SIMフリー端末を安く購入したい!おすすめの方法を紹介します!







格安SIM+SIMフリー端末でスマートフォンやタブレット、モバイルルーターなどを運用する場合、毎月の利用料金は大手携帯キャリアより安くなりますが、SIMフリー端末を用意する必要があります。

原則端末代は一括支払いで自己負担しなければらないため、最初のステップで高額な初期投資が必要というデメリットが挙げられます。

 

SIMフリー端末を安く購入できればより手軽かつお得に格安SIM+SIMフリー端末の利用ができるのですが、SIMフリー端末を安く購入するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

本記事では、SIMフリー端末をお得に購入できる方法について解説をします。

 

楽天スーパーセールや楽天モバイルのキャンペーンを利用する

1番お得度の高い購入手段としておすすめなのが、楽天スーパーセール楽天モバイルキャンペーンを利用して楽天モバイルから購入する方法です。

 

年に4回程度開催されている楽天市場のお祭りである楽天スーパーセールでは、楽天モバイルもセールを行っていて、SHARPのAQUOSやHuawei、ASUSなどの人気端末が破格の値段で購入できます。

 

また楽天スーパーセールほどの割引はないものの、楽天モバイルでは定期的にキャンペーンを実施していて対象の端末を格安購入できます。

2018年6月時点では、ZTE BLADE E02が一括780円で販売されていたり、Huawei nova liteが一括4,800円で販売されていたりするので、初期費用を抑えたい場合に最適と考えられます。

 

一方で端末を安く購入するためには楽天モバイルの通話SIM(最低利用期間12ヶ月)をセットで契約しなければならないケースが多いため、端末は安く購入したいけれど楽天モバイルとの契約には抵抗がある、という場合には注意が必要です。

 

 

OCNモバイルONEのらくらくセットを購入する

OCNモバイルONEでは同社の格安SIMとSIMフリー端末がセットでお得に購入できる「らくらくセット」というサービスの取り扱いがあり、このサービスを利用することで初期費用を抑えて格安スマホを利用し始めることができます。

らくらくセットではHuaweiやASUS、SHARPなどの端末に加え、「gooのスマホ」というオリジナルのコストパフォーマンに優れた端末の販売もありますし、iPhoneの取り扱いもあるので多数の選択肢から端末を選べるメリットがあります。

 

また不定期ではありますが、らくらくセットのセールも行われることがあるのでセールを活用することでよりお得にらくらくセットの利用ができます。

 

なおらくらくセットを利用する際の注意点としては楽天モバイルと同様に通話SIMの契約が義務付けられていることが挙げられます。

OCNモバイルONEの通話SIMの最低利用期間は6ヶ月間と比較的短いですが、契約後に何らかの不満を感じた場合でも6ヶ月間は利用義務があることを覚えておきましょう。

 

ワイモバイルのタイムセールを利用する

ソフトバンクのサブブランドとして有名なワイモバイルでもSIMフリースマホの取り扱いがあり、格安SIMとセット購入ができます。

新規契約や他社からの乗り換えで通常パターンで契約してももちろんお得な価格で端末の購入ができるのですが、タイムセールを利用するとよりお得にセット購入できます。

 

ワイモバイルのタイムセールはオンラインストア限定の割引サービスで、毎日21時から翌日の9時まで開催されています。

タイムセールでは人気のSIMフリー端末が税込み108円などで販売されていることも多いので、実質的にほとんど無料でSIMフリー端末を手に入れることも可能です。

 

なおワイモバイルのタイムセールを利用するデメリットとしては、楽天モバイルやOCNモバイルONEと同様にワイモバイルの格安SIMをセットで契約しなければならない点が挙げられます。

しかもワイモバイルの場合は楽天モバイルやOCNモバイルONEよりも契約の縛りがキツく(大手携帯キャリアと同様に契約期間が2年間で自動更新される)、基本使用料も格安SIMの中では高額であるため、契約の際には安易には解約できないことを心に留めておく必要があります。

 

Amazonのセールを利用する

Amazonでは定期的に大きなセールが開催されていますし、毎日のようにタイムセールも実施されており、SIMフリー端末がセールの対象となることも少なくありません。

HuaweiASUSといったお馴染みのブランドのSIMフリー端末をお得に購入できますし、BLU等のMVNOではあまりセット販売がされていないメーカーのSIMフリー端末も購入できるので、幅広い選択肢があるというメリットもあります。

 

なおAmazonのセールではSIMフリー端末が単体で販売されているだけでなく、格安SIMのエントリーパッケージとセットで販売されていることもあります。

エントリーパッケージとセットで販売されている端末については、一見するとそのMVNOとの契約が必須のように感じられますが、実は契約は必須ではなくエントリーパッケージは破棄して端末だけ利用しても良しとされています。

 

Amazonのセットを利用してSIMフリー端末を購入する方法は、楽天モバイルOCNモバイルONEワイモバイルなどを利用するのと比べて割引率は低いものの、セットで通話SIMを契約する縛りがないため、より手軽に利用できます。

乗り換えをせず機種変更だけしたい場合や、データSIMで利用するための端末を購入する際にAmazonのセールを利用すると良いでしょう。

 




よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です