一人暮らしの部屋探しのコツ!建物の構造・築年数による部屋の選び方!







一人暮らしの部屋探しをする場合に、建物の構造や築年数などが気になるのではないでしょうか。

賃貸物件を探す際に考えるべきことをそれぞれのポイントをまとめながらご紹介していきたいと思います。

 

いろいろな物件がある時の比較の方法は、選ぶ基準がわかっていれば判断しやすいものです。

気になる建物の構造・築年数の違いについてまとめました。

 

『マンション?アパート?』賃貸物件の呼び名の違いとは

まず、賃貸物件には呼び名の違いがそれぞれにあります。

一人暮らしの賃貸物件を探し始める前に違いを知っておきましょう。

よく「マンション」「アパート」「コーポ」「ハイツ」などいろいろな呼び名で賃貸物件は呼ばれていますが、それぞれ建物の構造が異なります。

 

マンション

「マンション」は、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造で3階建以上の共同住宅を通常はマンションと呼びます。

 

アパート

「アパート」は、木造や軽量鉄骨造の2階建て以下の共同住宅です。主に木造のことを言われることが最近は多くなっています。

 

コーポ

「コーポ」は一般的に、木造や軽量鉄骨造で2階建ての共同住宅と、2階建てに限定されています。

 

ハイツ

「ハイツ」は、主にプレハブ軽量鉄骨造になっています。

 

ただ、「アパート」「コーポ」「ハイツ」は、明確な使い分けがされないことも多く、こうした呼び名よりも物件の構造の欄をしっかりチェックすることが大切です。

 

建物構造の違いによるメリット、デメリット

 

まず構造の種類には、主に木造鉄骨造鉄筋コンクリート造などがあります。

それぞれのメリット、デメリットについてまとめます。

どの構造が自分の一人暮らしに合っているのかを考えてみて下さい。

 

木造の場合

 

木造のメリット

何より家賃が安い傾向にあります。家賃が安いことは一人暮らしにとってはとても魅力的なことですよね。

また、木造は通気性があって湿度が自然に調整されるため夏の蒸し暑さなどは少し緩和されます。

 

木造のデメリット

防音性があまりないので下の階に住む場合、上の階の音が気になります。

また、耐震性や防火性・断熱性が劣ります。鉄筋コンクリート造のマンションなどと比較すると、木造の場合は冬は部屋が寒く感じます。

また、断熱性が劣るためエアコンが効きにくく感じます。

 

鉄骨造の場合

 

鉄骨造のメリット

木造に比べると耐火性、断熱性、耐久性が優れています。

家賃も比較的安い設定となっています。

 

鉄骨造のデメリット

遮音性においてあまり木造と変わらないこともあります。壁の厚さをチェックてみることが大事です。

 

鉄筋コンクリート造の場合

 

鉄筋コンクリート造のメリット

マンションに多い鉄筋コンクリート造は、防音性と言った面では優れています。

断熱性の面でも優れ、エアコンが効率的に効きますので夏も良く冷房が効きます。

耐震面や防火面などの安全性も高くなります。

 

鉄筋コンクリート造のデメリット

家賃が高くなり、特に新築マンションなどは高額になります。

防音性に優れていますが、1階などの場合は周りの騒音もチェックしましょう。

また、最上階は日光に照らされますので暑さにも注意が必要です。

夏も冬も部屋の中は比較的暑い傾向にあります。

 

防音性から選ぶと鉄筋コンクリート造がおすすめ

 

つまり、一番気になる防音性から考えると、鉄筋コンクリート造のマンションがおすすめです。

ただ家賃が高くなりますので予算と検討することが必要です。

 

また、鉄骨造や木造などを選ぶ場合でも、できれば最上階を選ぶと上の階の音が気にならなくて済みますのでおすすめです。角部屋も両隣の音が響かずおすすめです。

築年数の基準は?見るポイントは?

 

他に気になるのは築年数ではないでしょうか。

築年数の違いが建物にどう影響するのでしょうか。

 

築年数の影響は建物の構造によっても大きく変わることになります。

例えば、木造で築20年と鉄筋コンクリート造のマンションで築20年では劣化具合に大きく差があります。

いうまでもないかもしれませんが、木造の建物の方が劣化が早くなります。

 

築年数ももちろん見る必要がありますが、築年数だけで判断するのではなく、建物の構造を同時に確認することも大事なポイントですので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

築年数は10年以内を選ぶ人が多い傾向にあります

 

誰もが新築に対しての憧れをもっていますが、現実問題として新築は家賃がすごく高いので妥協点として築10年以内の物件を探す人が多い傾向にあります。

 

新築と比べると築年数によってどの位家賃が安くなるか

 

・築年数10年以内で5,000~10,000円程度安い

・築年数20年以内で5,000~30,000円程度安い

 

築年数が新しいとやはり家賃は高い傾向にあり、古くなると安くなっていきます。ただし、場所などによっては築年数が古くても比較的高い相場になり、あまり下がらないことがあります。

 

築年数10年以降はどう劣化していくのか?劣化のチェックポイントは?

 

それでは、築年数10年以降の物件を考える場合にどのような点が気になるのでしょうか。

築年数10年以上の物件では、外観の劣化エントランスの清掃、ポストの劣化掲示板の管理などが行き届かなくなっていることがあります。

また、床がきしみ始めることもあります。

 

しかし、一番先に傷み始めるのは水周りです。

お風呂場やトイレ、台所などをチェックしましょう。

水を締める時の音がしたり、設備がとても古く汚い事もあり、画像だけでなく実際に見て確認しましょう。

 

築年数にこだわらず古くてもいい物件を見つけるのもコツ

 

さすがに、築20年となると結構古い感じが外観からもうかがえますが、築年数だけでなく上記の劣化のチェックポイントをしっかり確認することが大切です。

中には、築年数20年でもしっかりリフォームされていて、家賃は30,000円程安いなどといった物件もあるので、そういった物件はオススメです。

そう考えると、キレイに保たれている(リフォームされている)築10年~20年の物件もとてもオススメということになります。

安くて良い物件を見つけるためには、築年数にこだわり過ぎず、実際に見てチェックしてみるのが一番です。

 

ただし、1982年以前に造られた築35年以上の建物は、新耐震基準ではないために注意が必要ですので覚えておいて下さい。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

建物の構造、築年数による選び方をご紹介しました。

知識があることで一人暮らしの部屋を探す際に安心して比較することができます。

 

できれば家賃の安い部屋に住みたいと思った場合にでも、防音についてと耐震や耐久性については考えた方が良いです。

そして、築年数が古くてもリフォームなどが行われたきれいな物件はオススメですので、是非隠れた良物件を見つけられるように上記ポイントを踏まえてお部屋探しを頑張ってみて下さい。

読者様がこの記事を読んだことによって、良い物件に巡り合えることを祈っております。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です