一人暮らしに人気の賃貸物件、新築・築浅はどうして人気?







一人暮らしの賃貸物件で人気なのはどのような物件でしょうか。

賃貸物件はいろいろな選択肢があって、悩みますよね。

 

それぞれいろいろな特徴がある賃貸物件ですが、一人暮らしに限らず、人気なのは、やはり新築や築浅の物件です。

なぜ新築や築浅の物件はそれほど人気があるのでしょうか。

この記事では新築の物件、築浅の物件の人気の要因などを解説していきます。

 

新築や築浅の物件は何年までの物件のこと?

新築の物件は、建ててすぐの物件という事になりますが、完成後何年までを新築と言うのでしょうか。

また、築浅の物件も何年までを築浅というのかについては疑問ですよね。

 

それぞれについて多くの人がどう思っているのか調べてみたところ、下記のような認識を多くの人がもっているようです。

「新築」・・・築1年以内で誰も住んでいない状態の建物

「築浅」・・・完成後2~3年(もしくは完成後4~5年まで)

 

築浅は、必ず何年までを築浅と言わなければいけないというものでもなく、大体の建物のイメージで多くの人がまだ新しいと感じる年数となっています。

 

新築や築浅の物件はなぜ人気?

 

新築や築浅の物件の人気の理由にはどんなことがあるのでしょうか。

新築の場合は、誰も住んでいないという点を評価する人も多いでしょう。

 

当然のことながら、新築・築浅の物件の一番の人気の理由は、部屋の印象がきれいということです。

古い賃貸と比べるときれいな物件の方がそれは良く見えますよね。

 

特に配管などの水周り、台所、お風呂、トイレ、洗面所などの水周りは老朽化しやすく、老朽化が進むと見た目も悪くなり、不潔な印象になっていきます。

その点、新築や築浅の物件は水回りがピカピカですから、清潔ないい印象になります。

 

水回りの設備が最新の設備であるというのも嬉しいポイントになります。

 

水周りなどの最新の設備・機能が嬉しい

新築・築浅物件は、新しくてきれいというだけでなく、新しい設備が部屋に備わっているというメリットも人気の一つです。

キッチンもお風呂もトイレも、洗面所もどんどん新しい機能を持った設備が開発されますので、新しい建物にはそれらが備わっていることが魅力になります。

新築、築浅物件の設備的な特徴についてご紹介しましょう。

 

バス、トイレが広い

以前は一人暮らしの1Kや1DK、1LDKなどというとバス、トイレが一緒のユニットバスが普通でしたが、最近では別々になっていてバス、トイレが広くなっている間取りが人気です。

新しい建物にはバス、トイレが広い物件が多くなっています。

 

温水洗浄便座になっている

トイレも新しいトイレだと温水洗浄便座になっている点が嬉しい点です。

温水洗浄で快適で清潔なトイレライフが過ごせます。

トイレ設備をチェックすると部屋が新しいかどうかもよくわかりますので、一つの重要なチェックポイントになります。

 

お風呂が追い炊き機能付き&リモコン付きになっている

新築、築浅物件には、お風呂がリモコンによって自動で沸かせ、追い炊きもできる設備が付いていることも多くなっています。

わざわざお風呂場まで行かなくてもお風呂が沸かせて自動で止める設定ができます。

お風呂を沸かすのは毎日のことですので、こうした設備があるととても便利です。

 

浴室乾燥機付きで雨の日は浴室で洗濯物が干せる

浴室乾燥機が浴室内に付いている物件もあります。

雨の日に浴室に洗濯物を干すことができるのでとても助かります。

梅雨時にはとても嬉しい設備です。

 

シャワー付き洗面化粧台で朝シャンもできる

シャワー付き洗面化粧台が付いているだけで新しい洗面化粧台が付いているといった印象を受けます。

女性には特に人気の設備で、こうした設備があることが新しい物件の良さですよね。

 

IHコンロが付いていると電気なので火を使うより安心

最近は、IHコンロ付きの物件も増えてきました。

ガス火と比べると火力が弱いことが多いですが、火を使わないので火事の心配は少なくなります。

 

有線放送アンテナ付でインターネット等にも対応している

新築、築浅物件では、有線放送を見る環境が初めから整っている物件もあります。

また、当然ですがインターネット等にも対応している物件がほとんどです。

 

収納設備が充実している

これまでは、一人暮らしの部屋には備え付けの収納設備が少なく、収納家具を別に購入していましたが、最近の物件では備え付けの収納も充実してきています。

収納設備については地味ですが、かなり重要です。

 

クローゼット付きで洋服収納が便利

これまでは、一人暮らし用の部屋には洋服収納が少ないことも多かったのですが、クローゼットが付いている部屋も増えています。

ウォークインクローゼットがある部屋もあり、洋服はほとんどそこに収納できるのでとても便利です。

この洋服収納も結構重要なポイントなので、賃貸物件を見て回る際には必ずチェックするようにしましょう。

 

シューズボックス付きで靴をたくさん収納可能

意外と散らかりがちな玄関で収納力のあるシューズボックスが付いていると狭い玄関がきれいに片付いて重宝します。

大容量の機能的なシューズボックスは魅力的です。

 

新築、築浅物件だとセキュリティ設備も安心

テレビモニター付きインターフォンでセキュリティも安心

一人暮らしではセキュリティもとても気になる点です。

新築、築浅物件ではテレビモニター付きインターフォンが付いていることが多く、来客の確認ができるのは便利で安心です。

訪問セールスや、宗教の勧誘など知らない人と玄関で顔を合わせることがなくなります。

 

複雑なカギ・オートロックの設置

最近の物件では、通常のカギとは違う複雑なカギを設置して防犯対策が取られることも多くなっています。

 

その他にもオートロックになっている物件も多く、セキュリティ面でも新築や築浅物件では高く評価されています。

賃貸物件でのセキュリティ設備の必要性は年々高まっていますので、新築物件では防犯対策が十分に行われていることが多く安心です。

 

広さや収納、安心な新しい設備が魅力的

 

新築や築浅の物件は、単に新しいというだけでなく、設備的にも新しい優れた設備が備わっているのが魅力的です。

また、リフォームされた物件で、こうした新しい設備を備えた賃貸もありますので、そういった物件を探すのもリーズナブルでおすすめです。

実際にいろいろな築年数の物件を見て、その違いを知った上で家賃と相談しながらいろいろと考えてみてください。

賃貸物件を探すならこちらがおすすめ













<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です