年上の部下との接し方 上手く接するための4つのポイントをご紹介!







上司と部下の関係では、大抵の場合上司が年上で部下が年下になりますよね。

その場合は、立場と年齢が比例しているので、上司は部下に対し必要以上に気を使うことはありません。

 

しかし、上司が年下で部下が年上というように、立場と年齢が合わないケースもまれにあります。

その場合、上司としては、立場を重視して上から接するか、年齢を重視して下に出るかなど、接し方に悩むでしょう。

 

このように、年上の部下を持って接し方に戸惑っている上司に対して、この記事では、相手と上手く接して良好な関係を構築するための4つのポイントをご紹介します。

 

上下関係という原則を重視しつつも、年齢に配慮する姿勢をとることを意識し、上手く付き合うようにして下さい。

 

1.大前提として、上司と部下という関係を重視する

年上の部下を持つと、たしかに接し方に困惑するでしょう。「上司」という部分を強調すればいいのか、「年上」という部分を尊重して接するべきなのか、どちらを重視すべきかで迷うものです。

 

しかし、組織で仕事をする以上、最優先で考えるべきなのは立場上の関係です。

責任と権限を持った上位の立場の者が、下位の立場の者に対し、業務指示を行いながら部門の目標を達成していくことが重要です。

 

その点をふまえ、たとえ部下が年上だとしても、上司と部下という立場上の関係を重視しましょう。

他の年下の部下に接するのと同じように、目標を与え、適宜指示を出し、評価をすることを前提とすべきです。

 

立場を重視した接し方を念頭に置くことが、年上の部下との関係での出発点になります。

 

2.「しなさい」と命令するより、「お願いします」と依頼する

 

上記のように、基本的には立場を重視して部下と接します。

しかし、そうは言っても部下の方が年上であり、その点に配慮しないと、部下のプライドを傷つけ、関係が悪化し仕事に支障をきたします。

 

そこで、その接し方を工夫しましょう。

通常は部下に対して「○○をしなさい」などと業務命令を下します。

しかし、いくら上司でも命令口調で言われると、部下は不快に思うでしょう。

 

そこで「○○をお任せしますので、宜しくお願いします」などと依頼する形をとりましょう。

仕事をさせるという事実は崩さず、その伝え方を変えることで、立場と年齢のバランスを上手く取るわけです。

 

そのような配慮の行き届いた接し方をすれば、年上の部下も有難いと思い、素直に仕事に取り組めるでしょう。

 

3.「よくできた」とほめるより、「有難うございます」と感謝する

部下が成果を上げた時は、通常は「よくできた」などとほめます。

しかし、ほめるという行為は、いわゆる上から目線の接し方なので、年上の部下からしたら気分のよいものではないでしょう。

 

そこで、そのようにほめる言い方をする代わりに、「これは助かります。有難うございます」などと感謝する形にしましょう。

部下が成果を上げたことに対し、上司の立場で認めるという事実は変えず、その言い方を変えるのです。

 

相手に感謝の意を伝えるのは、立場や年齢に関係なく自然にできることです。

そのため、年上の部下としても、違和感なくすんなりと受け入れられるでしょう。

 

このように、有難いと思う気持ちを伝える接し方にすることが、年上という点への配慮として相応しいと言えます。

 

4.「気を付けろ」と指導するより、「どうしたのですか」と話し合う

 

部下がトラブルを起こした時などは、普通は「以後気を付けろ」などと上から指導する接し方になるでしょう。

しかし、いくら立場が上でも、そのように駄目出しされたら、年上の部下としては不快に思うはずです。

 

そこで、トラブルなどが起きた場合は「どうしたのですか」「原因は何ですか」「今後どうしましょうか」などと、問題や原因、対策などを冷静に話し合う形をとりましょう。

トラブルを指摘し注意を促すという事実に変わりはないものの、駄目な部下を矯正するような接し方はしないということです。

 

その際、他の部下の前でそうすると、そのプライドを傷つける恐れがあります。

出来れば、二人きりになれる場所で、そのように話し合いましょう。

その結論を後に職場全体で共有し注意喚起すれば、再発防止にもつながります。

 

このように二人で冷静に話し合う接し方をとることで、年上の部下も素直に反省できるでしょう。

 

上司と部下という立場を前提としつつ、年齢にも一定の配慮をする

 

たとえ部下が年上であったとしても、組織で仕事をする以上、上司と部下という立場が優先します。

それを前提として、本来上司が部下にすべき指示や評価などを行う必要があります。

 

ただし、そうはいっても相手が年上である以上、年齢に配慮した接し方もすべきです。

例えば、「しなさい」と命令するより「お願いします」と依頼する、「よくできた」とほめるより「有難うございます」と感謝する、「気を付けろ」と指導するより「どうしたのですか」などと話し合う、といったことです。

 

年上の部下からすると、立場上は上司に従うべきだとわかっていても、上から目線で威圧的に言われては不快に思います。

そのため、上司として権限を行使するという事実は堅持しつつも、その接し方を工夫して年上部下のプライドを尊重するのです。

 

そのような配慮が行き届いていれば、年上の部下とも良好な関係が築けて、仕事もスムーズに進むでしょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です