8時間500円でボードゲーム遊び放題!名古屋の『大須フリースペース』をレポート!







ボードゲームは親しい友人達と集まってやるのが楽しいものですが、集まれる場所がネックになりがちです。

今回は、そんな悩みを解決してくれる素晴らしい場所『大須フリースペース』にお邪魔してきましたので、その様子を紹介します。

 

『大須フリースペース』の場所

 

場所は名前の通り名古屋市中区大須です。

大きな交差点の角にある、雑居ビルの3Fにあり、入り口が少し狭くてわかりにくいので、事前にグーグルマップのストリートビューなどで確認しておきましょう。

最寄り駅は地下鉄鶴舞線か、地下鉄名城線矢場町駅です(どちらも同じくらいの距離です)。

仕事の打ち合わせなどに使える会議室とボードゲームなどに使える休憩室があり、今回はボードゲームが目的だったので休憩室を使わせていただきました。

 

『大須フリースペース』の内部

 

休憩室は小さめな学校の教室程度のサイズで、机や椅子が所狭しと並べられています。

最も大きい席が5~6名用で、3~4名用の席が1番多いです(6卓32席とのことです)。

お手洗いは中には無いですが出てすぐのところにあるので、気軽に行き来出来ます。

 

棚にはこのように数多くのボードゲーム達が並べられています。

中には、TRPGのルールブックや人生ゲームなどもありました。

ボードゲームは寄付によって集められたものが殆どで、筆者も画像に写っている「ルーンバウンド」「Tokaido」を寄贈させて頂いたのですが、棚のスペースが限界を迎えていたようで、棚には入りませんでした。

それでも、お店の人やオーナーさんに「ありがとうございます!」と感謝していただき、2作を無事寄贈出来ました。

まだまだ寄贈は歓迎しているようですので、もし家で眠っているボードゲームなどがあれば持ち込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

また、スーパーファミコンやファミコンミニ、Wiiなどのゲームも置いてあるようなので、もしソフトがあればそういった物の寄贈でも喜ばれると思います(勿論、持ち込んで遊ぶ事もできます)。

 

『大須フリースペース』で遊んでみた

内部には扇風機もありましたが、つい最近クーラーが設置されたようで快適でした。

持ち込みは勿論可能でしたので、お菓子や飲み物を大量に持ち込んでの入店でしたが、お店の方でも飲み物、お菓子の販売をしているそうです。

 

料金は先払いですので、一度席を離れてご飯に行き、時間内に再び帰ってくるという事もできるようで、実際に全員でご飯に行っていた人達がいました。

10時の開店とほぼ同時に5名で入室し、しばらくは貸し切り状態だったのですが、昼になるにつれて段々と混雑し始め、昼過ぎごろには完全に満席になっていました。

 

殆どの席は椅子ではなく座布団や地面に置くタイプのソファで(収入が入り次第設備を拡張するとのことです)、席同士の間に殆ど空間が無いので、満席になると足の踏み場が少なく、他人の背中をまたいでボードゲームを取りに行かなければいけませんでしたし、席も狭めなのでパーソナルスペースが広い方にはあまりオススメ出来ないかもしれません。

 

図書館やネットカフェのような静かな雰囲気ではなく、逆に自由に騒げるようなガヤガヤした雰囲気で、他のグループが遊んでいるボードゲームを少し覗いてみたり、他のグループが寄贈してくれたお菓子をつまんだりと、友人の家で遊んでいるような感覚で楽しむ事ができました。

しかし、殆どのグループが似たような感じなので、静かにボードゲームがしたい!という方は、人の少なそうな平日を選んで行ったほうが良いかもしれません。

 

公式のTwitterをチェックしておくと、お客さんの少ない日の情報も得ることが出来ます。

大喜利やアドリブなど「声を出して遊ぶ」ゲームも多く置いてあるので、こういったゲームで遊べば盛り上がること間違いなしでしょう。

 

『大須フリースペース』の料金

 

料金が安い、というのがこのお店の最大の利点で、8時間500円、12時間800円という破格の値段です。

大きな机を囲んでボードゲームが遊び放題でこの値段はかなり安いですね。

先述の通り寄贈によって支えられているため、この値段でもボードゲームの種類は100種類以上とかなり豊富です。

 

おすすめボードゲーム

枯山水 新装版

大須フリースペースでは「枯山水」というゲームが圧倒的人気を誇っていました。

日本庭園をつくる、という独特な雰囲気のゲームで、常にどこかのグループがやっているほどの人気度でした(残念ながら、タイミングを失ってしまって遊ぶことは出来ませんでした)。

 

遊ばせていただいたゲームの中では、「キャット&チョコレート」が面白かったです。

カードに書かれた様々なトラブルに、自分の手札にあるアイテムだけで対処するというゲームなのですが、まさに「声を出して遊ぶ」アドリブタイプのゲームなので、お店にいったら一度は遊んでみると良いと思います。

他にも「Dixit」「横暴編集長」「ヒットマンガゲーム」などはアドリブ、大喜利系なのでオススメです。

 

まとめ

 

今回は名古屋市中区の「大須フリースペース」さんを紹介させていただきました。

少し狭いですが料金がとにかく安く、楽しいボードゲームがたくさんあるので、是非皆さん遊びに行って、そしてもしよければオススメのゲームを寄贈して来てくださいね!










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です