転職が決まらず無職期間が長期化!そんな時はどう行動したら良い?







無職期間が長期化する原因は、必ずと言っていいほどあなたにも原因があります。

あなたはまだ心のどこかで「まだ他の人と比べたら俺(私)は大丈夫」など、根拠のない自信を持っているのではないでしょうか。

 

その考え方では、いつまで経っても転職先は決まらないままです。

今回は、転職期間が長期化してしまった場合の対策法についてご紹介します。

 

まず「無職」である事を自覚すること

 

無職期間が長期化してしまうと、どうしても転職活動において不利な状況となります。

それは、転職活動において履歴書の「空白期間」が不利な要素として働いてしまうからです。

 

空白期間があるという事は、客観的に見ればあなたは無職の状態なわけです。

「いや違う!オレ(私)は転職活動中だから、無職とは違う!」

そう思っているかも知れませんが、傍から見れば括りは同じです。

まずは、今自分が「無職」であることをしっかりと受け止めなくてはいけません。

 

今の自分の状況をしっかりと認識しなければ、今の生活から脱却することは難しいでしょう。

 

例えば同じ能力を持った応募者がいた場合を想定してみて下さい。

その場合、現役でバリバリ働いている応募者と、既に退職し現場から離れて家でゴロゴしている応募者、

あなたならどちらの人間を採用したいと思いますか?

その答えは明白ですよね。

 

しかし、自分が「無職」であると自覚することで、ライバルが持ち合せていない「武器」を見つけることが出来るのです。

今の現実から目を背けたい気持ちも分かりますが、一日でも早く転職先を見つける為に、今の自分の状況をしっかりと把握することから始めましょう。

 

なぜ無職期間が長期化してしまったかを考える

 

なぜ無職期間が長期化してしまったのか、その原因を明確にする必要があります。

無職期間が長期化してしまう理由は、大きく3つに分けることが出来ます。

 

  • 面接が通過できない、書類選考が通過できない
  • 一社あたりの応募から面接、内定までのフローが長い
  • そもそも応募していない

 

上記のように、無職期間が長期化してしまう理由にもいくつかの原因や要因があるのです。

 

面接が通過できない、書類選考が通過できない

その中でも「面接が通過できない。書類選考が通過できない」という人が最も多いかと思います。

 

しかし、それを「しょうがない」で済ますことは出来ません。

既に長期化する原因は分かっているのですから、その点だけを改善すれば良いのです。

 

書類選考が通過出来ないのであれば、家族や知人などに書類を添削してもらったり、転職エージェントやハローワークなどを活用して書類の完成度を上げればこの問題はクリア出来るはずです。

また、業種や職種などを絞ったり、使用する求人媒体を絞ることで書類選考の通貨率はさらにUPするでしょう。

 

これは「面接が通過できない」場合も同様です。

面接対策をすれば良いだけなのです。

しかし、家で一人で面接の練習していてもその効果は期待できません。

その練習方法では、頭にインプットした原稿をただ読み上げているロボットのようになってしまうからです。

面接は相手がいて、どんな質問をされるのかはその場になるまで分かりません。

しかし多くの面接ではある程度決まった質問もありますので、「志望動機」などはスラスラ言えるようにしておきましょう。

そして、友人や家族などに面接官役を頼み、王道の質問以外にもその場で思ったことを質問してもらいましょう。

その質問に臨機応変に答えることが出来れば、会話として成り立っているということです。

またハローワークなどでは無料で面接対策も行っているので、そういった機関やサービスを利用するのも良いかも知れません.

 

一社あたりの応募から面接、内定までのフローが長い

次に「一社あたりの応募から面接、内定までのフローが長い」場合です。

この場合の原因は、あなた自身が企業からの連絡をただ待っているから、無職期間が必然と長期化してしまうのです。

応募から内定までの期間は企業によって様々です。

応募から1週間程度で内定が決まる企業もあれば、内定まで半年以上かかる企業も存在します。

 

その為、どんなに自分が入社したいと思った会社であっても「企業からの連絡待ち」状態になってはいけません。

また書類選考が通っているか、面接に受かっているかなど、一切気にしてもいけません。

ただ、ひらすらに応募し続けましょう。

 

そもそも応募していない

最後に「そもそも応募していない」状態です。

良い求人が無いから応募ができない、と悩む人もいるでしょう。

その場合には、一度活動方法を見直しても良いかも知れません。

 

現在多くの派遣会社では、「紹介予定派遣」と呼ばれる採用制度が導入されています。

この制度は一度派遣社員として企業へ入社し、約半年から1年の派遣期間を経た後、派遣先企業と直接雇用契約を結ぶ制度です。

新卒採用で例えるとインターンのような制度ですね。

規定の在籍期間が満了した後、双方の合意の上で直接採用となるわけです。

もちろん、あなたの評価によっては直接雇用が見送られる場合もあります。

しかし、それはどの企業でも同じですよね。

良い求人が無いと悩んでいる場合には、一度派遣先に足を運んで「紹介予定派遣制度」を活用してみましょう。

 

長期化した転職活動を終わらせるポイント!日中は家で作業しないこと!

転職活動を効率的に進めるには、日中は家で作業しないことをおすすめします。

転職活動中は求人検索や応募書類の作成など、パソコンを使用する作業がどうしても多くなりますよね。

 

しかし、自宅で作業をすることで、どうしても「甘え」が生まれてしまいます。

自宅だと疲れたら横になって寝ることが出来てしましますよね。

それが転職活動において一番の敵なのです。

転職活動を効率的かつ迅速に進める為には、作業する環境や自身の行動に変化を付けましょう。

 

  1. 日中はカフェや漫画喫茶を利用して求人検索、ピックアップ。
  2. 自宅に戻ってから、ピックアップした企業への応募書類作成

 

上記のように場所によって作業を分けることをおすすめします。

一日中ダラダラと自宅で作業するよりもずっと、効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

しかし、必ず注意して欲しいことがあります。

それは、漫画喫茶や公共の場を利用して「履歴書の出力や閲覧しないこと」です。

履歴書にはあなたの個人情報が記載されています。

それを公の場で編集したり、操作する事は絶対にしないで下さい。

これは、漫画喫茶などでパソコンを利用する場合でも同様です。

転職サイトなどを閲覧するのはOKですが、決してあなたのID、パスワードで「ログイン」はしないで下さい。

個人情報が流出する恐れがある為、大変危険です。

 

その為、外出先では求人サイトの閲覧とピックアップを、そして自宅に戻ってからそのピックアップした企業への応募書類を作成、という流れで進めてみて下さい。

きっとこれまでよりも、より転職活動を効率的に進められるはずです。

まとめ

 

無職期間が長期化してしまう理由は、あなた自身にも原因があると言えます。

それは、今置かれている現状を楽観視している可能性があるからです。

無職期間は空白期間でなく、「無職期間」だとしっかりと認識しましょう。

 

そしてさらに転職活動が長期化している原因を明確にし、その原因を改善することが大切です。

また転職活動中は、ずっと自宅に引きこもって作業をしてはいけません。

作業環境を変えることで身体もリフレッシュし、効率的に転職活動を進めることが出来ますので是非実践してみて下さい。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

転職したらお金がもらえるって本当?就職手当、祝い金をもらう為に行う事

2017.07.09











<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です