一人暮らしで特に気になる音の問題!部屋選びのポイントと解決策について!







一人暮らしで部屋を探す際に気になることのなかに、音の問題があります。

「上の階の音が響く」「夜に騒いでいる音がする」「洗濯機の音がうるさい」「ペットの鳴き声がうるさい」など、賃貸住宅で共同生活をする上で様々な音の問題が生じます。

特に一人暮らしで静かにしていると、余計に周囲の音が気になります。

 

そこで、毎日の暮らしなので問題が起きないように、部屋を借りる際に気を付けておくべきことや解決策など、賃貸住宅の音の問題をまとめました。

 

一人暮らしではどんな音が問題になる?

まず、一人暮らしの賃貸で気になる音と言ったらどんな音でしょうか。

それは

  • 上の階の足音や掃除機の音などが響く
  • 子どもがいて走り回っている音がする
  • 赤ちゃんがよく泣いている
  • 音楽を大きな音で聞いている
  • 夜に大勢で飲んで遅くまで騒いでいる
  • 洗濯機置き場がベランダにあったりして隣の洗濯機の音が響く
  • ペットの鳴き声がうるさい

 

こうした音が一人暮らしで静かにしている場合などにはよく気になります。

一時的なものならばいいのですが、日常的に音が聞こえると気になってきて段々とストレスになっていきます。

 

音が響く物件の構造、響きにくい構造

 

・鉄筋コンクリートは一般的に遮音性が高い

どのような建物構造だと音が響きやすいのか、逆にどのような構造が響きにくいのか、についてですが、木造や鉄骨などは鉄筋に比べて音が響きやすいと言われています。

しかし、実際に隣との壁の薄さなどをチェックすることが大切です。

部屋を借りる際の下見などで実際に壁を叩いてチェックをしてみましょう。

壁を叩いて響くようだと薄い壁だと言えます。

鉄筋コンクリートのマンションでも壁が薄い所もあり、実際の壁の厚さが重要です。

 

・部屋の間取りにも注意

部屋の間取りでも音の伝わり具合は変わります。

長い時間を過ごすリビングや寝室がどういった間取りになっているかも大事です。

 

リビングや寝室にいる時が一番音が気になる人が多いと思います。

おすすめの間取りは、隣の部屋との境がクローゼットや押し入れなどを挟んでいる間取りです。

隣の家との境に何かスペースがあると音が響きにくくなるので、隣の部屋とどのように接しているかも不動産屋さんに質問してみましょう。

 

解決法は?生活音についての注意点は?

・リビングや寝室の位置を考える

音が気になるのはリビングや寝室ということで、音が気になる場合は、くつろいだり寝る場所を変えてみるのもいいでしょう。

音が響かないような場所に変えて工夫してみましょう。

ソファの場所や寝る場所を隣の部屋から遠い場所にすると音が聞こえにくくなるはずです。

 

・防音シートを使用する

隣の家があまりにもうるさい場合はこちらのホワイトキューオン(防音シート)を使用する、という手もあります。

隣の家と接している壁にこちらのホワイトキューオンを貼り付けるだけで完了です。

 

・住む部屋を最上階や角部屋にする

音が響くのは特に上の階からですので、自分が最上階に住むのもおすすめです。

家賃は1階よりも2階が高く、最上階が最も高いこともありますので家賃と相談しながら検討しましょう。

また、角部屋にすることで隣が1軒になりますので両隣の音が響くということがなくなります。

角部屋人気はそういった騒音の問題からもきているのです。

もし空きがあれば、最上階の角部屋というのが理想です。

 

・自分の洗濯機や掃除機などの生活音にも注意

自分の部屋から音が漏れないようにすることも必要です。

洗濯機や掃除機などの生活音が響くものは、できるだけ夜遅くや朝早くは使わないようにしましょう。

23時~朝7時位までの時間帯はできるだけ控えましょう。

洗濯機などもタイマーで7時以降にスタートするようにセットしておくのもいいでしょう。

 

・友人と騒いだり、音楽を聴く場合も23時頃までに

友人を呼んだ場合や音楽を聴く場合も23時以降は静かにしましょう。

生活音や声が響きそうなときは、窓も閉めておくことで生活音が漏れずにすみます。

廊下などの共有部分で大きな声を出すのも控えましょう。

 

音楽を聴く場合は、特に重低音が響きますので気を付けましょう。

いろいろな生活スタイルの人がいます。

基本的には夜遅くと、朝早くはできるだけ静かに過ごすのが共同生活を上手にやっていくためのエチケットになります。

 

楽器などの演奏も可能な賃貸はある?

また、一人暮らしで楽器などを趣味にしたりする場合もあるでしょう。その場合にはどうしたらいいでしょうか。

賃貸の中には「楽器可」「楽器相談」と書かれた賃貸もあります。

防音に配慮した造りになっていますので探してみるのもいいでしょう。

音大の近くなどには物件がよくあります。

 

また、楽器の種類によってはダメのこともありますので最初に相談しましょう。

部屋の壁、天井や床への防音材が入っていたり、防音室があるかどうかについてチェックしましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

実は一人暮らしで悩みのタネになりやすい音の問題、最初の一人暮らしで悩まされるのは嫌ですよね。

できるだけ音が響かない鉄筋コンクリート造りなどを探したり、壁も実際に叩いてみたりして壁の薄さもチェックしましょう。

 

また、どんな人たちが多く住んでいるかチェックすることも大事です。

お年寄りやご家族が多く住んでいれば、夜はあまり騒いでは迷惑になります。

周りへの配慮を忘れずに23時~朝7時頃まではできるだけ静かに過ごしましょう。

 

部屋を借りる際には、上の階や隣の部屋の間取りなどもしっかり確認し、どこで長く過ごし、寝るのかを想定してから契約するようにしましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です