【文字のない絵本】 無限のストーリーが楽しめる!大人にもおすすめの5冊







文字のない絵本には、何か独特の雰囲気が漂っていると思いませんか?

自分の心のなかに、物語が直接注ぎ込まれてくるような、不思議な感覚……。

 

文字がないからこそ、その絵本のストーリーは無限の広がりを持ちます。

つまり、文字がない絵本の楽しみ方、楽しさは自分の想像力次第だということです。

 

今回は、想像力や考察力を養うのにもピッタリな「文字のない絵本」を5冊厳選しました。

隅々までじっくり観察して、自分だけのストーリーを生み出してみてください。

 

『やこうれっしゃ』 西村 繁男 (著)

やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)

始まりは、駅の改札口。

年の暮れでしょうか。さまざまな人々が、さまざまな荷物を抱えて夜行列車へと乗り込んでいきます。

列車の中での過ごし方も、これまた人それぞれ。

お弁当を食べる人、トランプをする人、タバコを吸う人、早々と寝だす人……。

発車のベルや列車の走る音、ガヤガヤとした賑わいが聞こえてくるかのようです。

上野から金沢へと向かう夜行列車の様子が、ページをめくるたびに、見開きいっぱいに描かれていきます。

 

初版は1983年。駅に自動改札機など、もちろん無い時代です。

きっぷを切る駅員さん、「ねんねこはんてん」や風呂敷、ホームの売店など、この絵本には、昭和のノスタルジーが、たっぷりと描きこまれています。

たくさんの人々が登場するので、特定の人物を追いかけるようにしてページをめくっていくのも面白いでしょう。

昭和を知る人は、自分自身のいろんな思い出が、懐かしくよみがえってくるかもしれません。

 

『たまご』 ガブリエル・バンサン (著)

たまご‐L’OEUF (ガブリエル・バンザンのえほん)

塵のように小さな一人の人間と、巨大な卵。

その対面シーンから、この物語は、劇的に幕を開けます。

巨大な卵の出現に、人々は最初、じっと好奇の目を注ぎ、

そして、自らの発展と欲望のままに、これを利用していくのです。

ところが、卵の産みの親である「巨鳥」が現れ、事態は一変していきます……。

 

著者は、デッサン絵本で有名なガブリエル・バンサン。

なんとも人間らしい、身勝手な姿が、木炭の濃淡をもって見事に描き出されています。

「巨大な卵」と「巨鳥」が、いったい何を象徴しているのか。この物語から何を読み取るか。

それは、人それぞれの解釈に委ねられるところです。

 

自分本位な人間の欲深さほど、恐ろしいものはないかもしれません。

どんなに多くの武器を用い、崇高な宗教を掲げようとも、己の生み出した恐怖からは決して逃れられない……。

そんな気がしてきます。

 

『おはなをあげる』 ジョナルノ・ローソン (作)、 シドニー・スミス (絵)

おはなをあげる (ポプラせかいの絵本)

家までの帰り道。

小さな女の子が、お父さんと手をつないで歩いています。

お父さんは、携帯電話の通話に夢中。

女の子は、まわりをキョロキョロ……。

コンクリートの隙間や道端に、小さな花が咲いていないか、探しているのです。

女の子は見つけた花を摘みとって集め、そして今度はその花を、こっそり「誰か」にプレゼントしていきます。

もらった相手は、皆、そのことに気がついていません。

でも、それでいいのです。女の子が欲しいのは、「感謝」ではないのだから。

女の子が花を誰かにあげるたびに、モノトーンの世界が、ほんのりと色づいていきます。女の子のささやかな「願い」が、世界に温かな色を添えていくかのように……。

 

モノトーンの絵のなかで、赤いフードの服が印象的です。女の子が感じている「自分だけの世界観」といったものを象徴しているようにも思えます。まるでスポットライトでも当たっているかのようです。

 

道端に咲く花は、静かに咲き、そして散っていきます。たとえ誰にも気づかれなくても。

それはとても健気で、力強い美しさです。

女の子はもしかしたら、大人よりも遥かに純粋に、そのことを知っているのかもしれません。

 

『セクター7』 デイヴィッド・ウィーズナー (著)

セクター7

場所はニューヨーク。

冬のある日、少年が課外授業でエンパイヤ・ステートビルを訪れます。

展望台に上りますが、あいにくの曇り空。まわりはほとんど見えません。

少年が白い視界のなかを歩いていると、なんともびっくり! 小さな雲の子がいるではありませんか。

雲の子は、まるで自己紹介でもするかのように、雲で帽子を作ってみせたり、雲マフラーを巻いてあげたり、少年に特技を披露していきます。

そうしているうちに、空が晴れてきました。雲の子は、もうここにはいられません。

少年は雲に乗って、一緒についていくことにします。

たどりついたのが、「セクター7」です。そこで少年が見たものとは……?

 

表紙に描かれている建物に、「CLOUD DISPATCH CENTER」と表記があります。

直訳すると、「雲の派遣センター」といったところでしょうか。

たくさんの雲たちが、なんとも個性豊かに、生き生きとした表情で描かれています。互いの会話が聞こえてくるかのようです。

緻密でリアルな描写。豊かな表現力があってこそのファンタジーといえるでしょう。

 

空に浮かぶ、ふわふわの白い雲に乗れたらなぁ……と、きっと誰もが一度は思ったことがあるはず。

空が好きな人にはたまらない、壮大なワクワク感を楽しめる1冊です。

 

『聖なる夜に ―A SMALL MIRACLE』 ピーター・コリントン (著)

聖なる夜に―A SMALL MIRACLE

今日はクリスマス・イブ。

けれど貧しいおばあさんには、もうお金がありません。

アコーディオンを抱え、街角で演奏しますが、誰からも見向きもされません。

おばあさんはとうとう、ずっと大切にしてきたアコーディオンを質屋に入れます。

ところが、身を切る思いで手にしたお金は、突然現れたバイクの男にひったくられてしまうのです。

おばあさんはこの先、どうなってしまうのでしょうか……。

 

物語前半にかけて、おばあさんは、あまりにも酷い仕打ちを受けます。胸が苦しくなるほどです。

けれど、「聖なる夜」は、奇跡が起きる特別な夜。

徐々に物語は、ユニークで温かなストーリーへと変貌していきます。

絵が非常に緻密でリアルなので、シュールさが増し、後半はちょっとコミカルにすら思えてしまうかもしれません。

表紙に描かれている通り、キリスト降誕シーンの人形たちが物語のキーポイントになります。キリスト誕生や聖人についての知識があったほうが、この絵本を味わい深く楽しむことができるでしょう。

 

【まとめ】

各々がそれぞれに解釈し、想像して楽しめるのが、「文字のない絵本」の大きな魅力です。

言葉だけでなく、音や匂い、温度、手触りなど、感覚を最大限に研ぎ澄ませながら、想像することの楽しみを再確認してみてはいかがでしょうか。

そうすればきっと、絵本を眺めるたびに、新しい発見があるはずです。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です