転職活動に有利な時期ってあるの?転職活動におすすめな時期とその理由を解説







転職活動には有利な時期とその逆の不利な時期が存在します。

転職に有利な時期とは、求人数が増える時期を指しています。

一方、転職に不利な時期とは企業側の繁忙期を指します。

 

この時期を知っているか知っていないかで、転職活動の結果は大きく変わってしまいます。

転職に有利となる時期をしっかりと理解して、転職活動を成功させましょう。

 

転職活動には有利な時期がある

 

転職活動には活動するべき有利な時期が存在します。

この時期を狙って転職活動を行うことで、内定率は大幅に上がるでしょう。

 

その為「仕事をやめたい」と思っても、すぐに行動に移してはいけません。

この時期を知らないまま転職活動を始めてしまうと、決まるものも決らなくなってしまうからです。

 

転職をすると決意したら、まず焦ってはいけません。

転職に有利な時期を把握し、その時期に焦点を合わせて集中的に活動するのです。

 

ここで言う転職に有利な時期とは、求人数が多くなる時期を指します。

求人数が多くなれば、それだけ応募できる求人が増えるわけですから、必然と内定率も上がるわけです。

転職に有利な時期を理解すれば、毎日転職サイトのぞいて「今日も良い求人ないなぁ」と悩む生活から脱却出来るのです。

 

転職に有利な時期には傾向がある

 

転職活動が有利な時期には、ある傾向があります。

それは、大型連休の後に求人を出す企業が多いことです。

 

この理由は、自分に置き換えて考えれば自ずと分かるはずです。

GW(ゴールデンウィーク)明けなど、どんな気分になりますか?

「会社行きたくないなぁ」と思ったことはありませんか?

そうなんです。

大型休暇の後は、会社への意欲が下がってしまう傾向があるのです。

その為、大型連休後に退職届を出す社員も多く、それに比例して求人数も多くなります。

転職を決意した際には、まず大型連休後にどれだけ求人数が多くなっているのか分析することも必要です。

 

転職活動で狙うべきは9月と6月

 

1年間の中で具体的な月と挙げると、転職に有利な時期は9月と6月となります。

まず、第一に狙うべき月は9月です。

 

9月は転職活動が最も有利に進められる月と言えます。

その理由は、求人数が増える要素がすべて含まれている月だからです。

一般的な企業では7月に賞与があり、8月にお盆休みがあります。

7月の賞与をもらって、8月のお盆休みが明けた後に退職届する人間が多いのです。

その為、9月には求人数が多くなる傾向にあります。

9月は夏も終わりに差し掛かっているので、面接に行くのにも汗をかかなくて済みますね。

このことから9月が最も転職に最適な時期と言えます。

 

一方、6月もまた転職に有利な時期です。

6月にも求人数は増える傾向にあります。

その理由は、4月に入社した新入社員が5月のGW明けに退職するパターンが多いからです。

初めての就職で身心ともに疲れてしまい、GW中に緊張の糸がほどけてそのまま退職。

なんてパターンも多いのが実状です。

その為、6月も転職活動においては狙い目の時期となります。

 

転職活動を避けるべきは3月と12月

 

転職時期には避けた方が良い時期も存在します。

それが、3月と12月です。

 

多くの企業では3月と12月が決算時期となっています。

その為、企業側がとても忙しいのです。

 

実際に求人を出している場合でも、人事側の対応が遅れることがほとんどでしょう。

選考通知が一週間以上経っても返ってこない、なんてことも多々あります。

 

また決算時期に加えて、3月には新入社員の手続きがあり、12月は年末の繁忙期です。

企業側が面接に割ける時間は、極めて少ないと言えるでしょう。

 

以上の理由から、3月と12月に求人を掲載する企業は少なく、転職活動に不利な時期と言えます。

仮に、この時期に企業が求人を出している場合でも、結果の催促などは絶対にしてはいけません。

 

その理由は、選考に残っている場合でも問答無用に落とされてしまう危険性があるからです。

企業はあなたを中心として動いているわけではありません。

選考結果をすぐに連絡できないことには、企業側の理由があるのです。

 

相手の気持ちを理解できなければ、転職活動は絶対に成功しません。

自分だけのことを考えるのではなく、相手の立場に立って考えることも大切です。

 

まとめ

 

転職を考えた際には「いつ転職活動をするのか」が最も重要です。

この転職時期によって、応募から内定までの期間も大きく変わってきます。

また転職の成功率も大きく変わるでしょう。

 

1年を通して、6月と9月は転職に有利な傾向にあり、逆に3月と12月は不利な傾向にあります。

転職時期を把握しておくことで、転職活動は有利に進むでしょう。

ですが、転職活動は自分中心の考え方では絶対に成功しません。

その理由は、自分のことしか考えていない場合、相手の立場に立った考え方を出来ないからです。

 

転職に成功している人は共通して、相手の立場や現状を理解して行動しています。

なぜ転職に有利な時期と不利な時期があるのか、その理由をしっかりと理解するようにしましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

転職したら年収は上がる?転職で年収が上がる人の特徴を解説

2017年7月13日









よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です