ピック&デリバリーの最高峰を遊ぼう『レイルウェイ・オブ・ザ・ワールド カードゲーム』







こんにちは。ボードゲーム愛好歴20年のシグルンです。

今回ご紹介するのは『レイルウェイ・オブ・ザ・ワールド カードゲーム』というゲームです。

 

ボードゲーム版もあり、こちらはそのカードゲーム版です。

カードゲームとは言え、一部ゲームボードがあったり、駒があったりと、持ち運びの上ではあまり手軽ではないカードゲームです。

ただ長時間に及ぶことが多い鉄道ゲームを上手くまとめて短時間で遊べるようになっていますので、その点は手軽なゲームと言えるでしょう。

 

ゲームの概要・ジャンル

鉄道ゲーム+ピック&デリバリーと言うジャンルのゲームです。

各自決められた複数ある目的地を線路で敷いていくボードゲームは多くあり、コマを並べるもの、水性ペンやクレヨンで書きこんで行くもの等色々あります。

 

代表作は2004年にボードゲーム大賞を取った「チケット・トゥ・ライド」でしょうか。

資源をデリバリーするために道路などを建設するゲームも複数ありますが、この『レイルウェイ・オブ・ザ・ワールド カードゲーム』は「ピックアンドデリバリーの最高峰」と言われているゲームです。

都市間のインフラ(主に道路のみ)を整備して商品を運びます。

 

ゲームの概要と遊び方

線路が書かれたカードを敷設して都市間を結び、商品を輸送していき、勝利点を競います。

線路を縦横無尽に広げていくので、カードゲームですがかなり広いテーブルが必要になります。

 

内容物と使い方

都市カード

  • 都市カード・・・四方を線路で接続されている都市が描かれています。

〇で囲まれた数字は都市間を結ぶのに必要な線路の敷設ポイントであり、勝利点です。

また需要のある商品のマークが描かれています。

 

 

線路カード

  • 線路カード・・・5色あり、都市カードに描かれた線路と同じ色のカードでないと繋げることが出来ません。

書かれた数字が敷設した際の価値になります。

都市カードの必要敷設ポイントに達するよう線路(の価値)を重ねていくと、都市カードを隣接出来ます。

 

  • エンジン・ワイルドカード

全ての色の線路として使用するか、移動力の強化に使う事が出来ます。

 

  • 列車コマ

都市と都市を繋いだら、その間を結ぶ線路の敷設をどのプレイヤーが行ったか分かるように、並べた線路カード中心に列車コマを配置ます。

 

ゲームの準備

  1. 勝利ポイントトラックをテーブルの脇に置く。
  2. 各プレイヤーは任意の色の列車コマを12個ずつ受け取り、そのうちの1個を勝利ポイントマーカーとして、勝利ポイントトラックの「0」スペースに置く。
  3. テーブルの中央にスタート都市ボードを置く。
  4. スタートプレイヤーを決め、そのプレイヤーに「スタートプレイヤーカード」を渡す。
  5. 各プレイヤーに「エンジン/ワイルドカード」を1枚ずつ、価値2の「都市カード」をランダムに1枚ずつ配る。
  6. 残りの「エンジン/ワイルドカード」、「都市カード」と「線路カード」をひとつにしてよく切り、各プレイヤーに2枚ずつ配る。
  7. 残ったカードは裏向きの山札にする。
  8. 山札から3枚引いて表向きに並べる。並べた場所を「カード選択エリア」と呼びます。
  9. 商品キューブを全て袋に入れる。

 

ゲームの進め方

大きく分けて3手番です。

 

1.プレイヤーによるアクションの実行

Ⓐ新しい都市の建設

Ⓑエンジンカードのプレイ

Ⓒ商品の輸送

Ⓓ手札カードを捨て、新なカードを引くか商品を補充する

Ⓔパス

 

2.カードを引く

以下のカードのうち1枚か2枚を選んで手札に加えることが出来ます。

カードの組み合わせは自由です。

  • 山札の最も上のカード
  • カード選択エリアに置かれた3枚のカード
  • 捨て札置き場の一番上に置かれたカード

 

カード選択エリアのカードを選んだ場合、直ちに取った枚数分補充します。

エンジン/ワイルドカードを選択する場合、カードは1枚しか獲得出来ません。

 

3.手札枚数の確認

手札のカードが13枚を越えているなら、手札が13枚になるように余剰カードを捨てます。

 

プレイヤーアクションの詳細

Ⓐ新しい都市の建設

スタート都市ボードから新しい都市まで線路が連続している必要があります。

  • 既存の都市から新しい都市へ接続する場合は、既存の都市から新しい都市まで同じ色の線路カードを使って接続している必要があります。
  • 新しい都市を建設したら、都市カードに描かれた■の数だけ袋から商品キューブを引いて置きます。
  • 新しい都市へ接続した線路の価値分の勝利点を獲得します。

 

Ⓑエンジンカードのプレイ

手札の中からエンジン/ワイルドカードを1枚プレイして自分の前に表向きににして置くことが出来ます。

場に置かれたエンジンカードの枚数は、商品を輸送するために通過できる都市の数を示します。

場に置かれたエンジンカードの枚数が1枚なら、手番に通過できる都市は1つだけとなります。

 

Ⓒ商品の輸送

ある都市に置かれた商品を、その商品を必要としている他の都市へ輸送することが出来ます。

どこの都市が何を必要としているかは、都市カードに書かれています。

商品の輸送を完了させると場に置かれた輸送に使用した都市の数分の勝利点が入ります。

他プレイヤーが建設した都市を通過すると、そのプレイヤーにも利用された都市一つに付き1点勝利点が入ります。

輸送を完了させた商品は自分の前の場に置きます。

 

Ⓓ手札カードを捨て、新なカードを引くか商品を補充する

手札のカード1枚を表向きに捨て札置き場に置き、その後どちらか一つ選択して実行します。

  • 山札から1枚引くか、カード選択エリアから1枚引て手札に加えます。
  • 商品を置いていない都市に1つ商品を置きます。

 

Ⓔパス

次のプレイヤーに手番が移ります。

 

ゲームの終了

以下の3つのうちいずれかが起こった時に終了します。

最後のプレイヤーまでプレイを一巡したら得点計算に移ります。

  • 山札が無くなった
  • いずれかのプレイヤーの列車コマが無くなった
  • 布袋の中に商品が残っていない

 

勝利点の計算

既に都市の新設、商品の輸送で勝利点が入っているはずです。

そこに以下を加えます。

  • プレイヤー毎に接続している都市カードの勝利点の合計値
  • 自分の場に置いたエンジンカード1枚につき1点
  • 商品収集ボーナス…同じ種類の商品3個以上から発生

 

まとめ

ルールはそこまで複雑ではないですが、都市などもよく考えて配置しないと輸送時に苦労します。

ボードと違い、決まったレールがない為自分で都合が良くなるよう線路をカーブさせ新たな都市を繋げたり出来る自由さがとても楽しい、おススメのボードゲームです。

 

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
状況:絶版










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です