3. 基準値から外れたからと言って、必ずしも病気ではない。
  4. 基準値内でも、健康とは言えない。
  5. 過去の検査結果と比較して、大きく変わっているようなら生活習慣の見直しや病院受診のきっかけにする。

 

健康診断や病院での検査結果は分からないことが多いですよね。

しかし分からないからと言ってそのままにしておくと、知らず知らずに病気が進行することもあります。

分からなければそのままにせず、病院を受診して医師に相談してみることが重要です。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です