骨粗鬆症の原因と症状、予防法は?食事に気を付けて予防しましょう







4cm以上身長が縮んだ中高年女性は、要注意!

比較的弱い力でも、骨折してしまう骨粗鬆症……

骨粗鬆症になってしまったら、転んだり尻もちをついて、時には、重い物を持ち上げたり、中腰になっただけで、背骨が折れてしまうことがあります。

 

骨粗鬆症とは、長年の生活習慣などで骨の量が減り、骨が弱くなって骨折を起こしやすくなる病気です。

近年の高齢化にともない骨粗鬆症患者数は急増し、推定1300万人と言われています。

 

40~50歳代以降の女性は、特に注意が必要な疾患「骨粗鬆症」の原因や症状、そして予防法を詳しくご紹介していきます。

 

骨粗鬆症は骨に鬆(す)が入り、骨折しやすくなる病気です

硬い骨も、破壊(骨吸収)と再生(骨形成)という新陳代謝を繰り返し、他の細胞と同様に、常に新しい骨に入れ替わっています。

生活習慣や女性ホルモンなどの影響で、骨をつくる量よりも、骨をこわす量のほうが多くなると、すが入ったように、骨がスカスカになってしまいます。

 

加齢と共に弱くなった骨は、転倒・転落やちょっとした弾みで、背骨や手首、太もものつけ根などが、容易に骨折しやすくなります。

骨粗鬆症による骨折は、寝たきりになる原因の第3位なので、老後の生活の質を維持するためにも、骨粗鬆症の予防はとても重要ですね。

 

骨量のピークは、18歳!

 

人の骨の量は、男女ともに18歳から、おだやかに減少していきます。

この骨量の減少は、骨の中のカルシウムが減るために生じます。

 

人体のカルシウムの99%は、骨と歯に蓄えられています。

そして、残りの1%は血液中にあり、一定量が保たれないと、生命の維持に支障をきたします。

食事中のカルシウム摂取量が不足すると、人体は貯蔵庫である骨からカルシウムを取り出して、血中濃度を一定に保とうとします。

この状態が続いて、骨量が2~3割減ってしまい、骨折しやすくなった病気を骨粗鬆症と呼びます。

 

骨粗鬆症の要因は、女性・加齢・生活習慣

 

骨粗鬆症の発症には、骨の量が減りやすい体質や加齢、生活のしかたなど、様々な要因があります。

危険因子として、身体要因や体に悪い生活習慣、遺伝的な素因や病気などがあげられます。




女性ホルモンには、骨量を維持する働きがありますが、閉経と共に女性ホルモン分泌の急激な減少がおこります。

卵巣摘出などの手術で閉経になっても同様で、もともと骨が細い女性が、加齢と女性ホルモンの激減のため、骨粗鬆症になりやすいと考えられています。

また、副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモンの過剰でも起こりやすいです。

 

食習慣では、カルシウム不足タンパク質不足偏食極端なダイエットアルコールや コーヒーの多飲などが骨粗鬆症の要因となるでしょう。

 

生活習慣としては、家に閉じこもることによる運動不足日照不足多量の喫煙などがあります。

 

閉経の時期や痩せ型、家族に骨粗鬆症がいないかなど、遺伝的な素因があることも指摘されています。

 

最近の研究では、慢性的なストレスは骨粗鬆症の危険因子とされています。

ストレスは、中枢神経系や副腎皮質系、交感神経系や内分泌・免疫系への影響を介して、骨量を低下させます。

 

リラックスできる時間をもち、楽しいことや面白いと感じることができる、趣味やスポーツなどの生きがいをみつけて、ストレスを解消しましょう。

 

こんな病気も骨粗鬆症の原因になります

病気や薬、手術や栄養障害などにより、二次的に骨量が減少したものを、続発性骨粗鬆症と呼びます。

原因としては

  • 甲状腺機能亢進症
  • 副甲状腺機能亢進症
  • 高カルシウム尿症
  • 糖尿病
  • 関節リウマチ
  • 腎不全
  • 肝疾患
  • 胃の切除
  • ステロイド剤の長期服用

 

などが挙げられます。

 

代表的な原因疾患だけでも数十におよびますので、専門医による適切な検査と正確な診断が必要です。

原因となる疾患の治療により、骨量の正常化が期待できます。

 

※骨粗鬆症が疑われたら、専門医の診察をうけましょう。

骨粗鬆症の診療を専門的に扱っている病医院のリスト http://www.jpof.or.jp/public/

 

骨粗鬆症の自覚症状は、更年期を過ぎてから

 

骨粗鬆症は、静かに進行する疾患です。

通常は骨折するまで、痛みはほとんどありません。

しかし、閉経後の女性は加齢と共に、立ち上がり時や重い荷物を持つときなどに、背中から腰が痛いといった自覚症状が、あらわれることがあります。

やがて、背中が丸くなってきた、身長が縮んできたなどの症状もみられるでしょう。

病気が進行すると、ちょっとしたはずみで骨折が起こり、痛くて動かせなくなります。

 

