関節リウマチの原因と症状。検査や治療方法について







関節が朝こわばり、腫れて痛い……

両側の手足の指や手首、足首におこる、関節リウマチの初期症状かもしれません。

 

関節リウマチはいまだ原因不明な病気のため、予防や根本治療がむずかしく、進行すると日常生活に支障をきたす疾患です。

今回は、早期の診断と治療が必要な、関節リウマチの詳細をご紹介していきます。

 

関節リウマチとは、免疫の異常で、関節に慢性の炎症がおきる病気

関節リウマチは、何らかの原因で、自分の体の組織を異物と判断し、攻撃してしまう「自己免疫疾患」とされています。

 

関節を包む袋(関節包)の内側にある滑膜(かつまく)は、軟骨に栄養をとどける関節の潤滑液(関節液)を作ったり、異物を除去する働きがあります。

免疫系に異常がおきると、この滑膜が増殖し、白血球が増えて関節内に炎症がおきます。

白血球がつくる「炎症性サイトカイン」という物質が、関節を壊す大きな原因といわれています。

 

20歳代から50歳代に発症しやすく、30歳以上の人口の、約1%の人が患うそうです。

男性の約3倍と、女性に多いのもこの病気の特徴ですね。

 

関節リウマチの原因は、よくわかっていません

 

関節リウマチは免疫系の異常によって、ひきおこされること以外の原因は未だ完全にはわかっていません。

遺伝する病気ではありませんが、病気にかかりやすい遺伝的素因はあるようです。

 

遺伝子の異常、ウイルスや細菌の影響も考えられています。

風邪の症状やケガのあとに、関節リウマチになる例が多いので、何らかの環境因子が関係しているのでしょう。

また、喫煙が発病や症状を悪化させる、危険因子ともいわれています。

 

関節リウマチには関節におきる症状と、全身の症状があります

関節リウマチは朝の指のこわばり、腫れや痛みから始まることが多いです。

左右対称に手足の指の関節や、手首や足首に発症、肘や膝、肩や股関節におよぶこともあります。

手の症状はは、指の付け根の関節と第2関節におきやすく、数週間から数か月かけて、少しずつ進行するでしょう。

 

動かしているうちに緩和される、「朝のこわばり」が関節リウマチの特徴ですが、昼寝のあとや長時間同じ姿勢でいてもおこります。

1時間以上持続する、朝のこわばりが、関節リウマチの診断基準の一つとされてきました。




症状は、手足の関節にとどまる場合や、全身の関節にひろがる重症型などさまざまです。

通常は良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、徐々に進行しますが、まれに数か月で治癒する例もあります。

天候の影響もあるようで、好天時は症状が軽く、雨天や寒い日とその前日に悪化するとの訴えも多く聞かれますね。

 

手足の関節の骨や軟骨が破壊されると、関節の変形が進み、関節が固まって動かしづらくなります。

また、関節がゆるんで変形がひどくなることもありますが、やがて炎症はおさまることが多いです。

重症型では、背骨の一番上の首の関節がずれて、脊髄を圧迫し、手足の麻痺や呼吸障害がおきる例もみられます。

 

微熱や貧血、倦怠感や脱力感、体重減少や食欲不振などの全身症状を伴うこともあります。

また、皮下結節と呼ばれる、しこりが肘の外側や後頭部、骨盤の上部などに生じる場合も。

心臓や肺、消化管や皮膚などの血管炎を併発した「悪性関節リウマチ」は、特定疾患に指定されています。

とても治りにくく、心筋梗塞や消化管出血、間質性肺炎や胸膜炎などをひきおこすそうです。

 

関節リウマチは診断の決め手となる検査はないので、分類基準により診断します

1987年から使われていた分類基準(診断基準)は、早期診断に適していませんでした。

そのため現在は、2010年に米国および欧州リウマチ学会が発表した、基準が使用されています。

1つ以上の関節が腫れ、他の疾患がない場合に、症状がある関節の数や血液検査の結果、症状が続いている期間などを基準に診断します。

 

関節リウマチの診断に役だつ検査は、血清のリウマトイド因子や赤沈、CRPやX線撮影などです。

リウマトイド因子は、関節リウマチ患者の8~9割で、陽性になりますが、この結果のみでは診断できません。

また、診断と経過観察のため、関節や肺のX線が定期的に行われてきましたが、最近はMRIや超音波検査のほうが、早期発見に有用とされています。

長期間の薬物療法が必要な病気なので、副作用をチェックする尿や血液検査なども必要になります。

 

抗リウマチ薬をメインに、早期薬物治療で症状の緩和をめざしましょう

関節リウマチの治療の基本は、薬物療法です。

病気の進行を抑える「抗リウマチ薬」と、炎症や痛みを鎮める「非ステロイド性抗炎症薬」を組み合わせ、症状により他の薬剤も使用します。

 

発症から2年以内に治療を開始しないと、関節の破壊が進んで元に戻らなくなるとされています。

しかし現在は、さまざまな新薬の開発により、早期であれば関節リウマチの進行を止めることができるようになったそうです。

 

非ステロイド性抗炎症薬(消炎鎮痛薬)

病気そのものは治せませんが、関節の痛みや腫れを軽くする効果があります。

即効性があるので、日常生活を楽に過ごすために、まず選択される薬です。

 

