睡眠時無呼吸症候群の検査について。病院ではどんな検査、治療をするの?







交通事故のニュースで、時々「運転手には睡眠時無呼吸症候群の持病がありました」と報道されることがありますね。

睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。

 

この睡眠時無呼吸症候群、どんな病気か知っている人は多くても、どんな検査や治療をするかご存知の方は少ないのではないでしょうか?

今回は、睡眠時無呼吸症候群の検査方法、治療方法についてご紹介します。

セルフチェックシートもありますので、是非自分でもチェックしていてください。

 

睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。

医学的には、10秒以上呼吸が止まってしまう「無呼吸」が、「7時間の睡眠中に30回以上」もしくは「1時間に5回以上」繰り返される状態のことを言います。

 

気道が塞がってしまう「閉塞型」と、脳の呼吸中枢の働きが悪くなって呼吸が止まる「中枢型」、これらの両方の要素を持つ「混合型」に分類されますが、ほとんどの患者さんは「閉塞型」に含まれます。

 

睡眠時無呼吸症候群は太っている人がなる病気というイメージがあると思いますが、実はあごが小さかったり小顔の人もかかりやすい病気です。

睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、高血圧や心不全、不整脈、糖尿病などの合併症を起こしやすいといわれています。

 

睡眠時無呼吸症候群の時にはどんな症状があるの?

 

睡眠時無呼吸症候群の症状といえば、いびきが有名ですね。

睡眠時無呼吸症候群のいびき以外の症状としては以下の症状が現れることがあります。

  • 日中の眠気
  • 夜間の中途覚醒
  • 不眠症
  • 起床時の頭痛

など

 

夜間にしっかり眠って休養をとるということが出来ないので、日中に眠くなったり、夜中に起きてしまったりします。

また、寝ているときに呼吸が止まって酸欠になることで、頭痛が起きる人もいます。

 

睡眠時無呼吸症候群のセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群かもしれないけど、いきなり病院に行くのは敷居が高い…

そんな方は、以下のチェックシートでセルフチェックをしてみてください。

うとうとするというのは、数秒~数分間眠ってしまうという状態です。

睡眠時無呼吸症候群チェックシートうとうとする可能性は?
ない少し半々高い
座って何かを読んでいるとき0123
座ってテレビを見ているとき0123
会議、映画館、劇場などで静かに座っているとき0123
乗客として1時間続けて自動車に乗っているとき0123
午後に横になって、休憩をとっているとき0123
座って人と話しているとき0123
昼食後、静かに座っているとき0123
座って手紙や書類を書いているとき0123

 

このチェックシートは日中の眠気を評価するもので、11点以上の場合睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

11点以上だった方は、病院の受診を視野に入れましょう。

 

病院での睡眠時無呼吸症候群の検査はどのように行うの?

 

睡眠中に無呼吸があるかどうかは、昼間の検査だけではわかりません。

ですから、睡眠時無呼吸症候群の検査では、睡眠中の状態の検査を行います。

検査は簡易的な「夜間SpO2モニター」と、実際の診断をする「終夜睡眠ポリグラフ」があります。

 

夜間SpO2モニター

「夜間SpO2モニター」は眠るときに手に装置を付けて、血液中の酸素の量を調べる検査です。

血液の中の酸素を調べるというととても大掛かりな検査のように思いますが、実際は指先や手先をクリップまたはバンドの装置をはめるだけで済みます。

 

医療ドラマで、入院中の患者さんの指先に四角い装置がついているのを見たことはありませんか?

あの装置でこの検査を行うことが出来ます。

呼吸が止まると体に酸素が供給されなくなりますので、血液中の酸素が減ります。

つまり、血液中の酸素濃度が減る=無呼吸があると判断できるのです。

この検査は、自宅でも行うことのできる検査です。

 

終夜睡眠ポリグラフ

「終夜睡眠ポリグラフ」検査は、病院に宿泊して行う検査になります。

眠る前に頭や顔、体にセンサーを複数装着して、患者さんには眠ってもらいます。

患者さんにつけた装置では次のようなものを検査します。

①脳波
実際に眠っている時間の長さと質(深いか浅いか)をみます。また、途中で起きた回数を調べます。

②鼻・口フローセンサー
鼻と口の気流を調べ、無呼吸の判定をします

③呼吸運動(胸部、腹部)センサー
呼吸の状態を調べます。

④SpO2センサー
血液中の酸素濃度を測定します。

⑤心電図
不整脈等の有無をみます。

⑥体位センサー
仰向け、横向きなど体位を判定します。

 

この検査で、患者さんの呼吸が実際に止まっているのかを調べます。

初めにお話しした「閉塞型」「中枢型」「混合型」の分類もこの検査で行います。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療は何をするの?

睡眠時無呼吸症候群の治療法は

  1. マウスピースを装着する(あごの位置を正しくして気道を確保する)
  2. 外科的手術(閉塞部分を切除する)
  3. CPAP療法

があります。

③のCPAP療法は、鼻にマスクをつけ、マスクから空気を送ることで気道を開けておくという治療になります。

入院患者さんの酸素マスクのイメージですね。

気道が塞がってしまうタイプの患者さんには有効な治療法として、国内で最も普及しているものになります。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合には、医師と相談して最も適した治療法が選択されます。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療まとめ

まずは身近な人に睡眠のチェックをしてもらうことが、早期発見への近道です。

自分はいびきをかいていないか、そして家族はどうなのかお互いにチェックしあうといいですね。

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療まとめ

①睡眠時無呼吸症候群とは、10秒以上呼吸が止まってしまう「無呼吸」が、「7時間の睡眠中に30回以上」もしくは「1時間に5回以上」繰り返される状態のことを言う。

②症状はいびき、日中の眠気、夜間の中途覚醒、不眠症、起床時の頭痛がある。

③病院に行くのに抵抗がある場合は、セルフチェックをしてみる

④検査方法は夜間SpO2モニターと終夜睡眠ポリグラフがある。

⑤治療方法はマウスピース装着、外科的手術、CPAP療法がある










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です