骨粗鬆症による骨折は、背骨や手首、脚のつけ根におきやすい

転倒や転落、比較的弱い外力でも骨折します。

 

脊椎椎体骨折(せきついついたいこっせつ)

骨粗鬆症による骨折のほか、転移性骨腫瘍や外傷性の椎体骨折などがあり、圧迫骨折とも呼ばれます。

高齢者では、尻もちなどのちょっとした外力で生じ、痛みが軽い場合もありますが、通常は背中から腰が痛くて寝込んでしまいます。

胸椎の下部から腰椎の上部にかけて骨折しやすく、背骨の前方が楔(くさび)形につぶれます。

何ヵ所か折れてしまうと、背中が丸まり、背が低くなるでしょう。




X線検査で診断し、骨粗鬆症の疑いがあれば、骨密度も測ります。

骨粗鬆症による軽い圧迫骨折は、コルセットで固定し、前屈みにならないように指示します。

痛む動作や姿勢を避け、安静が保てれば、3~4週間で治るでしょう。

 

橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)

中年以降の女性が、手のひらをついて転んだときに、生じやすい骨折です。

前腕(手首から肘まで)の骨の手首寄りが折れると、強い痛みと腫れ、変形がみられ、手がグラグラになります。

高所からの転落や交通事故でも発生し、橈骨の隣の尺骨も骨折することがあります。

X線検査で診断し、麻酔下で整復して固定しますが、整復が困難なケースでは手術が検討されるでしょう。

 

大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

高齢者が転んで、脚のつけ根を痛がり、立てなくなったら、この骨折を疑います。

大腿骨頚部は、太ももの骨が股関節から出てすぐのところにある、くびれた部分です。

 

関節の中で折れる、頚部内側骨折では、軽く脚をひねった程度でも発生し、ある日突然立てなくなったりします。

骨のつきが悪いため、長期の安静による認知症や寝たきりになってしまうケースが多いので、手術も検討されます。

年間10数万人が受傷する、高齢者に多い骨折なので、骨粗鬆症の治療と転びにくい環境作りが重要ですね。



骨粗鬆症の診断には骨の量を測りましょう

骨密度が若年成人の80%以上で正常70~80%で骨量減少70%未満で骨粗鬆症と判定されます。

閉経後の女性は、1年に1回ずつの骨密度測定をおすすめします。

男性は、長期間の寝たきりや、胃腸・腎臓障害などがなければ、測定の必要はありません。

70歳代以降は、男女とも2年おきくらいに測定しましょう。

 

骨粗鬆症の診断には、腰椎などの骨密度を測定する、DXA(デキサ)法の信頼性が高いとされています。

他に超音波法やMD法、CT法などがありますが、検診用には、かかとや前腕の骨で測る、骨量測定機器が大半でしょう。

女性は40歳から5歳ごとに、節目検診を保健センターや保健所、指定医療機関で受けることができるので、ご利用ください。

 

骨粗鬆症はお薬で治療します

近年、骨粗鬆症の治療薬の開発が進み、有効性の高い薬が発売され、症状の程度やタイプ、年齢に応じた薬物療法が行われています。

骨吸収抑制剤(骨の減少を防ぐ)、骨形成促進剤(骨をつくる)、ホルモン剤、各種ビタミン剤などがあり、内服や注射(カルシトニン)で治療します。

 

  • ビスフォスフォネート…骨を吸収する細胞の働きを抑え、 骨量を増加させる
  • サーム…女性ホルモンと同じ働きで、骨のカルシウムが溶け出すのを抑える
  • デノスマブ、イプリフラボン… 骨量の減少を抑える
  • ラロキシフェン…骨量を増加させる
  • ビタミンK2… 骨がつくられるのを助ける
  • 活性型ビタミンD3… 腸からのカルシウムの吸収を促進し、骨を強くする
  • カルシウム剤…骨量の減少を防止、食事からのカルシウム摂取量が少ない場合に服用
  • 女性ホルモン…閉経期の女性が対象、更年期症状の改善と骨量の減少を抑える
  • カルシトニン…骨量の減少を抑え、背中や腰の疼痛を軽減する




骨粗鬆症の予防は、食事・運動・日光浴

骨粗鬆症は、生活習慣の改善による予防が、とても大切な病気です。

 

食事による骨粗鬆症予防

骨粗鬆症の予防と治療のためには、カルシウムを1日800mg、食事から摂取するよう心がけましょう。

現代の日本人は、ほとんどの栄養素は十分に足りていますが、唯一カルシウムのみ不足しています。

 

普段の食事に、あと200mgのカルシウム(牛乳1杯、豆腐半丁など)を加えましょう。

牛乳チーズなどの乳製品、豆腐納豆生揚げなどの大豆製品ワカサギイワシなどの小魚ひじきわかめなどの海草類小松菜チンゲンサイなどの緑黄野菜などが、カルシウムを多く含む食品です。

