メンタルケアカウンセラーが教える!簡単おすすめメンタルケア!







もうすぐ雨も続く梅雨の時期。

ジメジメした気分になりがちですね。

憂鬱な気分や体の不調は、気圧や天候でも不安定になりがち。と言われています。

今回は普段心がけるだけで簡単に出来る脳にストレスを溜め込まない方法をメンタルケアカウンセラーの資格を持つ私から紹介したいと思います!

 

自然の力は偉大!やっぱり太陽は大切なエネルギー

朝起きたら、まずベランダやお庭に出て新鮮な空気と太陽の光を約20分程浴びましょう。

「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内物質セロトニンの増加、そして紫外線により形成されるビタミンDを体内に取り入れる事で、新陳代謝も良くなります。

セロトニンの分泌が悪くなるとうつ病になりやすいと言われています。

 

活発な心と体を維持する為には、必要不可欠なホルモンです。ストレスから起こる気分の落ち込みなどの予防法にはとても優れています。

朝が忙しく、日光浴が出来ない場合でもなるべく太陽の光を直接浴びる為のきっかけを作ってみましょう。

駅やバスでの待ち時間や、洗濯を干す時間。

買い物に出かける時なども、日向を選んでみると良いと思います。

 

日光は浴びすぎるとシミやそばかすの原因にもなりますが、ビタミンDはカルシウムを形成する為に必要なビタミンです。

カルシウムが不足すると、気持ちをイライラさせたり体調不良の原因になりやすいので朝日光浴が可能な場合は、日光浴を行い、ビタミンDの摂取を促進させましょう。

 

寝起きの太陽光覚醒は、1日の体サイクルを整えてくれる為、不眠症にもとても効果があるのと言われています。

是非、試して見て下さい。

 

忙しい仕事の合間にもオススメな小技

休憩時間もままならない日々…。

そんな中でも飲み物やオヤツを変えてみるだけで脳疲労の回復に繋がります。

 

暖かい飲み物は体内の血液の循環を良くしてくれます。内臓から体内が温まる事により動きやすい体にしてくれます。

暖かい飲み物にはリラックス効果もあるので、 思わず冷たい飲み物が欲しくなる夏でも、なるべくぬるめな飲み物を口にするといいと思います。

冷えた飲み物よりも、暖かい飲み物の方が喉も潤い、口も乾きにくいです。

オフィスや飲食店などでのエアコンは、体内から冷えきってしまう夏特有の悩みのひとつですよね。

そんなエアコンの冷えにもゆっくりと胃や腸を温める事によって肩、首の凝りなどの緊張した筋肉もほぐしてくれます。

 

元々水分不足は、生物にとってはとても危険であり、様々な病気の原因になるのは勿論のことですが、脳が受けるストレスの原因になるとも言われています。

水分補給は冬でも夏でも喉の乾きに関係なく、常に意識していましょう。

そばにおいて置いて、少しずつ飲むのが1番効果的ですが、それが難しい場合でも、休憩時間には必ずなにか飲むように心がけて下さい。

 

これから、汗もかきやすい季節なので特にこまめな水分補給をしっかり心掛けて元気な体を作ることにより、実はストレスケアにも繋がるのです。

この時も出来れば好きな飲み物を選ぶとほっと一息♪のリラックスタイムになりますよ。

 

お好みのフレーバーでリラックス効果を

意外と知られていないのですが、実はガムを噛むことによって集中力を高め、ストレスを軽減してくれるという結果があります。

ガムを噛む時のリズミカルな動きはセロトニンを増やし、運動能力、作業効率も上がることがわかっています。

 

糖分が気になる場合はシュガーレスガムがオススメです。

特にミントは鎮静作用もあるハーブなのでお口もスッキリ!なミントガムもオススメです。

 

よく知られている、ハーブなどの薬草もおすすめで、ハーブティーなどを飲むことも効果的ですが、味が苦手という方も多いですよね。

ハーブはアロマとしても効果も高く評価されているので、バスタイムでの入浴剤、お香、柔軟剤、お部屋消臭効果のスプレーなどをハーブの香りにしてみるといいと思います。

 

今は、専門店に限らず加湿器などのアロマエッセンスを購入する事が簡単になりました。

細かいストレス別やその日の気分によって、色んなフレーバーを試してみてはいかがでしょうか?

 

自分で1番落ち着くなぁ…と思うフレーバーが、やはりストレスにとっても1番効果がありますので、大好きフレーバーのガムやアロマを是非探してみましょう!

 

まとめ

毎日、簡単に出来るストレスケア♡

太陽、水分、香りなどを日常的に意識して続けるだけで、少しずつですが変化を感じ、知らない間にストレスケアが出来ちゃいます。

 

まずは予防から!すでにストレスによる体調不良を感じている場合は、上のケアだけではなくしっかり栄養を摂取して、休憩時間にはなるべく背伸びをしながら深呼吸をしてみてください。

それだけで脳と筋肉の緊張がほぐれて、疲れた体と脳の緊張を長引かせない為の予防にもなります。

 

どのストレスケア方法も、無理して行うと逆にストレスにもなります。

ストレスケアでは自分のペースで心地よいと感じる事がとても大切です。

 

気楽に楽に♪どれかひとつからでも、試していただけたら良いと思います。

 












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です