『結城家』雪降らしの槍、『御手杵(おてぎね)』







三名槍の中でもあまり目立ってこなかった『御手杵』は、三名槍の中で唯一焼失してしまった現存しない槍の一本です。

人気オンラインゲーム刀剣乱舞でも目立たない外見とポジションで、他のゲームでもあまり多く取り上げられていません。

しかしながら、非常に特徴的で高い技術が無いと作れない形状は「さすが三名槍」と言わざるを得ないものでした。

刀剣乱舞-ONLINE- オンラインゲーム

 

『御手杵』槍身の大きさと熊毛鞘の重さ

御手杵は室町時代末期に駿河国の刀工、島田派の五条善助作の大身槍です。

全長は約3.8mと、そう長くはありません。

しかし刃長は138cmあり、柄の中に入り込み刃を固定している茎の部分も合わせると215cmというとんでもなく桁外れの大きさを誇っていて、なんと大太刀よりも大きいのだそうです。

刃の断面は正三角形になっていて、切ったり薙いだりするのではなく突くことに特化した形状になっています。

そして刃の中央の溝が非常に深く掘られていて、手作業で作られたことから極めて高い技術を持っている職人の技であると言えます。

この刻まれた溝は「谷のように深い」と日本刀鑑定士の本阿弥光遜が驚嘆したほどでした。

 

最初に作られた鞘は細長い杵のような形状だったことで御手杵という名が付けられました。

この杵状の鞘をデフォルメして作った鞘があります。

高さ150cm、直径45cm、熊毛で覆われた毛鞘で、その重さは鞘だけで22.5kgもありました。

この御手杵の毛鞘は、雨の日には水を吸ってさらに重くなり37.5kgを越えることもありました。

普通の人にとったら運ぶことすら困難なほどの重さです。

このとんでもなく重く巨大な毛鞘は結城家の大名である結城晴朝が作らせ、結城家の子孫に代々伝わって松平家に宝剣として受け継がれています。

 

巨大な鞘を持つ御手杵は、戦国時代に武将が自分の居場所を知らせるために用意する『馬印(うまじるし)』として使われました。

また、1635年に徳川家光が制度化した参勤交代では、結城家でも松平家でも御手杵が馬印として先頭に配置されました。

目立つために作られた大きな毛鞘ですが、運んでいた人は大変だったでしょうね。

 

結城家で重宝され、松平家へ

 

結城家17代当主である結城晴朝の愛槍として戦国時代を過ごし、江戸時代中には黒田家にある呑み取りの槍『日本号』、徳川四天王である本多忠勝の愛槍『蜻蛉切』と並び、結城家の宝で雪降らしの槍『御手杵』が天下三名槍として知られるようになります。

『黒田家』呑み取りの槍、正三位『日本号』の歴史

2017.09.29

無敵の武将『本多忠勝』と愛槍『蜻蛉切(とんぼぎり)』の歴史

2017.09.27

 

この雪降らしの槍と伝わっているのは『御手杵を鞘から抜くと雪が降る』『参勤交代で先頭に立てると雨が降る』という松平家の伝承からです。

派手な逸話はありませんが、御手杵らしさを感じる可愛らしい逸話です。

 

結城家でも松平家でも、その鞘故か貫くことに特化した強い槍であるにもかかわらず、御手杵が実戦で活躍することはほとんどなかったと言われています。

結城晴朝の息子である秀康も御手杵を所持しましたが、強い武将であったのに実戦でほとんど活躍することなく短い生涯を終えてしまいます。

悲しい因果か持ち主と境遇が似ているということで一部で話題になっていました。

 

天下三名槍で唯一焼失した

 

明治維新後、松平家では御手杵を家宝として大切にしていました。

1945年に起こる東京大空襲の戦火から守るために松平直正は「御手杵を土の中に埋めて保管しておいてくれ」と言って戦地に向かいます。

しかし代々仕えてきた家臣たちは「家宝を土に埋めるなんてそんなこと出来ません」と従いませんでした。

 

御手杵は大事に蔵にしまわれていましたが、湿気から守るためにと作られたその蔵は木炭を敷き詰めた造りになっていたそうです。

ついに所蔵庫は焼夷弾の直撃を受け、燃えてしまいます。

木炭だらけの蔵の中は溶鉱炉のようになり、高熱に晒された御手杵は復元できないほどに焼けてしまいただの鉄の塊と化してしまったのです。

 

御手杵のレプリカ

21世紀になってから、静岡県島田市で研究者たちが力を合わせて御手杵のレプリカを作ることにします。

完成したレプリカは島田市から茨城県結城市へと贈られ、2015年には熊毛鞘も合わせて『結城蔵美館』にて常設展示されることになりました。

2015年というと刀剣乱舞がサービスを開始した年で、刀剣ブームに火が付き始めたころです。

町興しとしても貢献しているようなので、審神者の皆さんはぜひ御手杵に会いに行ってみてください。

結城市公式ホームページ『結城蔵美館』

他にも、埼玉県東松山市の『比企総合研究センター』には2本のレプリカがあり、埼玉県川越市の『川越市立博物館』には本来の製法で作られた熊毛鞘が展示されているそうです。

また群馬県前橋市の『前橋東照宮社務所』にもレプリカが常設展示されているということです。

前橋市には刀工による写しも作られていて、2017年中に完成予定なのだそうです。完成すれば近々ニュースになるかもしれませんね。

刀剣乱舞-ONLINE- オンラインゲーム

まとめ

 

天下三名槍にして雪降らしの槍『御手杵』は、実戦では活躍する機会が少なかったとは言え、高い技術を駆使して作られた紛れも無い宝であることが分かりました。

焼失のエピソードは主人に従わなかった家臣のせいでもあり、戦争の怖さを伝えるものでもあり、非常に残念で悲しいものでしたね。

 

各地にレプリカが展示されることで、天下三名槍として高く評価されるその造形を現代の人達が見ることが出来るのは本当にありがたいことだと思います。

もちろん刀剣に限ったことではありませんが、重要文化財や重要美術品に指定されていないものであっても歴史あるものを守っていくことの重要性のようなものを感じました。

そのためにも刀工や復元技術を持った人、修復も手作業で行うことが多い世界ですので職人を育てるというのも大切なことなんですね。

 

三名槍で唯一焼失してしまった御手杵ですが、2017年2月には天下三名槍が一堂に会して全国初の展示が行われたこともありました。

そんなことが実現したのも職人さんの技術と各地の関係者様の協力のおかげ…圧倒的感謝ですね。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です