犬を飼う前に考えておきたい費用|何が必要で一体年間いくらかかるの?







可愛いワンちゃんを飼いたいけれど、費用がね〜と躊躇される人も多い事でしょう。

今うちには2匹の犬がいますが、本当はもっといっぱい保護したい!と思っています。

しかしやはり費用が掛かるので諦めている状態です。

 

これからワンちゃんを飼おうと思っているあなたに、今回はだいたいワンちゃん1匹でいくら費用がかかるのかご説明していきます。

 

ワンちゃんの飼育に最初は何が必要なのか?

実際にワンちゃんを迎え入れると、改めていくらかかっていると考えた事がないので、計算してみるとちょっと驚きます。

最初にワンちゃんを迎え入れる時にまず必要なのは、

  • エサトレイ
  • 首輪
  • リード
  • ハーネス
  • ブラシ
  • 爪切り
  • ベッド
  • ブランケット
  • キャリーバッグ
  • ケージ
  • おしっこパッド

 

などが必要になります。

これだけでだいたい3万円はかかるでしょう。

 

エサ代は年間いくら?

カナガンドッグフード チキン(2kg)

 

そしてエサ代ですが、うちではドライフードだけで年間15,000円程になります。

ウエットフードを買う人や、ワンちゃんが大型犬の場合はこれ以上になります。

うちではウエットフードを手作りしているので、鶏肉やお米代が別にかかっています。

 

なので簡単にエサ代を表すと

  • ドライフード年間→15,000円
  • おやつ年間→5,000円
  • ウエットフード年間→20,000円

 

という感じですが、フードの種類や量によってこれにも随分幅があります。

 

ワンちゃんのエサならこちらのカナガンフードがオススメです。

是非一度覗いてみて下さい↓↓

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』

避妊手術の料金

 

ワンちゃんが男の子であれ、女の子であれ避妊手術をするに越した事はありません。

うちのワンちゃんたちは、両方が保護犬なのでシェルターが払ってくれましたが、手術代は

 

  • 避妊、去勢手術代→約2万円〜5万円

 

ワンちゃんのサイズや、動物病院によって料金が違ってきます。

 

ノミやダニ、フィラリアの薬

うちの子達にも毎月これらのお薬を飲ませています。

ワンちゃんたちにこのお薬を飲ませていないと、ノミやダニが人間にもくっつくので必ず飲ませてあげてください。

もちろんフィラリアの薬も大事です。

  • ノミ、ダニ、フィラリアの薬年間→24,000円

 

混合ワクチンや健康診断

 

混合ワクチンは年に一度受けさせます。

健康診断は、年に2回が普通です。血液検査や尿検査、ドクターの触診などが行われます。

  • 混合ワクチン1回分→15,000円
  • 健康診断年間2回分→20,000円

 

救急病院代など

 

うちのビーグル犬が救急病院に行ったのは今までで2回、だいたい一度救急病院にかかると5万円は取られると思ってください。

うちの子の場合で、合計15万円かかっています。

 

トリミング

毛の長いワンちゃんは、毎月トリミングに連れて行く必要があります。一度の利用で5,000円として

  • トリミング年間→60,000円

 

歯のクリーニング

 

うちの子達はまだ連れて行った事がありませんが、私のお友達の高齢犬のクリーニングの場合は、20万円でした。

これもサロンに行けば安いですが、安全性に欠ける問題があります。

動物病院によっても随分料金が異なります。

 

ドッグシッターやペットホテル

 

私はドッグシッターなのですが、あるクライアントは毎日仕事中に来てワンちゃんの世話をしてくれという事で、月に20万円ほど使っていた方もいました。

時々旅行に出かける人は、ペットホテルへ預ける機会もあるでしょう。

その場合も日数やホテルのレベルで、料金が随分変わってきます。

 

年間と生涯の費用は?

以上のことを考えるとだいたいですが

年間に必要な費用は10万円くらいだといえるでしょう。

ワンちゃんが15年生きるとして生涯の費用は大体150万円くらいになります。

 

中古の犬用品もチェックしてみる

 

中古でワンちゃんのおもちゃや、洋服、ケージやエサトレイなども格安で売ってあります。

飼い始めはやはり多くの費用が掛かりがちですので、はじめのうちは中古品で揃えるのも良いかもしれません。

 

一時預かりボランティア

 

ここアメリカでは「フォースターファミリー」と言って、保護犬を一時預かりし里親が見つかるまでのバトンタッチの役目をする人がいます。

そのような場合は、ほとんどのシェルターがワンちゃんにかかる費用を払ってくれます。

ボランティアファミリーは、ただワンちゃんに住む場所と愛情を注いであげて、新しく親御さんが見つかるまでお世話をしてあげれば良いのです。

 

日本にもこの「保護犬一時預かりボランティア」というシステムがあります。

その団体によって費用が出されるのか、一部負担しなければならないのかなど変わってくるので、問い合わせてみるのも良いですね。

お金だけでなくボランティアとして、保護犬に与える時間とエネルギーが必要になってきます。

ご家族に病人がいたり、小さなお子さんがいてなかなかワンちゃんの世話ができない人には向かないでしょう。

 

プレゼントはワンちゃんの物を!

 

うちでワンちゃんを飼い出してからは、クリスマスやバースデーのプレゼントは全て、ワンちゃんに必要な物をいただくようにお願いしています。

そのおかげでベッドやブランケット、リードや洋服、ハーネスなどもお友達や知り合いの方々にもらった物で、とても助かっています。

 

まとめ

 

色々調べていくと、結構な費用がかかるものですね。

うちには2匹のワンちゃんがいるので、もちろん約2倍の費用が必要になってきます。

 

老犬になってくると病気になって、病院にかかる頻度も増してくるでしょう。

色々な動物病院をリサーチする事も大事です。

同じ治療をしていても、数倍も高い料金をかけている病院もあるからです。

あなたの家計にそれだけの余裕があるのかどうか一度考えてから、ワンちゃんをお迎えするようにしましょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です