転職サイトと転職エージェントの違いについて解説







転職サイトと転職エージェントは、一体何が違うのでしょうか。

また転職を考えた場合、どちらのサービスを利用した方が効率的に転職活動を進めることが出来るのか、気になりますよね。

今回は転職サイトと転職エージェントとの違いにスポットを当て、さらにそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

 

転職サイトと転職エージェントには決定的な違いがあります。

その決定的な違いが下記の2つです。

 

  • 専属のコンサルタントが付くか、付かないか
  • 自分で全てやるか、エージェントに一任するか

 

転職エージェントでは応募者に対して専属のコンサルタントが付き、書類添削や企業との日程調整など全て代行してもらうことが出来ます。

そのため、転職エージェントを利用することで書類選考から内定までの負担を軽減することができます。

 

例えば、転職サイト経由で応募した場合には、応募から面接、内定までのフローを全て自分一人で管理しなくてはいけません。

また不採用が続いてしまった場合、自分一人ではその問題点に気付くことが出来ず、改善策を見つけるのが困難となります。

 

一方、転職エージェントでは、書類添削から面接対策まですべてフォローしてもらえる為、効率的に転職活動を進めることができます。

さらに自分が希望する職種や業種、年収なども細かくコンサルタントに伝えることが出来るため、企業とのミスマッチが起こりにくいです。

 

転職サイト経由で応募した場合には、情報量の少なさからミスマッチが起こりやすく、採用後に早期退職するケースも多く見られます。

転職エージェントでは、応募先企業の詳細について細かく教えてもらうことができる為、入社後をイメージがしやすいのも特徴です。

 

転職エージェントで行われる面接対策は、一般的に認知されている面接対策とは全く異なるものです。

通常の面接対策では、部屋へ入り方やロックの仕方、座り方など作法についての対策が主流かと思いますが、転職エージェント行われる面接対策は、作法に加え応募先企業で実際に質問される「質問事項」を事前に教えてもらうことができます。

これは、同企業へ面接に行った人間の情報をもとに事前対策が練られているからです。

 

転職サイト経由で面接に行く場合には、質問されるであろう「質問内容」を想定して、あらゆる回答内容を事前に用意しておかなければいけませんが、転職エージェントを活用することで事前に質問事項をピックアップできるため、必要以上の情報を集めなくて良いのもメリットと言えるでしょう。

 

それでは次に転職エージェント及び転職サイトの、メリット・デメリットについて解説していきます。


 

転職サイトのメリット・デメリット

 

メリット

<気になった企業全てに応募できる>

転職サイトのメリットとしては、自分の気になった企業全てに簡単に応募できることです。

仮に自分の能力や経験が応募規定を満たしていない場合でも、企業への交渉によって応募が可能となる場合があります。

 

<登録から応募まで自宅で完結できる>

転職サイトを活用する場合、登録から応募まで全て自宅で完結できます。

その為、日中働いているサラリーマンであっても転職サイトを利用することで深夜でも応募することが可能です。

 

<自己都合による辞退が可能>

転職サイト経由で応募した場合、自己都合による面接辞退や内定辞退が可能です。

 

デメリット

<倍率が高い>

転職サイトは全国から応募者が集まるため、1つの求人に対して100人や1000人の応募者が集まります。

その為、書類選考の通過率だけでも15%~20%と非常に数値となっています。

これは10社受けて1.5社から2社しか面接に呼ばれないという事です。

さらに書類選考を無事通過したとしても、一次面接、二次面接と進むにつれて通過率は下がってきます。

 

<応募時と入社時の条件が異なる場合がある>

転職サイト経由で採用された場合、求人に記載されていた内容と入社後に提示される内容が異なる場合があります。

例えば営業職で応募したのに結果的に技術職に配属される、ということも珍しくありません。

また給与面や仕事内容に関しても、求人情報と異なる場合が稀にあります。

 

<応募から内定まで、全て自分一人で管理しなくてはいけない>

転職サイトでは応募書類の作成からレジュメの登録、求人への応募、面接といったフローを全て自分一人で管理しなくてはいけません。

その為、転職活動初期は順調に進んでいても転職活動が長期化していくことで、だんだんとモチベーションが低下してきます。

モチベーションが低下することで企業への応募意欲も減少し、結果的に無職期間だけが延びていきます。

 

転職エージェントのメリット・デメリット

 

メリット

<応募書類の作成から日程調整を全て代行してもらえる>

転職エージェントを利用することで、応募書類の作成から面接の日程調整まで全て代行してもらうことができます。

その為、企業と直接連絡を取り合う必要がなく、応募者に掛かる負担がほとんどありません。

 

<非公開求人に応募できる>

転職サイトや一般の求人媒体には掲載されていない、転職エージェント独自が抱えている非公開求人応募することが可能となります。

非公開求人の特長は、なんと言ってもライバルが少ないことです。

転職エージェントから推薦された人間しか応募することが出来ない為、倍率も少なく内定の可能性が高くなります。

 

<進捗状況を確認できる>

転職サイト経由で応募した場合、面接結果や書類選考の進捗に関して企業へ直接連絡は入れにくいですよね。

しかし転職エージェントを利用することで、面接結果や書類選考結果に関して確認が容易となります。

 

転職エージェントのメリットについてはこちらも参考にしてみて下さい

転職エージェントを活用するメリット、デメリットとは

2017.08.30

 

デメリット

<初回登録時や内定時には訪問が必要となる>

初回登録時や内定が出た場合には、各必要書類の記入が必要となる為、転職エージェントの拠点への訪問が必要となります。

拠点が自宅近くにあれば問題ありませんが、自宅から離れている場合には移動だけでもかなりの労力を費やします。

 

<希望していない求人を紹介されることもある>

転職サイトと違って転職エージェントでは、紹介された求人案件にしか応募することができません。

その為、希望していない求人を紹介を紹介されることが多々あります。

 

<登録を断られる場合もある>

転職エージェントに登録する際には、まずインターネット経由で自身の職務経歴を入力します。

入力した職務経歴によって、紹介出来る案件があるのか無いのかを判断されるわけです。

その為、転職エージェントが定めている一定の基準に応募者が満たしていない場合には、登録自体を断られることがあります。

まとめ

 

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、転職活動全般を自分でやるか、コンサルタントに一任するかの違いです。

 

転職エージェントでは応募者専属のコンサルタントが付き、応募から内定まで企業間との調整を全て代行してくれます。

 

一方、転職サイトでは、専属のコンサルタントが付かない為、応募から内定までのすべてのフローを自分一人で管理しなくてはいけません。

しかし、転職サイトには「自分の応募したい企業全てに応募できる」といったメリットがあります。

 

転職サイトと転職エージェント、どちらか一方を利用するのではなく、どちらも登録することをオススメします。

どちらのサービスも無料で利用することができるため、それぞれの特性を利用して効率的な転職活動を行っていきましょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です