『サヴァスロの追加新カード』フレイヤ・ミリア・磁撃の塔の使い方と対処法!







今回はサヴァスロの2018年2月15日に登場した新カードについて紹介していきます。

新カードの種類は少ないですが、どれも強いカードなので入手したいところです。

各カードの対策についても書いていくので、気になる方はぜひ参考にして下さい。

 

空飛ぶママリリ!?飛行範囲攻撃のフレイヤ

 

 

2月15日に追加されたレジェンドカードはフレイヤです。

飛行サーヴァントで自身の周りに対して範囲攻撃を行います。

移動速度は高いのですがHPがあまり多くないので、すぐに倒されてしまうことも多いカードです。

 

応龍と同等と感じることもありますが、攻撃の種類が違うので応龍の代わりとして使うことは難しいです。

応龍と同様に範囲攻撃ができるサーヴァントですが、フレイヤは自身の周り、応龍は少し離れた位置を攻撃します。

応龍は少し離れた位置から攻撃できますが、フレイヤは近づかないと攻撃できません。

そこが応龍と比べるとすこし使い勝手が違います。

 

ただ、ママリリとは違って空中と地上の両方に範囲攻撃なので、ママリリとフレイヤで選ぶならフレイヤになると思います。

HPが気になりますが、そこは使い方次第です。

 

フレイヤはどう対策する?

 

フレイヤは飛行サーヴァントなので、空中攻撃ができるカードを使って対策しなくてはいけません。

一番簡単なのは自陣にてラグナロクで処理する方法です。

砦の攻撃とラグナロクの攻撃、フレイヤの射程であれば苦労なく倒せます。

他には応龍、バハムートも有効です。

 

 

範囲攻撃持ちなので、ラグナロクのようにスケルトン軍団などのサーヴァントに引き付けることはできません。

一瞬で出したサーヴァントが消え去ります。

タワーで再作する場合は、焦熱の塔や魔女の塔がいいです。

建物のみのサーヴァントに対しても有効なので、自陣の守りとしておすすめです。

フレイヤを倒すときは、なるべく細かい複数体の召喚を使わないように注意してください。

 

相手サーヴァントの攻撃力をダウン!ミリア

 

 

ミリアはバレンタインイベントで登場したサーヴァントです。

これまでのサヴァスロは攻撃力を下げたりすることはなかったのですが、ついに攻撃力ダウン効果を持ったサーヴァントが出てきました。

ミリアはミリアの周囲、一定の距離にいるサーヴァントの攻撃力を減らす能力を持っています。

2体重なれば半減するということなので、1体の場合は4分の1です。

 

ステータスはそれほど高くありませんが、他のサーヴァントと組み合わせて相手サーヴァントを倒すサポートタイプといったところでしょうか。

ミリアの領域内であればダメージを大きく受けることはないので、自分サーヴァントが残りやすくなります。

そのまま相手の陣地まで切り込むこともできるので、サーヴァント中心のデッキでおすすめです。

 

ミリアのおすすめの倒し方は?

 

ミリアのおすすめの倒し方は、特にこれといったものはありませんが、攻撃力が高めのサーヴァントやタワー、スペルでの攻撃がおすすめです。

ミリアの能力は攻撃力を下げるもので、防御力を下げるものではありません。

なので、ミリアから受けるダメージはそこまで多くありません。

ラグナロクや応龍、槍ブラウニー、ハーピーなどで対処しましょう。

 

 

ただ、ミリアの攻撃力が高くないのは使っている本人も承知の上なので、違うサーヴァントをセットにして攻めてくることも多いです。

その場合は空中・地上に範囲攻撃ができるサーヴァントやスペルを使いましょう。

ソロモンがいる場合は、数で押すこともできるのでソロモンで一気に倒すのがおすすめです。

 

水中も攻撃できるタワー磁撃の塔

 

 

磁撃の塔はフレイヤ、ミリアと共に新しく登場した強力なタワーカードです。

攻撃の種類としては魔女の塔の上位版という感じに仕上がっています。

地上、空中だけでなく、タワー初の水中攻撃ができます。

今まで水中サーヴァントの対策といえば、川から上がるまで待つか、スペルで攻撃するか、ポセイドンで攻撃するかだったので、タワーでの対処は新しいですね。

 

攻撃速度が高いので、砦の攻撃と合わせればラグナロクも倒せます。

地、空、水、すべての場面で便利なのでスペルを使わないという方にはすごくおすすめのカードです。

アカズキンへの防波堤としても使えます。

 

磁撃の塔のおすすめ対処法は?

 

単体攻撃なのですが、意外と手ごわいタワーカードです。

攻撃速度がかなり速いので、焦熱の塔のようなダメージアップはありませんが、手数でどんどん押していきます。

ラグナロクでもレベルが低いと相打ちで倒されることもあります。

破壊するのにおすすめなのは、スケルトン軍団や槍ブラウニーなどの数で攻める低コストサーヴァントや、バハムート、イージスのようにHPが多いサーヴァント、そしてスペルです。

 

 

もしくは自動的にHPが無くなるまで、離れた位置を攻めるという感じになると思います。

意外と強いタワーカードなので、手を出さずに攻め方を変えるのもおすすめです。

アンドロメダで止めるのもありですが、攻撃速度が速いのでそれも難しいでしょう。

磁撃の塔が出てきたときはその時のデッキとよく相談して戦略を変えることが重要です。

 

まとめ

 

今回は2018年2月15日に登場した新カードについてまとめました。

最も使われそうなのはミリアですね。

攻撃力を下げることができる効果は、自陣でも相手の陣地でも役立つ能力です。

ラグナロク対策としてはHPが低いのであまり向きませんが、守りからそのまま攻めまで使えるので、他のサーヴァントとうまく組み合わせて使っていきましょう。

 

フレイヤに関しては空飛ぶママリリそのものだと思います。

特にママリリに不便が無いのであれば、無理にガチャを引いてまで入手するほどのカードではありません。

応龍と入れ替えるかどうかは、一度使ってみての感触次第だと思います。

 

磁撃の塔はあまり使われることがないカードですが、水中サーヴァント対策としておすすめします。

他のサーヴァントの足止めとしても使えるので、ぜひ一度使ってみて下さい。

 

フレイヤ、ミリア、磁撃の塔を入手した際はぜひ参考にしてください。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です