特に乳製品は、吸収率が高く、カルシウム源としてもっとも効率がよいので、おすすめです。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、尿へのカルシウム排泄を減らして、骨を丈夫にします。

イワシサンマサケシラス干しなどの魚類、干しシイタケキクラゲなどのきのこ類に、ビタミンDは多く含まれます。

シイタケは、使う前に天日で干すと、ビタミンDが増えるので、おすすめですよ。

人体の皮膚でも、紫外線にあたるとビタミンDは作られます。

紫外線量の少ない冬は、ビタミンDが不足しやすいので、魚類やきのこ類を積極的に食べるようにしましょう。

 

ビタミンKは、カルシウムを骨に取り込むのを助け、骨を強くします。

モロヘイヤ小松菜ブロッコリーなどの野菜、納豆鳥もも肉などに、ビタミンKは多く含まれます。

色の濃い葉野菜に多く、脂溶性なので、油で調理するとよいですよ。

 

他にビタミンB6ビタミンB12葉酸タンパク質リンマグネシウムなども、併せて適量摂取することが大切です。

食事からとることが望ましいですが、不足する場合は、補助的にサプリメントを利用しても問題ないでしょう。

 

ただし、過剰な摂取は弊害もありますので、十分ご注意ください。(多量のリンが含まれる食品を食べすぎると、カルシウムを便の中に出してしまうなど)

できれば、体や骨にとって必要な栄養素を、食事からバランスよくいただくことが理想です。

 

運動による骨粗鬆症予防

骨にかかる力が大きく、繰り返しが多い運動は、骨を強くしてくれます。

ただし、高齢者や骨粗鬆症がすすんだ人は、無理に激しい運動をすることは、勧められません。

ウォーキングや水泳、自転車などの有酸素運動や、体操を継続して行う方がよいでしょう。

 

骨を強くするためには、ウォーキングは1日30分、水泳は30分を週2回、自転車は1時間くらいを目標にしてください。

ご自身の体力や、その日の体調にあわせて無理せず、運動中異常を感じたら、すぐに中止しましょう。

運動は、閉経後の女性の骨密度を維持し上昇させる効果や、高齢者の転倒予防効果が期待できるので、ぜひ毎日の生活に取り入れてください。

 

日光浴による骨粗鬆症予防

カルシウムの吸収に必要なビタミンDを皮膚でつくるために、日光浴が勧められます。

夏は木陰で30分、冬は服から出ている部分に1時間くらい、日光をあてましょう。

ガラス越しの日光浴は、紫外線を通しづらいので、できれば屋外がおすすめです。

家の中にこもり、外出しない人は、ビタミンDが不足しがちなので、食事から積極的に摂取しましょう。



タバコやお酒

喫煙は胃腸の働きを悪くして、食欲減退をまねき、カルシウムの吸収を妨げます。

また、骨からのカルシウムの流出を防いでくれる、女性ホルモンの分泌を低下させ、骨を弱くします。

多量の飲酒は、アルコールの利尿作用により、体内のカルシウムを必要以上に、体外へ排泄させてしまいます。

 

転倒を防ぐ

80歳以上の高齢者においては、要介護になる原因として、骨粗鬆症による骨折が10%を超えます。

高齢者は、居間などのなれた場所や、平らな道などのなんでもない場所で、ちょっとつまづいたり、すべって転ぶことが多いです。

家の中やいつもの道でも、急がずあわてず、慎重に行動するように心掛け、手すりや杖なども利用するようにしましょう。

また、転ぶ要因となる病気(足や膝、腰などの疾患、白内障やめまい)がある人や、ふらつきや眠気などの副作用がある薬を服用している人は、特に気をつけてください。

 

骨粗鬆症の治療はとても大変

 

骨粗鬆症の兆候はなるべく早く見つけて、生活習慣の改善と治療で骨折を予防することで、生活の質の維持が可能となります。

40歳代以降の女性は、骨粗鬆症財団のセルフチェックを利用したり、検査を受けて早期発見に努めましょう。

※骨の健康度チェック http://www.jpof.or.jp/selfcheck/

 

骨粗鬆症の治療の目的は、骨折の予防にあります。

そのためには、バランスのよい食生活と適度な運動習慣、転びにくい環境づくりなどが、ポイントとなります。

骨粗鬆症の予防法は、生活習慣病の予防にもなるので、ぜひ前向きに取り組んでくださいね。

 

より詳細な医療情報が必要な方には、こちらの動画もおすすめです。

国立国際医療研究センター病院 病院長 中村利孝先生が、骨粗鬆症の病態や疫学、予後や診断、治療を分かりやすく解説しています。

※骨粗鬆症の基礎知識と骨折の予防について http://www.jpof.or.jp/medical-qa-video/video3/












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です