サヴァスロのスペルカードとは?バトルで使われるカードを種類別で紹介&解説!







サヴァスロには、場に出て攻めたり守ったりするサーヴァント(使い魔)やタワーとは別に、好きな場所に効果を発動させるスペルカードがあります。

スペルカードは自分のサーヴァントの補助や相手サーヴァントの殲滅を行えるカードです。

今回はそんなスペルカードについて紹介、解説していきたいと思います。

 

サヴァスロをこれからプレイするという方やスペルについて知りたい方は読んでみて下さい。

 

サヴァスロのバトルルールについてはこちらの記事にまとめています。

多彩な戦略で相手に勝とう!サヴァスロのバトルルールとカードの種類とは?

2018年2月6日

 

スペル(呪文)カードとは?

スペル(呪文)カードは、ざっくり言うと場のどこにでも使うことができる魔法カードです。

通常、サーヴァントやタワーの召喚は自陣、もしくは砦を破壊した相手の陣地に限られます。

しかしスペルカードは少々特殊で、陣地関係なく使うことができます。

つまり、相手の砦に直接スペルでダメージを与えることも可能です。

便利なのでほとんどのプレイヤーがデッキに入れています。

 

カードレアリティについて

 

スペルカードについて解説する前に、カードレアリティを紹介します。

 

レアリティ:排出率

  • レジェンダリー:1.5%
  • ゴールドレア:10%
  • シルバーレア:35%
  • ブロンズレア:53.5%

 

%(パーセンテージ)はガチャの排出率です。全て共通でこの確率となっています。

ピックアップなどのキャンペーンはその確率の中で上げられるため、今のところ排出率が動くことはありません。

最高レアがレジェンダリーで、最低レアがブロンズレアとなっています。

レア度が高いと強いカードではありますが、サヴァスロの場合あまりレア度が関係ないところが多いです。

 

陣地なんて関係ない!ダメージを与える攻撃スペル

攻撃スペルはその名の通り、ダメージを与えるスペルです。

雷撃攻撃や毒トラップなど様々な攻撃があり、本拠地や砦に直接ダメージを与えることができます。

そのため砦のHPがごくわずかだった場合、スペルで破壊することも可能です。

HPが低いサーヴァントであればスペルだけで倒すこともできます。

 

攻撃スペル毎に範囲も効果も大きく変わってくるので、デッキに合わせて変えていくのがおすすめです。

ちなみにスペルカードのレア度は低いものが多いので、無課金でも簡単に使うことができます。

 

サーヴァントを強化する強化スペル!

強化スペルはサーヴァントのステータスを強化するスペルなのですが、強化というよりはサーヴァントに何かしらの効果を付与するというスペルになっています。

現在ある強化スペルは《疾風》と《扉を開けし者》です。

 

 

《疾風》はサーヴァントの移動速度を上げることができるため、サーヴァントを早く相手の陣地に進めせることができます。

 

《扉を開けし者》は、エキスパートガチャ(上級者向けガチャ)でしか入手できないのですが、左右どちらかの陣地に場にいる自分のサーヴァントを集めることができるためカウンター防衛がしやすくなるというスペルです。

強化スペルはリリース時点で上記の2種類なので、今後種類が増えることに期待という感じですね。

 

好きな場所でサーヴァントを召喚!召喚スペルとは?

スペルの中で特殊とされているのが召喚スペルです。

カードの中でも最も特殊なカードだと思います。

通常、サーヴァントは自陣でしか召喚できないものなのですが、スペルは陣地関係なく好きな場所に利用できます。

召喚スペルも例外ではありません!

 

 

つまり相手の砦の周りで召喚スペルを使って砦にすぐに攻撃を仕掛けることができるということです。

複数体召喚するスペルのため、相手がサーヴァントで迎撃しても追いつかないという利点があります。

砦の攻撃で倒されてしまいますが、わずかながらダメージを与えることが可能です。

相手がその対処をしている間にもう一つの砦を攻めるという戦法もありますよ。

 

雷撃系の攻撃スペルは少し特殊!

攻撃スペルの中には雷撃攻撃のスペルがあります。

実は攻撃スペルの中でも雷撃のスペルは特殊で、地形を利用して効果範囲を広げることができます。

バトルのステージは常に中央に川と橋が用意されています。

これがサヴァスロの地形です。

 

 

雷撃をその中央に流れる川に落とすことで、実は雷が川全体に走るようになっています。

なので、川の中にいるサーヴァントすべてにダメージを与えることが可能です。

ただし、川の中にいるサーヴァント限定の効果なので、飛んでいるサーヴァントには通用しません。

そういった雷撃系スペルでは、轟雷や迅雷、無慈悲の神雷などがあります。

川に潜るサーヴァントもこの方法で倒すことも可能です。

 

よく使われるスペルを紹介!

 

◆迅雷(レア度:シルバー)

先ほどの雷撃系の攻撃スペルの一つです。

川に雷を走らせることもできますが、それ以上に迅雷には気絶効果があります。

気絶効果があると攻撃を受けたサーヴァントやタワーの行動を一時的に止めることが可能です。

そのため特定のサーヴァントの行動を止めるためによく使われます。

コストも低くちょっとした場面で使えるという利点もあります。

 

◆猛毒の淵(レア度:シルバー)

指定した箇所に毒の沼を発生させるスペルです。

ダメージ量はそれほど多くなく、発生期間も一時的ですが、HPが低いサーヴァントであれば簡単に倒せます。

特にスケルトン軍団のような複数同時召喚サーヴァント対策としてよく使われます。

毒の効果は飛んでいるサーヴァントにも反映されるので、相手サーヴァントが固まっている箇所に発動すれば一気に倒すことも可能です。

 

◆ブラウニー召喚術(レア度:ゴールド)

ブラウニー召喚術は指定した箇所にブラウニーを3体召喚するスペルです。

出てくる場所がそれぞれ離れているため、砦の攻撃やサーヴァントで倒しにくくなっています。

砦を囲んで召喚できる配置になっているので、すぐに砦に攻撃を仕掛けることが可能です。

なかなか対処しにくく、スペルのレベルがブラウニーのレベルなので、スペルカードのレベルを上げておけばそれだけ強い攻撃ができます。

 

まとめ

 

今回はサヴァスロのバトルで使われるスペルカードについてまとめました。

スペルカードはサーヴァント(使い魔)やタワーとは違い、好きな場所に効果を発動できる便利なカードです。

砦破壊まであと一歩なのに届かない!という時や、相手のサーヴァントの動きを止めたいという時などで重宝します。

 

サヴァスロを始めてすぐに使えるカードは少ないですが、今回紹介した轟雷や迅雷は初期から使えるスペルなので、ぜひ使ってみて下さい。

今のところスペルカードに特定のロード(特定のキャラクター)専用カードはありません。

好きなスペルをデッキに入れて使ってみましょう。

 

これからサヴァスロを始める方やスペルカードについてよくわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

 

サーヴァントカードについてはこちらの記事へどうぞ!

サヴァスロのサーヴァント(使い魔)カードとは?バトルで使われるカードを種類別で紹介&解説!

2018年2月8日

タワーカードについてはこちらの記事へどうぞ!

サヴァスロのタワーカードとは?バトルで使われるカードを種類別で紹介&解説!

2018年2月8日









よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です