全国的に有名な盛岡グルメ福田パン。地元人がおすすめする組み合わせをご紹介!







数々の人気テレビ番組でも紹介され、爆発的な人気を誇る福田パン。

学生時代にしょっちゅう購買で購入していた盛岡市民は嬉しいような寂しいような複雑な気分です。

しかし、行列の中でたくさんある福田パンの具材やクリームの中から一つ二つ選んで決めようとしても焦ってしまって、結局「あんバターサンド」に行き着いてしまうという方へ。

 

もちろんロングセラーで福田パンの主力商品であるあんバターサンドはおいしいですが、他にもおすすめの組み合わせがあるのでご紹介していきます。

 

最近よく聞くけども、改めて福田パンってなに?

 

福田パンの本社は岩手県盛岡市の長田町にあります。

商品は大きくてフワフワなコッペパンが主です。

 

中にあんやクリーム、様々な具材を挟むのですが、大きなコッペパンを二つに割り、その両面にクリームや具材を置く事ができるので、単独でもおいしいですが、2種類のクリームや具材を片方ずつに塗って挟むこともできます。

本社は、特にお昼時にはいつも行列ができているそうです。「そうです」と言うのは、スーパーなどでも販売され、定期的に実演販売も行っている福田パンをいつでも食べられる盛岡市民はそんなに本店まで行くことは少ないのです。

しかしこだわりのある方や、近くに住んでいる方などはよく訪れるようです。

 

ほんの数年前までは学校の購買で買って食べる等、盛岡市民のソウルフードとしてひっそりと盛岡市の中で販売されていましたが、上記の通り評判は広がり、今では全国的に有名になっています。

 

福田パンのコッペパンに塗る、数あるクリームや具材の中で一番の人気はやはり「あんバター」です。

バターが品薄状態になり、供給ができなくなった際に、一度バターがマーガリンに変わったこともありますが、その危機も乗り越え、今でも多くの人が好む大ヒット商品になっています。

 

しかし!

中にはあんバターサンドを食べ過ぎて飽きた!

 

と言う人も多くいます。特に学生さんは購買で購入できる学校も多くあり、福田パンを食べる頻度が多いです。

そのため他の味を求めている地元人も増えているはずです。かくいう私もその一人。

最近福田パンは食べるけどあんバターサンドを食べたのはいつだったか忘れるくらい食べていません。

 

しかしそういった人達は独自のクリームや具材の組み合わせを見つけて違う味の福田パンを楽しんでいます。

あんバターに飽きたからと言って他のパンを食べるというのではなく、福田パンのコッペパンで食べたいと思えるのが福田パンの魅力なんです。

 

私が見つけたおいしい福田パンの組み合わせ例をご紹介

 

ということで、福田パンは好きだけどあんバターは飽きてしまった方へ向けて、私がいいな、と思ったクリーム、具材の組み合わせをご紹介します。

 

イチゴミルクと♦ホイップクリームを挟むとまるでイチゴのショートケーキのよう!

ホイップクリームが大好きな私に一番の幸せを届けてくれる組み合わせです。

しかしスーパーの実演販売ではなぜかイチゴミルクの在庫が少なめなので、ない時にはクッキー&ストロベリーとホイップクリームの組み合わせでお願いすることがあります。

スイーツ大好きな女子にうってつけの組み合わせ。紅茶やコーヒーと一緒にいかがでしょうか。

 

抹茶あんと♦ホイップクリームで抹茶ケーキの出来上がり

以前は抹茶あんとあんを挟んで和菓子のような組み合わせで食べていたのですが、ちょっと変えてみたら抹茶ケーキになりました。

上記でもホイップクリームが出てきていますが、コッペパンの片面にホイップクリームを目一杯塗ってくれるのを見ていると本当に嬉しくなります。

抹茶あん自体はやはり高齢の方にも人気ですが、組み合わせによって、年代や性別問わず楽しめる味になるので、抹茶あんの懐の深さにただただ感心するばかりです。

因みに黒ごまきなことも合いますよ。

 

コーヒーと♦ミルクでカフェオレ風味に変身

ミルククリームは学生の頃にも人気で、予約しておいても順番によってはなくなってしまうことも多く、食べられたらラッキー!なクリームの1つでした。

今ではスーパーで気軽に買えるので安心して食べられます。

その人気のミルククリームと、しっかり濃厚なコーヒークリームを組み合わせれば、クリーム多めのコーヒー、あるいはカフェオレ風になり、大人の味に変わります。

コーヒークリームは、砂糖のようにちょっとシャリシャリしているのですが、その歯触りも楽しいです。

味と食感で楽しめる、美味しい組み合わせの1つです。

 

お子様にもうれしい、♦チョコレートと♦バナナクリームでチョコバナナ味もできちゃいます。

以前はチョコレートよりもココアのほうが多く出ていた記憶のある私ですが、最近はチョコレートクリームもたくさん販売されるようになりました。

ちょうどバナナクリームもあるので、組み合わせてチョコバナナの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただ、バナナは加工すると微妙に味が変わるので苦手に思われる方もいると思いますが、福田パンのバナナクリームはおいしいので、ぜひ試してみてください。

 

福田パンは組み合わせ次第で何通りもの味が楽しめる

今回は甘いものを中心にご紹介しましたが、周りでは「コンビーフは最強」とか、「トンカツと野菜でいっちゃう」と言った声も聞かれます。

以前の福田パンを知っていると、甘いものがメインなイメージがありますが、最近ではお惣菜パンもすごく充実してきています。そちらの組み合わせもおいしそうです。

 

このようにたくさんあるクリーム、具材の中から好きに選んでパンに挟める楽しさも福田パンが長年愛されている要因の一つでもあると思います。

さらに、盛岡駅構内では岩手県内で取れる特産品を福田パンにはさむというコラボレーションも盛んにおこなわれ、販売されています。

盛岡市内、県内の方はもちろん、県外から盛岡にいらした際にはぜひ、盛岡名物福田パンを召し上がってみてください。

 

《福田パン本店》












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です