基礎的なスピンサーブの打ち方!スピンサーブ強力な武器になる?







スピンサーブが打てると非常に戦術面の幅が広がります。

例えば、

  • セカンドサーブに使う
  • 相手のバックハンドを攻める

こういったメリットがあります。

 

相手が慣れていなければ、スピンサーブは返すことすら難しいサーブです。

将来性も充分にあるサーブなので、できれば初心者のうちに習得するようにしましょう。

 

スピンサーブとは?

 

まずは、スピンサーブについて説明していきます。

スピンサーブはスピン、つまりは上回転を加えたサーブです。

 

サーブは上から下に振り下ろすショットなので、原理的には完全な上回転ではないです。

厳密に言えば、『斜め上に回転をかける』ことを意識する必要があります。

 

スピン回転なのでボールが沈み、バウンド後は大きく跳ねるサーブになります。

つまりは、コートに入りやすいサーブになります。

 

スピンサーブはセカンドサーブで使う

 

セカンドサーブは、

  • 攻撃されにくい
  • ダブルフォルトしにくい

この2点に注意しないといけません。

 

そこで最適なのがスピンサーブです。

入りやすさはスピンサーブが最も優れています。

 

そして、先ほど述べたようにスピンサーブはよく跳ねます。

リターンで高い打点を打ち込むのは上級者でもそれなりに難しいので、攻撃されにくいです。

 

こういった点からスピンサーブはセカンドサーブに最適です。

 

スピンサーブでバックハンドを攻める

高い打点のバックハンドを一番得意としている人はあまりいないと思います。

特に、初心者のうちは高い打点は力が入りづらく、全く強打できないこともよくあります。

 

そのため、スピンサーブを相手のバック側に打ち込むことで、チャンスボールを引き出すことができます。

安全に攻撃的なショットなのでスピンサーブは習得しておきましょう。

 

スピンサーブの打ち方

 

肝心のスピンサーブの打ち方ですが、少し体幹を使う必要があるので、腰に慢性痛を抱えている方は絶対に打たないようにしましょう。

スピンサーブは余分なパワーを回転量に回すサーブなので、あまり強くサーブを打てない方は無理して習得する必要はありません。

 

スピンはスライスサーブの延長

簡単にいってしまうと、スピンサーブは『回転軸をずらしたスライスサーブ』です。

かなりざっくり言ってしまうと、体の軸を背中側に傾けた状態でスライスサーブを打つとスピンサーブになります。

 

やってみるとわかるのですが、しっかり膝を曲げて体を傾けた状態でスライスサーブを打ってみると、スイングは時計の2時方向(左利きの方は11時方向)になると思います。

これがスピンサーブの基礎になります。

 

スピンの回転量を増やす

スライスサーブを傾けることで、『スピン回転』はかかるようになります。

ですが、そのままでは単純に回転量が足りません。

 

そのため、回転量を増やすためにもラケットは前に振らないようにしましょう。

プロ選手のスピンサーブをみるとわかりますが、ほとんど前方向にはスイングしていません。

スイングを上方向にすればするほど、回転量は増え飛距離は短くなるので自分の力と相談して調整していきましょう。

 

回転量を増やす為に①トスを高くする

回転量を増やす方法で女子プロがよくするのは、トスを高くすることです。

トスを高くすることで落下する際のエネルギーをサーブに活かす事ができます。

 

高いトスは風でブレやすくなるので限度がありますが、どうしても回転が足りない方はやってみるのも良いかもしれません。

サーブのテンポもゆっくりになるので、しっかり力をためて体全体で打つ事ができます。

 

回転量を増やす為に②グリップを変える

これも回転量を増やす方法なのですが、グリップを変えることで回転量を増やすこともできます。

グリップを薄く(右利きなら反時計回り、左利きなら時計回りにずらす)することで、ボールへの当たりを調整しやすくなります。

 

これは、回転をかける感覚を身につける練習法としてよくあるものなのですが、実際に試合でも活用していけます。

ラケットの上をボールが滑る感覚を身につける事ができるので、ぜひ試してみてください。

 

有効なスピンサーブを打つための注意

スピンサーブを打つ際には、回転のかけすぎには注意してください。

サーブの基本はあくまでもフラットサーブです。

回転をかけようとしすぎて、安定感がなくなったりスピードがなくなると意味がありません。

 

そのため、安定感とサーブとしての質を両立できるバランスを探しましょう。

これはスイングパワーによっても変わるので、人それぞれ違うものです。

人によってはほとんど回転をかけなくても良いなんてこともあるので、しっかり見極めるようにしましょう。

 

加えて、スピンサーブは上方向にスイングするサーブなので、体への負担が大きいです。

自然な動きとしてはサーブは上から下に振り下ろす動きなので、それに反抗すればするほど反動があります。

 

特に足腰への衝撃が大きいので、痛みが生じた場合には打つのを止めるかフォームの改善をしましょう。

痛いままで何度もスピンサーブを打っていると、ヘルニアになる可能性もあるので本当に注意してください。

 

まとめ

 

スピンサーブは有効なサーブですが、習得難易度も高く体への負担が大きいです。

そのため、フィジカルに不安がある方は多発しないようにしてください。

 

少し横回転を増やすことで、トップスライスサーブというサーブに応用することもできます。

自分にできる範囲で良いので、スピンをかける感覚だけは覚えておくようにしましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です