戦国大名になるパターンは?戦国大名の出自3パターンを徹底解説







戦国時代、日本は大小さまざまな都市国家が集まる島国でした。

その都市国家の行政と軍隊を指揮し、実質的なリーダーとなったのが戦国大名です。

戦国大名の出自には大きく分けて3パターンがあり、なるべくしてなった戦国大名と下克上が成功したケースの戦国大名がいます。

本記事ではその3パターンとレアケースを徹底的に解説します。

 

戦国大名の出自

 

戦国時代、日本は大小さまざまな都市国家が集まる島国でした。

その都市国家の行政と軍隊を指揮し、実質的なリーダーとなったのが戦国大名です。

戦国大名の出自には大きく分けて3パターンがありました。

  • ひとつ目は守護大名から戦国大名となったケース
  • ふたつ目は守護代から戦国大名となったケース
  • 3つ目は国人領主から戦国大名となったケース

 

また、豊臣秀吉や美濃の斎藤道三のように、もともとは庶民の出自でありながら下克上や地道な功績を積んで成り上がったレアケースな戦国大名もいます。

 

朝廷・幕府・大名の力関係

 

まず日本でいちばん偉い方といえば天皇陛下のほかはおりません。

余談ですが、現在世界中を見渡してもエンペラー(帝王)の位に匹敵する方は天皇陛下ただおひとりで、ローマ法王でさえ天皇陛下には敬礼をしなければならない存在です。

 

その天皇陛下を頂点として日本を治めていたのが大和朝廷です。

幕府のトップである征夷大将軍は天皇陛下から臨時職である征夷大将軍を任命されて、行政を執行します。

というのは形式的なお話、

 

当時は朝廷にお金や権力はなく、なかば強制的に室町幕府側から征夷大将軍を任命するように要求されていました。

室町幕府は自分たちの配下となった武士のリーダーたちに軍事や行政、年貢の徴収権などを与えて封建的な体制下で日本を治めました。

そしてこの派遣されてきた武士のリーダーたちのことを守護大名と言います。

 

足利義昭が織田信長に追放されて室町幕府が倒幕されるまでは、地方の国々の統治は「守護」と呼ばれる室町幕府が任命したいわゆるお役人さんが統治を任されていたのですが、守護大名も統治を任されていた土地が広くてとてもじゃないけど手に負えなくなります。

幕府から呼ばれれば京都に赴かわなければいけなかったので、自分の領地で自分の役割を代行できる身分の者が必要だったのです。

守護大名は信用のおける配下に領土の同等の権利と領地を与えてその土地で自分の代わりを務めることを命じます。

その配下たちは守護の仕事を代行するので、「守護代」と言いました。

もうひとつは鎌倉時代に地頭と呼ばれた御家人で、古くからその土地で生活していた武士のリーダーがいました。

その武士のリーダーのことを「国人領主」と言い、独自の勢力を持っていました。

 

これをわかりやすく現代社会の職業で言い表しますと、

幕府の征夷大将軍⇒内閣総理大臣

守護大名⇒都道府県知事

国人領主⇒市区町村長

というような役割になります。

 

戦国大名の第一人者は北条早雲

 

最初の戦国大名は北条早雲であると言われています。

北条早雲は1493年に伊豆の堀越公方・足利政知の子である茶々丸を殺害し、伊豆国を乗っ取ってしまいます。

さらに、守護大名の任命を受けず勝手に大名となりました。

北条早雲の興した北条氏は、非守護大名から戦国大名への成り上がる、典型的な下克上パターンです。

 

守護大名から戦国大名パターン

 

守護は室町幕府から任命されて、令制国を支配しました。

この権力の基盤を独自に強めて独立していったのが、守護大名から戦国大名パターンです。

代表的な戦国大名は駿河の今川氏、甲斐の武田氏、九州の大友氏、薩摩の島津氏です。

今川氏は寄親・寄子という独自の軍事改革を行って領土を遠江から三河まで拡大して守護大名から戦国大名へと転身しました。

 

守護代から戦国大名パターン

 

守護は京都に屋敷を構えて中央の政務に携わる者が多かったため、家臣の中から代理の役人を選抜して自分の代わりに領国の政務を代行させました。

これが守護代とよばれる人たちです。

守護代が次第に世襲化されていき、実質的な統治者となり、戦国大名となるケースが出てきました。

これの代表例としては越後の長尾氏(上杉謙信の家系)、越前の朝倉氏、尾張の織田氏、阿波の三好氏、出雲の尼子氏などがいます。

 

守護大名が都で仕事をしているうちにどんどん領民たちから支持を集めて、実質的な権力を握るようになったということですから、守護大名からするとひさしを貸して母屋を盗られるような気分だったのではないでしょうか?

 

国人領主から戦国大名パターン

 

国人領主はまたの名を国衆や在国衆とも言いました。

守護は室町幕府の支配体制下に基づく官職でしたが、国人領主は鎌倉時代からの地頭を源流としています。

もともとその土地に居住して古くから領民たちの監督や自治をしていたリーダーたちで、領民からすればいちばん身近な存在でした。

古くから土着した領主として守護の支配からの脱却を目指して自立を図りました。

室町幕府が衰えを見せ始め、それにともなって守護大名の力が弱まると下克上に戦国大名となりました。

代表例としては長州の毛利氏、土佐の長曾我部氏、備前の龍造寺氏、近江の浅井氏などがいます。

 

下剋上の戦国大名

 

戦国大名となったケースで珍しいケースは豊臣秀吉や美濃の斎藤道三のように庶民出身の戦国大名です。

豊臣秀吉は尾張の農家の出身で、一生田畑を耕して生涯を閉じるような身分でした。

ところが時のリーダーである戦国のカリスマ織田信長が「有能であれば庶民の出でも採用する」という斬新な人材登用を行いました。

それによりスタートは草履とりという雑用係に過ぎなかった豊臣秀吉もここぞというときに素晴らしい戦績や功績を積んで一城を任される武士となります。

さらに主君織田信長の仇討ちを果たし、自分の支配下に置けない反対勢力を徹底的に滅ぼして名実ともに天下人となりました。

 

美濃の斎藤道三の場合は椿油を売って生計を立てる油売りでした。

その油売りの斎藤道三は長井氏に取り立てられたのにも関わらず、恩人を裏切って長井氏夫妻を殺害。

その子孫を美濃から追放して美濃と稲葉山城を乗っ取り、戦国大名となりました。

 

まとめ

 

おおまかな戦国大名の出自パターンを解説しました。

中学校や高校で習う日本史では下克上で成り上がったのが戦国大名と教わりましたが、それをもっと詳しく区分わけすると以下のようになります。

  • その1   守護大名から戦国大名
  • その2   守護代から戦国大名
  • その3   国人領主から戦国大名
  • レアケース 庶民から戦国大名











<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です