一人暮らしでペットを飼いたい!「ペット可」の賃貸で気を付けることは?







一人暮らしでペットを飼いたい、と思っている人も多くいるでしょう。

賃貸物件でペットを飼う為には「ペット可」の物件を選ぶ必要があります。

「ペット可」の賃貸にはどのような工夫がされているのでしょうか。

また、ペット可の賃貸に住む場合にはどんな点に気を付けたらいいのでしょうか。まとめてみました。

 

「ペット可」の賃貸とは?

 

最近のペットブームもあり、「ペット可」「ペット相談」と最初から明記されている物件も増えてきています。

以前に比べてマンションなどでも多くなっています。

 

「ペット相談」は、前もってペットを飼うことを不動産屋に相談して、了承してもらってから住む物件です。

 

「ペット可」は、基本的には飼うことは大丈夫ですが、動物の種類によっては難しい場合もありますので、入居前にやはり確認をしてみることが大切です。

例えば、大型犬や爬虫類などがダメな場合もあります。

 

また、「ペット可」の賃貸にも2通りがあります。

ペットを飼うことを了承しているだけの賃貸とペットを飼うことに対応した設備や間取り、構造になっている「ペット共生型」の賃貸です。

設備や間取り、構造まで整っている賃貸はまだ数は少ないのですが、探してみるのもいいでしょう。

 

ペットを飼う際に気を付けることは?

ペットを賃貸で飼うことで気を付ける点はどんなことがあるのでしょうか。

「ペット可」の賃貸では、これらの問題に対応している物件が多いでしょう。

主なものは、

  • 壁紙や柱に傷がつく
  • 臭いがつく
  • ペットの鳴き声が迷惑になる
  • ペットがいろいろな物を触って危険になる(コンセントで感電など)

 

ペットを飼う前提で部屋探しをする場合、部屋の傷や臭い、鳴き声で迷惑を掛けないかということやペットにとって安全な部屋かどうかなどに注意して検討する必要があります。

 

ペットを飼う設備が整った「共生型」のマンション!

 

ペットを飼う上で注意をするべきことが何点かありましたが、それに対応したペットと快適に暮らせるように工夫された「共生型」のマンションについて説明します。

工夫されている点は、

  • 犬や猫の爪で傷つきにくい床材や壁材
  • 壁によっては抗菌、防カビへの対応がある壁の設置
  • ペットが感電しないようにコンセントを高く設置
  • ペットくぐり扉があって、ドアが閉まっていてもペットが出入りできるようになっている

 

こうした設備があるとペットと一緒に住みやすいですよね。

 

また、部屋の設備とともに、部屋の風通しや日当たりなどの環境もペットにとっていいのかも気になります。

近くに一緒に散歩できる場所があったり自然豊かな場所があるのか、ペットショップや動物病院があるのかも調べておくといいですね。

「ペット可」の賃貸が探せる専用サイトも

 

「ペット可」の賃貸が探せる専用サイトもありますのでご紹介します。ペットと一緒に住むことができる賃貸だけを集めたサイトになっています。

ペットホームウェブ
https://www.pethomeweb.com/

ペットアドパーク
http://www.pet-adpark.jp/

 

「ペット可」の賃貸のメリット、デメリットは?

 

「ペット可」の賃貸ということでメリットは、周りにもペットが好きな人が多く住んでいることです。

ペットへの理解もあり住みやすくなります。ペットの話でコミュニケーションを図ることもできるでしょう。

 

デメリットは、「ペット可」の賃貸では敷金が3か月という所も多く、ペットによって部屋が傷む可能性があるので最初の敷金を高く取っているケースが多いようです。

退去の際には、部屋を元通りにするために必要な補修もありますので、ペットを飼っているとその分を多く支払わなければいけなくなるでしょう。

本来あまり補修がなければ戻ってくる敷金も戻ってこないことが多くなります。

 

「ペット可」の賃貸で気を付けることは?

また、「ペット可」の物件でも気を付けなければいけないことがあります。

「ペット可」の物件と言っても、全員がペットを飼っている訳でもペットが好きなわけでもないことです。

共有部分などではマナーを守ってペットを飼うことが大切になります。

 

放し飼いにしていることで隣にペットが行ってしまったなどということがないように注意したいですね。

気を付ける点としては、

  • 犬や猫などのペットがむやみに吠えないように注意をしましょう。
  • 隣との境界線を越えてペットが行ったりしないように対策を取りましょう。
  • 排泄を共有部分にしないように気を付けたり、後始末をきちんとしましょう。
  • 廊下やエレベーターでは抱きかかえたり、リードをきちんと引いておきましょう。

 

ペットを飼っていることで迷惑をかけたり、特に共有部分で迷惑にならないように気を付けることが大切です。

 

よく吠えたり、鳴いたりしないように気を付けたり、排泄による臭いなどにも注意をしましょう。

できるだけコミュニケーションも図りながらペットへの理解をしてもらえるようにすると良いでしょう。

 

ペットと暮らすなら「ペット可」物件に住みましょう

 

いかがでしたでしょうか。

ペットと一緒に暮らしたい場合はペット可物件を探しましょう。

「ペット可」の賃貸では、最初にどんなペットを飼うのかを不動産屋に相談したり、その後もペットの音や臭い、排泄の問題、放し飼いにする範囲の問題などに気を配って住むことが大切です。

長くペットと一緒に住むために、少し気を使いながらお互いに気持ちよく過ごせるようにしましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です