職場で孤立した時に上手く対処する4つの方法 自分の態度を見直そう!







会社で仕事をしていくうえで、職場の人たちとの関わりは欠かせません。

仕事で必要なコミュニケーションを取るだけでなく、休憩中の何気ない雑談もすることで、働きやすい関係を築けます。

 

その点で、周囲の人たちと良好な関係が構築できないと、職場で孤立してしまいます。

その結果、必要な情報が入らず、意思の疎通も図れず、問題にも対処できなくて仕事に支障をきたします。

 

それを避けるためにも、職場で孤立して困っている人に対して、この記事では、その状態を上手く解消し仕事をスムーズに進めていく4つの方法をご紹介します。

 

自身の態度を見つめ直すことで、周囲の自分に対する態度も変わりますので、上手く対処できるよう心がけて下さい。

 

1.人に振りむいてもらいたければ、まず自分から人に関心を持つ

職場で孤立している人は、周囲の人に無関心な場合が多くあります。

必要な会議には参加しますが、その他の雑談などには加わらず、黙々と作業を続けます。

仕事終わりで食事に誘われても毎回断わったりしていませんか。

 

その場合、話しかけないでほしい、誘わないでもらいたいといった雰囲気を醸し出していることもあります。

意識的にそうしている場合もありますが、知らないうちにそうなっていることもあり、周りも対処に困ります。

 

そこで、まずは自分から周囲に関心を持ちましょう。

自ら雑談の輪に入ったり、食事に誘われたら3回に1回は参加したりしましょう。

また、ちょっとした挨拶や声かけなどを通じて、周りが話しかけやすい雰囲気を作ることも大切です。

 

職場で孤立したくなければ、まず自分の方から周囲の人々に関心を持って対処していくことが大切になります。

 

2.「何を考えているかわからない」と思われないようにする

 

職場で孤立しがちな人の中には、無口な性格の人もいます。

真面目できちんと仕事はしますが、何を聞かれても「いいえ、特に何も……」などと答え、自分の意見を主張しません。

 

すると周りの人たちも「この人は何を考えているかわからない」と思い、対処に困り近寄りがたくなってしまいます。

その結果職場で孤立してしまうのです。

 

そこで、何か聞かれた時にはきちんと自分の考えを言いましょう。

仕事ではもちろんですが、何か飲み物を買って来てもらう時などにも「○○をお願いします」とはっきり好みを伝えたりしてみて下さい。

 

自分の意見や好みを表明すれば、自分の人柄もわかってもらえて、周りも声をかけやすくなります。

自分をわかってもらう努力をすることが、職場での孤立を防ぐための対処法です。

 

3.「言っても無駄だ」という諦め態度を反省する

職場で孤立している人は、冷めた態度をとっている場合があります。

例えば、上司の理不尽さに対して、斜に構えて「どうせ何を言っても無駄だから」などと諦めた態度をとります。

 

周りが事態の改善に向けて対処しようとしている中で、一人だけ白けた様子でいれば、周りも当然いい気がしません。

それこそ「この人には言っても無駄だ」と逆に思われてしまい、結果的に職場で孤立してしまうのです。

 

そうした自身の態度を反省し、問題があれば積極的に対処すべく動きましょう。

職場の人たちとも協力する姿勢を見せるだけでなく、出来れば率先して動くとなおよいでしょう。

 

冷静沈着な姿勢と白けて諦めることは違うと認識し、積極的に問題に対処することが、職場での孤立を防ぐ方法です。

 

4.「もっと認めてほしい」という承認欲求を抑える

 

職場で孤立する人の中には、これまで述べてきた場合とは逆に、自分を積極的に主張する人もいます。

ただ、それが度を越していて、周囲が辟易して敬遠した結果、孤立している場合があるのです。

 

例えば、「もっと自分を認めてほしい」「どうしてわかってくれないのか」などと、承認欲求が強い人がいます。

自己アピールはある程度必要ですが、過剰になると鬱陶しくなり、周りも対処に困って関わるのを避けようとします。

 

そこで、過剰なアピールは避けて、やるべきことをしっかりやることに専念してみましょう。

それに加えて、むしろ周囲の人たちを認めることも大切です。

 

自分から周囲を認めることで、周りも態度を軟化して認めてくれます。

承認欲求を抑制することも、職場での孤立防止の対処法です。

 

自分の態度を見つめ直し、人と積極的に関わろうとする

職場で孤立しがちな人は、周りの人たちが自分への対処に困っていることに、もっと意識をすべきです。

周りの人たちに関心を持って、自分からその輪の中に入っていくことが大切です。

 

また、自分の意見や好みをはっきり口にして、自分の人柄などをわかってもらう努力も欠かせません。

さらに、白けた態度を取るのでなく、周りと協力して問題に対処していく姿勢も見せなければなりません。

 

なお、承認欲求が強すぎて周りから鬱陶しがられている人は、それを抑えて、むしろ周りの人たちを認めることも大切です。

 

そのように自分の態度を見直し、職場の人たちと積極的に関わろうとする態度が重要です。

そうすれば、その人たちも自分への見方を改めて関わりを持ってくれ、職場で孤立することもなくなり、仕事も円滑にこなせるでしょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です