台湾在中の日本人が台湾観光オススメスポット!九份をご案内します!







私が暮らす台湾に日本人の友人が遊びに来ると、必ずと言っていいほど皆が「九份(ジョウフン)」という観光地を訪れたいと言います。

九份はかつて、近くで金鉱が見つかり、一時は大変栄えた場所なのですが、金鉱の閉鎖とともに活気を失っていました。

 

しかし後になって、九份が舞台となって撮影された台湾の映画「悲情城市」が、あの世界的に有名なベネチア国際映画祭で、最高賞を受賞したり、日本人にはよく知られている「千と千尋の神隠し」という映画で、モデルになったと言われる建物や場所も九份にあります。

 

これらがきっかけとなり、一時はすたれてしまった九份が再び活気づいており、現在では台湾の有名な観光地となっています。

この記事では、そんな台湾を訪れる多くの日本人が観光したいと思う、人気スポット『九份』の様子について、台湾在中の私がご案内したいと思います。

 

台湾で人気の観光地 「九份」 までの交通手段

 

台北市から九份まで行く時の交通手段としては、電車やバスという公共の交通手段、または、タクシーを利用することが可能です。

お金をかけずに行こうと思えば、電車やバスを利用するのが良いのですが、時間が最低でも1時間30分はかかります。

 

電車を利用する場合は、途中でバスやタクシーに乗り換える必要があり、少々面倒です。

また、バスを利用する場合も、人気の観光地である九份だけあって、いつもバス停にはたくさんの人が並んでいますし、バスが来る時間を気にする必要があります。

 

台北からタクシーで九份観光に行くことをお勧めします。

台湾に旅行に来る人に私がおすすめするのは、タクシーを利用して九份観光に行くことです。

タクシーを利用する場合、台北からは1時間ほどで到着できます。

 

そして、九份観光を終えてから台北に戻る時も、タクシーがたくさん停まっているので大変便利です。

バスや電車のように待つ必要もないので時間の節約になります。

 

気になるタクシーの料金ですが、台北市内から九份までは約1,000~1,100元で、日本円だとレートにもよりますが、だいたい3,600~3,960円です。

タクシーには4人まで乗ることができ、人数が3~4人と多い場合には1人1,000円前後で九份まで行くことができます。

そのため九份を観光する時は、時間が節約できることや便利さを考えると、タクシーで行くのがおすすめの交通手段です。

 

台湾の観光地「九份」が人気の理由


 

九份という街は、地図上では台北市の右側に位置しています。

山の上にあるその古い街中には、風情あるちょうちんが飾られています。

 

 

特に夜になって、たくさんの赤いちょうちんに灯りがつくと、とても幻想的な景色が楽しめます。

そしてこの景色が、よくガイドブックで見かける代表的な九份の景色でもあります。

 

 

また海が近くにあり、九份の街からは山と海が重なっているように見えるので、その古い街並みの様子と、とても綺麗な大自然の景色が見られることが人気の理由です。

 

 

さらにもう1つ、台湾観光で九份が人気の理由は、それらの素晴らしい景色を見ながら、ゆっくりと台湾の美味しいお茶を飲むことができることです。

 

九份の街には、たくさんのお茶屋さんがあり、それぞれのお茶屋さんに特徴があります。

例えば、過去に撮影された映画の舞台になった所、その舞台になったお茶屋さんがよく見える所、海の景色が素晴らしい所……など。

 

 

私は何回か九份を訪れ、毎回違うお茶屋さんに入ってみるのですが、場所によって全然見える景色や雰囲気が違います。

しかし、何度も訪れることができるか分からない場合は、九份を訪れる前に、あらかじめお茶屋さんの位置や特徴を調べ、どこにするか決めておくことをおすすめします。

 

また、お茶屋さんには、台湾の伝統的なお茶菓子も置いてある場合があるので、美味しいお茶と一緒に食べることもできます。

美しい景色を見ながら、のんびりとした時間を過ごすことができますのでおススメですよ。

 

九份の街を観光しながら台湾のグルメや買い物を楽しむ

 

九份の街には、たくさんの食べ物やお土産を売るお店が、たくさん並んでいます。

 

九份のグルメを楽しむ

九份の名物である「芋圓(ユーユエン)」は、1口サイズのお団子のようなものです。

食感は、日本のお団子よりも弾力があり、小豆が入っているお汁粉に似た甘いスープと一緒に食べます。

芋圓(ユーユエン)

 

その他にも、台湾の屋台で時々みかけるエリンギを焼いたものや、日本の草餅に小豆や緑豆、切り干し大根を包んだようなものなど、台湾の庶民が好む食べ物が売られています。

エリンギを焼いたもの

 

九份のお土産を楽しむ

そして、九份は台湾を代表する観光地らしく、お土産屋さんもたくさんあります。

チャイナ服をイメージしたタオル木下駄のマグネット「商売繁盛」「家内安全」というような文字を花や植物の絵で書いたものなど、色々な種類のお土産が売られています。

チャイナ服をイメージしたタオル

木下駄マグネット

花や植物で描いた文字

 

これらのお店が並ぶ通りは狭い上に、九份は階段や坂が多いので、観光に出かける際には、散策しやすい靴や服装で行くことをおすすめします。

 

また、九份は山の上にあるため、非常に雨が降りやすい観光地です。

雨が降ることを想定して、傘などの雨具を準備しておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、台湾を訪れる日本人が観光したいと思う人気スポット、『九份(ジョウフン)』をご案内しました。

ちょうちんで飾られた九份の風情ある街の風景や、山の上から見える遠くの海の景色、そして、それらを眺めながら台湾の美味しいお茶やお菓子を楽しめる、というのが九份が人気の観光地である理由です。

 

九份は、晴れている日、雨の日、昼間、そして夜間と、それぞれ全く違う表情が楽しめる場所なので、多くの人がそうするように、できれば皆さんも何度か訪れることをおすすめします。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です