保険の見直し、時代のニーズに合わせて検討する事項!







保険の見直し、あなたはどうしていますか?

保険の事はよくわからないし面倒だとお考えのあなた!

長い一生ですいつ何が起きるのかわかりません。

 

もしあなた自身または、ご家族がある日突然、事故に会ったり、病気になったりした場合、はたして家族を守る事ができるのでしょうか?

そこで今回は、できるだけ支出を抑えたい、けれど安心できる保障は手にいれたいあなたに、時代に合わせた掛け捨て保険のご紹介をしていきたいと思います。

 

掛け捨ての医療保険、がん保険、生命保険3つの保険の見直し

 

家計には大きな負担となってしまう保険料ですが掛け捨て保険の医療保険、がん保険、生命保険で手に入る保障ってどんな内容となるのでしょうか?

 

保険を見直すタイミング?人生のライフステージ

人生のライフステージには、

①就職をする。

②結婚をする。

③子供が誕生する。

④住宅を購入する

⑤子供が独立する。

⑥定年退職になる。

など保険を見直すタイミングが何回か訪れます。

毎月の家計費の中で大きなウェートを占める保険料。

保険は時代の流れにも影響を受ける性質もあります。

人生のライフステージに合わせて常に保険を見直し、バージョンアップしていく事をお勧めします。

 

その為にもあなたのニーズにあわせた保険選びの知識は必要となります。

 

保険の種類はたくさんある

保険の商品にはたくさん種類がありますが、今回は比較的金額が小さく毎月支払いやすい掛け捨て保険に的を絞ってまとめてみたいと思います。

 

それぞれ種類により加入時の条件や実際に給付を受ける際の制限などが全くことなります。

一生の中で長い期間にわたって支払いを続けていく保険選びは、その特性と必要性についてしっかりと理解をしていく事が大切です。

 

現在、病気やけがでの治療の為に加入できる掛け捨ての保険には

①医療保険

②がん保険

③生命保険

主にこの3つの種類の保険があります。

それぞれの特徴をまとめてみます。

 

 

①医療保険

 

病気やけがなどの際の入院費用や手術費用が給付されるもの

・日帰りで給付されるタイプ

・一泊の入院で給付されるもの

・5日以上の入院で給付されるものと分かれます。

保険商品により

手術給付金が日額給付金の5倍、10倍、20倍、となっているものがあります。

事故の場合は入院後の通院に対しても半年間、実通院分の給付が受けられます。

事故の場合の通院だけでも半年間、実通院分の給付が受けられます。

 

 

②がん保険

 

がんと診断された場合の入院費用や手術費用が給付されるもの

がん診断一時金のついているタイプが多いです。

掛け金にもよりますが、100万円、200万円とまとまったお金が最初に入院時に一時金として給付されます。

がんの治療による入院費用や手術費用が給付されます。

入院給付が無制限で給付が受けられるタイプが多いのが特徴 (条件あり)

手術費用も何回も給付されたり(条件あり)、繰り返しの入退院にも給付される(条件あり)ものがあります。

保険会社によって給付条件、日数制限など設けられており、加入時十分な確認が必要です。

 

近年では、がんの通院での治療で給付されるタイプが増えてきています

 

 

③生命保険

 

死亡時に支払われるもので契約者本人が病気や事故などで死亡した時に契約した金額が一括で生命保険として給付されます。

定期付き生命保険とよばれるもので、ある一定期期間で加入するもので、少ない掛け金で一定期間についての大きな保障を得ることができます。

 

 

■掛け捨て保険のメリットとデメリット

メリット

・掛け金が安いため、教育費などとの支払が並行しやすい。

・充実した保障内容が得られる。

・時代に合わせたより充実した保障内容に変更しやすい。

・いつでも解約でき、別の保険に乗り換えがしやすい。

 

デメリット

・掛けた保険料は戻らず、すべて掛け捨てである。

・60歳以降の保障は徐々に、老後の病気、けがの保障には

・不安が残る 終身での保障は得られない

 

 

あなたを守る保険 保険の事例をご紹介

いざという時の保障をとお考えのおなたには、上手く選んでいただくと、家計の見直しにもなると同時に必要に応じた的確な保障を得ることができ、大きな安心感が手にはいります。

 

■がん診断を受けた事例

都内にお住まいのAさん 今年42歳女性 ご主人と2人の子供の4人家族

共済の医療保険に加入
新三大疾病保険 2,400円
がん保険    2,000円 に加入

 

ある日、子宮がん見つかり、手術し2カ月入院しました

がん保険から一時金100万円、1日10,000円の給付金×60日分、がんの手術代40万、退院後の通院費 1日5000円の60日分

新三大疾病保険から1日5,000×60日分の給付金 合計260万円の給付をうける事ができました。

Aさんはパートの仕事は続ける事はできなくなりましたが、保険のおがけで病院の支出を賄うことができ、すぐに仕事をしなくても給付金のおかげでゆっくりと治療に専念する事ができ、今ではすっかり元気になりました。

 

このケースの場合は、がんのケースですが、脳梗塞や脳卒中などの病気にも

対応できるタイプです

 

 

■事故に遭った事例

サラリーマンBさん  今年32歳男性 奥さまと2人の子供4人家族

 

ある保険会社の医療保険に加入 毎月 1,800円

 

ある日誤って、自宅の階段から転倒 足の骨を折る重傷となり3カ月の

入院とその後半年に渡ってリハビリの為、病院へ40日通院しました

保険会社から1日5000円の給付金×90日分と、その後の通院1日4,000円の通院給付金×40日分 合わせて610,000円分の給付を受ける事がてきました。

会社を長期で休む事になり、病気療養手当として会社からはでたものの 家のローンもあり保険の給付金で安心できたといいます。

 

 

■突然、脳溢血で倒れ、この世を去ってしまったCさん 40歳男性

奥さんと子供1の3人暮らし

1000万の掛け捨て保険に加入済 毎月3,800円

 

突然のことでしたが、住宅と1,000万の死亡保険金は残りました。

高校生の子供さんにいずれ必要となる学費にあてる事ができるといいます。

 

 

まとめ

 

保険は時代の背景とともに新しいタイプの商品がどんどん出てきており、各保険商品の様々なな条件も大きく変化してきています。

 

特にがん保険については、近年入院して治療をしてくという流れから通院して治療をしていくという形に変わってきています。

そういった場合にでも対応ができるよう、保険商品選びは、常に見直し加入時には最新の情報をしつかりと把握しておく必要があります。

 

掛け捨ての保険は、解約時または満了時を迎えてもその時点で保障の終了は終了し、解約返戻金は戻ってきません。

その点は、よく理解し掛け捨てで得られるメリットとデメリットを考え選択していくとよいでしょう。

 

昔に入ったままの保険は、新しく保障内容が変更になっている場合が多いので、一度保険証券を確認し、今の時代にあった保障のある保険商品へ変更していく事が重要です。

それを機会に医療保険、がん保険、生命保険共どんな場合に保障を受ける事ができるのか再確認しておくと良いでしょう。

 

保険はあくまでも未来の安心の為であり、費用対効果で決めれるものではありませんが、ライフステージの節目に保険を見直し、保障内容を確認していく事で、あなたの大切な未来を少しでも守る事が出来るようになる事でしょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です