胃や腎臓に障害をおこす副作用がありましたが、近年は内臓に負担をかけにくい薬が開発されてきているそうです。

坐薬タイプは食事と関係なく使えるので、仕事の直前や夜寝る前の使用に便利ですね。

また、貼るパップ剤タイプは、副作用が少ないといわれています。



副腎皮質ステロイド

強い抗炎症作用がありますが、副作用も強いので、抗リウマチ薬の補助薬として処方されます。

胃潰瘍や骨粗しょう症などの副作用がおきますが、それらを軽減する研究が進んでいるそうです。

内服以外に、血管注射、皮下や筋肉、関節内注射があり、効果は長く持続するようです。

 

抗リウマチ薬と免疫抑制薬

抗リウマチ薬は、免疫異常を改善し炎症を抑える効果があります。

発症後3ヶ月以内の早期に、抗リウマチ薬(メトトレキサート)を使用するのが有効とされます。

効き目は遅いが持続性があり、関節の破壊を抑制する効果が期待できます。

 

免疫抑制薬は、異常な免疫反応を抑える作用で、炎症を抑えて病気の進行を止める可能性があるとされています。

患者さんの生活の質を向上させ、症状によっては著効する例もあるそうです。

 

生物学的製剤

生物学的製剤とは、生体が作る物質を薬として使用するものです。

炎症反応をおこす伝達物質(炎症サイトカイン)の働きを抑えることで、劇的な効果が期待できます。

関節の破壊を抑えるだけではなく、ある程度、骨を修復する作用があるそうです。

注射直後のアレルギー反応や免疫力低下、肝障害などの副作用があるでしょう。

高価な薬(保険適用で、月1万5千円~3万円)を長期間投与するので、その使用には慎重な検討が必要ですね。

 

 リハビリテーションと手術の方法は?

リハビリテーションとして、理学療法や作業療法などが施されます。

筋力や関節の動きの改善、関節の保護や修復などを目的とします。

 

理学療法

物理療法(温熱、光線、温水プールなど)は、筋肉の緊張を和らげ、血行を改善することで、痛みや腫れを軽減させます。

牽引やマッサージ、ハリや灸などが処方される場合もあるでしょう。

 

運動療法は、関節の動きを改善し、筋力を強くする効果があります。

関節を動かすことで、関節液の代謝がよくなり、関節の修復を促します。

運動は大変重要ですが、負荷が過剰だと、関節の破壊が進むこともあるので、運動量と運動法は慎重な検討が必要ですね。

筋トレは、なるべく関節を動かさずに、筋肉に力を入れる方法が薦められるでしょう。

最近は、電気刺激による筋肉の収縮訓練も、有効といわれています。



作業療法

作業療法は、社会復帰を目的に、絵画やパソコン指導などがおこなわれます。

また、日常生活を楽にするための、さまざまな自助具や杖などの訓練をします。

 

 

薬物療法で効果がみられず、症状が進行して、日常生活に支障をきたす場合は、手術が検討されるでしょう。

手術の時期が遅くなれば、手術法の選択肢が少なくなり、術後の結果も芳しくなくなりますので、手遅れになる前に担当医とよく相談してください。

 

人工関節置換術

適用される関節は、肩、肘、手の指、股、膝、足首、足の指などです。

人工関節の寿命は、現在20年以上といわれています。

 

関節固定術

痛みを取り除き、関節の支持を取り戻しますが、固定した関節は動かせなくなります。

適用される関節は、頚椎、手関節、足関節、手足の指などです。

 

滑膜切除術

炎症をおこして腫れている、関節を包む袋の内側(滑膜)を除去する手術です。

肘や手首で特に有効で、再発したときの再手術もできます。

全ての関節が手術可能ですが、主に肘、手首、足首、指などの関節でおこなわれています。

 

関節形成術

関節の働きや見た目を取り戻すために、一部を削って形を整えます。

適用される関節は、手首、肘、手足の指などです。

 

痛みを和らげるセルフケア|温灸

温灸(せんねん灸など)で温めると、関節の痛みや炎症を和らげる作用が期待できます。

 

全身の症状には

  • 腎兪(じんゆ)……おへその真後の背骨から、左右外側に指幅2本離れたところ
  • 脾兪(ひゆ)……腎兪から背骨を3つ上がったところ
  • 大椎(だいつい)……下を向いたとき、首の後ろに突き出る大きな骨の真下
  • 天枢(てんすう)……おへその左右外側に、指幅3本離れたところ

 

関節の症状には

  • 陽谿(ようけい)……手首の甲側、横じわの親指寄りにある、2本のすじの真ん中(親指を反らすとできるくぼみ)
  • 陽池(ようち)……手首の甲側、横じわの真ん中 中指と薬指の間を、手首に向かって、たどるとあるくぼみ
  • 太陵(たいりょう)……手のひら側、横じわの真ん中 2本のスジの中央
  • 曲池(きょくち)……肘の内側の横じわ、親指側の先端
  • 尺沢(しゃくたく)……肘の内側の横じわ、中央よりやや親指寄り
  • 膝眼(しつがん)……膝の皿のすぐ下、内側と外側のくぼみの中
  • 解谿(かいけい)……足首の関節の前面、中央のくぼみの中

 

※痛む箇所周辺にお灸をする方法もありますが、温めてはいけない場合もあります。

お灸をするときは、必ず担当医に相談してから、お試しください。





近年は、関節リウマチの治療薬が進歩し、症状の進行を抑制することが可能になってきました。

そのためにも、できるだけ早く発見し、診断することがとても重要となります。

朝のこわばりや関節の腫れがみられたら、迷わずに専門医の受診をおすすめします。

関節リウマチの治療は、根気のいる長い戦いです。

信用できるリウマチ医と共に、治療のゴールをめざしましょう。

※リウマチ専門医・指導医検索 http://pro.ryumachi-net.com/












よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です